2020年9月24日 (木)

ベーグルみたいな秋茄子

これなんだっけ?
あのパンに似てない?

ベーグル?

そう、それッ!

Img_6852_20200924112401
パンみたいで
ただ食べるのはもったいないので

(*^▽^*)

にしてみました。

Img_6856_20200924112401
ほっ、

Img_6857
むぎゅ、

Img_6858
しばらくすると

かたつむり

になっていました。
誰かが動かしています^^

こんな八百屋さんの店先も
おもしろいな♡
と思いました。

Img_7109_20200924112401
最後はナスの天ぷらになって
栗ご飯メインのお弁当箱に入りました^^+


| コメント (0)

2020年9月23日 (水)

くるみ工場

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_5345
栗やクルミの季節になりました。
畑ぼうずさんも大喜びです。

Img_7116_20200924132301
本日の食材は
ムラサキシキブや シロシキブ、
ヒヨドリバナや フウリンガマズミ、
それからイガイガ付きの栗坊主。


Img_5346
来た人から足でつぶして、

Img_7120_20200924132301
そーっと栗のとんがり頭をつまみ出します。

何しろトゲがささると大変痛いですからね、

朝の会では
おじいさんおばあさんが出てきて言いました。
「むかし小人が くるみをひろって
くるみ工場をやっていた、
と聞いたことがある
それを見たいもんだな~」

それをきいたおうち隊員の人たちは
おじいさんおばあさんを驚かせようと
くるみ工場をひらくことにしました。

Img_7143_20200924132401
まずは、落ちているクルミをひろって
足でつぶします。

知ってか知らずか、
ブランコにのってクルミの木をゆらし
実をふるい落とします。

「もっと、つぶす~」

クルミがなくなると
もっと欲しいと叫んでいましたが、
いつしか二人でブランコの技を
伝授し合っていました^^
Img_7145
それを洗います。

じょぼじょぼじょぼじょぼ・・・

水が流れるのが楽しくて
何のために出しているのか
忘れているところです^^

Img_7148_20200924132301
大きなお兄ちゃんが乗ると、
クルミぶらんこの枝が大揺れに揺れて
実がボコんぼこん落ちてきました。

あたまに当たると痛いよ~

どかーん、ゴロゴロゴロゴロ・・・
屋根に当たってクルミ爆弾です。

Img_7134
どんどん運んで洗って、

Img_5367
炒って

Img_5372
割って、

Img_7167
スバラシイッ!
看板まで書くのですねッ、

しかも持参のスケッチブックです^^

Img_7179_20200924132401
工場どころか店舗もかまえて

Img_7180
中をのぞくと

Img_7182
看板娘がおもろい顔で迎えてくれました^^;

Img_7195
栗や胡桃が大量に店先にならび、

竹とんぼや
だるま落としも並んでいました。
Img_7205
これはくるみ工場のおもちゃ部門でしょうか、、
踊る体操選手がいろんなフォームを作るので
げらげら受けています^^^^

Img_7189
「くるみ工場」

くるみ工場の看板も
いつの間にか貼られていました。

作業手順が絵で示されています。、
いったい、どういうワケでしょう
どこで見たのか何気に漢字で書かれています^^;;;


Img_7190
裏口の格子窓にも看板が貼ってある念の入れようです。

Img_7199
本当に美味しそうな看板メニューで
私もつい買ってみたくなって覗いていますと、

呼び止められました、、
大人は入れないのかと思ったら、
Img_7196
「けんおんで~す」

本格的な
検温装置が待ち構えていました。

「36.5どです」

え? うそ、
なんでわかったの?
実際値もそうなので一瞬焦りました。。

さらに店頭販売の他にも
コロナ対応でしょうか、、
Img_7218
真剣に
Img_7220
それぞれ真剣に


Img_7222
配送用の袋詰めの袋に絵を描いて

Img_7223-2
仕分け作業です。

奥で束の間くつろいでいたベースケさんも
仕分けの時には平等に入るようにと
気合が入る豹変ぶり、

というのも

今年はクルミの未熟果が多く数が少なかったのと
その代わり栗が入ったせいによります。


Img_7226
それぞれにステキな袋は
それぞれに閉じられて、

本物の商品のように
丁寧に折りたたむ人の手が
ちらりと見えるのでした。。

あれ、そういえばお弁当は
いつ食べたんだっけ?
思い出せません、、

一日があっという間に過ぎ、
Img_7245_20200924132501
今日の帰りの会は、お誕生日会です。

空の上の元気な天使さんのお話に
笑い転げる人もいます^^

Img_7253_20200924132501
おやつも器用に食べまして

おーしーまいまいまいまいまい



<おまけ>
ごはんですよ、
Img_7159
おーちゃんに

Img_7163
アサも来ました!

Img_7164
次の瞬間、
とつぜん餌をもって逃げ出しました^^

アサ「え、どこ行くん?」

皿は置いていって欲しいと思うアサでした^^

Img_7186
葉っぱの舟工場の人たち

水を流して船運を営んでいます。
が、なかなか流れません^^

Img_7232_20200924132501
もめごとにインタビューが入りました。

「おおあばれするんです」
どう対処しましたか?
「なにもしていません」
どうすればいいか考えてきてください
「はい」

視聴者からのコメントも受付け、
番組は終了しました⁉

Img_7169
お庭で貝をひろって、

お弁当箱のビワ染めの色といっしょだと
お洋服の色といっしょだと
土に埋もれていく貝の
うすいうすいピンク色を見つけたのでした。。



Img_7192
皆が帰った後、
ふと見ると
ムクロジ小人さんが
栗のイガベッドで大の字になって寝ていました。

豪快!

Img_7118
バブパフェ♡















 

 

| コメント (0)

2020年9月19日 (土)

バッタ選手権・第9回戸塚大会

本日は、児童センターあすぱる主催にて、バッタ選手権・第9回戸塚大会が行われました。

コロボックルくらぶはじめ、市内の子供たちが参加しました。
競技にエントリーした子供27名、応援の大人も含めると52名の参加になりました。

 

| コメント (0)

2020年9月18日 (金)

釣り料理

息子が週末ごとに
いえ平日も夜などに
釣りをしているようすで

どこに居るかとラインで聞くと
「奥尻」とか「木更津」とか返ってきます。

1765
カレイとか


1764
ソイ(カサゴの仲間)とか

手のひら5センチサイズのフグとか、、

さすがにフグは食べないようすですが
食べられるものは食べているようすで
いいな~と思っていたら、、

ある夜、
Img_6821
ワタリガニを

Img_6825
味噌汁にして御馳走してくれました。

シカとか カモとか
食べやすい家畜より野生肉の方が、
五臓六腑にしみわたるようで
個人的には体に合いますが、
Img_6831_20200918121101
ショウガをたっぷり入れた
このカニ味噌汁も
本当においしかった。

器は、だいだら時代の息子作。

狩猟採集の生活は
どんなに厳しくても
お互い寿命は短くとも
生きた生命の味を細胞に取り入れ、
自然界との命の交感が
常に行われているのだと思いました。

2157
これもワタリガニ科の
タイワンガザミ。

青いハサミと
背中の白い道筋が
異世界感を漂わせています。

これは野趣系の私でも食べられない柄だと思いましたが、
Img_7056_20200918121101
なにこれ?

「けじゃん」

ひとが作ってくれたものは
調理の途中を知らないので

やはりこれも
とても美味しく有難くいただきました(感謝)













 

| コメント (0)

2020年9月16日 (水)

お山たんけん秋のはじまり

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_6862
お山たんけん秋さがしです。
原っぱの全面草刈りの後で
虫たちは姿を消していましたが、
もふもふの草で鳥の巣や卵が出来ました。
Img_6868
そんななか
もうオンブバッタをつかまえました。

足が折れないように
やさしくふんわり包んでいるのですね^^
Img_6877
桃色のハギの花が咲いていました。

小さなお友達は
この後、
ずっとずっと、
このお花を手に持っていて
お母さんに見せるためでしょうか、
帰るときまで忘れませんでした^^

Img_6881
自ら隊長を名乗り出てくれたお友達は
ヤブガラシのお花の蜜を舐めています。

たくさんのアゲハチョウや虫たちに人気の
ヤブガラシレストランのお味を
隊長自ら確かめています^^


Img_6885
「あ、てんとうむし!」

Img_6888
それを小さなお友達が
目を細めて見ています。

すべてに全神経が注がれています^^

Img_5298_20200918113401
ミズキの実を見つけました。
指ぱっちんで、実を飛ばします。
「もっと ほしいー」

大切に大切に飛ばして
最後の最後まで熱中していました!
もうきっと
この技の達人でしょう^^

Img_6896
どんどん道を進んでいき、
原っぱの終点の広場では、

助け合って虫を捕まえています。
Img_6900
慎重に慎重に、、、

息をのむ一瞬です。

モンシロチョウです。
少し翅はこぼれてしまいました。
蝶の翅にふれる時ほど命のやわらかさを感じる瞬間はありません。
そっと手に抱きました。

Img_6904_20200917162201
虫とりアミに虫捕りカゴを
天秤棒のように並べています。

後に
この光景は
じょじょに進化していきます!

Img_6909
隅っこに里芋の葉っぱを発見、

水筒のお水を
葉っぱに飲ませてあげると
Img_6913
ころころ水の玉が転がりました。

水玉はオシロイバナの花色です。

Img_6929
「これは薬草なんだ!」

たんけん隊長がツユクサを発見。
未踏の地をゆく博識のドリトル先生のようです^^

Img_6930_20200917173401
その横では

「いくよ、こーやると とぶよ」

やり投げの技を生み出していました。
原始の記憶が突如よみがえったようです!

Img_6924
どーやるの?
「こーだよ」
指ぱっちんの技を見せてくれました。


Img_6937
なにこれ?
「しょうどくえきだよ」

身の回りの草や花が詰められ
薬草ウオーターになっていました^^

手を洗わせてもらい
お弁当を食べた後は、
Img_6944
それぞれの午後です。
Img_6946-2
水路にはまったり、

Img_6952
ずっとずっと走ってたり、

Img_6957_20200918103201
山登りしていたり、

Img_6974
助け合い
どんどん手馴れて

Img_6981
アカボシゴマダラをつかまえたり、

Img_6986_20200917162301
ムラサキシキブのおやつを集めたり

Img_6959
湧き水にひんやりしたり、


Img_6991
すべてをなげだし
大空と大地とひとつになっていたり、

Img_6995
いつのまにか自由を愛する旅人スナプキンになって
ザリガニを釣っていたり、
Img_7015
ヤブガラシの
ピンクやオレンジの金平糖のような花の蜜をなめて
おやつブーケを作ったり、

Img_7005_20200917162301
「てっきょう」のうえで
ずっとずっとずっと、
ザリガニ釣りをしていたり、



Img_7001
こんどはシオカラトンボをつかまえ
次から次に飛ぶ生き物と心を通わせていたり、


Img_7030
そうして
♪あぶくたったをしましたら、

走って走って
また走るものだから
大人は完全にヘロヘロになってしまったのでした。

あっという間に一日は終わり、
Img_7026-2
もうお片付けの時間です。

今年はスズメバチが元気に飛び回っていたので
上の森はちょっとだけ歩き、
下の原っぱでずっと過ごしました。

草花あそびの草も少なく
虫たちも少なめでしたが、
花の蜜をなめて木の実をたべて虫を追いかけて
ただただ走って走って走っただけでも
やっぱり楽しかったのでした。。。

Img_7049_20200917162401
最後は森の王様からの問題です。

もりにすんでいてー
きのうえにいてー
ないているもの
な~んだ

つくつくぼーし
つくつくぼーし
つくつくぼーし

すると、
森の木の上から
ツクツクボウシの声が
一段と降り注いてきました。
その瞬間、

みんな口々に
「つくつくぼーしーーー!」

大正解です。
森の王様から
草バッタや草キリギリスが
みんなへ贈られました。

おーしーまい

<おまけ>
Img_7042
さいごのさいごまで遊び、
釣り竿を大切に洗う人と 手伝う人

※お山に散歩するときは、
常にポイズンリムーバーを常備しています。
蜂に刺されたとき、すぐに対応することで
大事に至らずに済む優れものです。
千円程度で購入できます。















































 

 

 

| コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

色あそび

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_6773
むくろじ小人さんが、
色あそびをしています。

あれ、でも洋種やまごぼうの実を置いたのは私ではありません!?
小人さん、自分たちで実を摘んで持って来たんでしょうか?!

そういえば
ツユクサを摘んで来てくれたお友達や
庭鳥にカボチャやヒマワリの種を持って来てくれたお友達も居ましたね。
Img_6625-2
コンコン、コンコン、

「あげたら たべたよ~」

御礼に庭鳥さんも卵を産んでくれました。
ありがと~ありがと~
Img_5241_20200910144001
それでは久しぶりに
ソーラークッカーでゆで卵をつくりましょう~

卵を入れて、
水をいれて、
Img_5243_20200910144001
フタをしました。

食べられるかな~(ワクワクドキドキ)

Img_6626
ふと空を見上げると
トチノキの裏側に、
セミの抜け殻が三つも!

猛暑の続く夏で
まだアブラゼミやツクツクボウシが
盛んに鳴いています。

そのため、
Img_6635
9月第2週ともなるのに
プールが出され、
アマガエル先生も来てくれました。

見事な平泳ぎですッ!

あんまりにも ちっちゃな先生で
皆んな、糸のような後ろ足の開脚が見えたかどうかは不明ですが^^;

Img_6639
さあ、朝の会です。

今日はどんなお話かな。

むかしあるところに王子様とお姫様がいました。
でも、本物の王子様とお姫様かわかりません。
本物なら 旗を描ける、ということになり・・・

というわけで、
旗を描くことになりました。

みんな、旗は描けるかしら?
みんなの旗は、どんな旗かな?
Img_6643
草の実の汁をつぶして、

半紙をじぶんで折って、

草の汁にちょいっと浸けました。
Img_6657
「ア~ッ、」

Img_6656_20200910161201
「(色が)のびてる~」


Img_6644
すご~い、自分で貼り付けてる~

しかもノリが入っていなくて
なかなか出ませんでしたけどね^^

Img_6665
筆でぬりこめる人、
看板を書く人も現れました。

その後ろで
Img_6661
「しかの つの~」

と、スゴ技を出す人も居ました^^
これは本日の食材ムラサキシキブです。
隅っこに置いてあった普段ない木の実を自力で発見したもようです。
ムラサキシキブの実は本当に食べられます。
ぷちぷちしておいしいです。

Img_5252
またこちらでは
水の精がアマガエル先生を救出してくれています。

ありがと~ありがと~

Img_6672
さらにこちらでは
海賊会議も始まりました。

なぜ海賊会議かというと
Img_5290
「かいぞくえき」

ほらね^^

Img_5266
お、ピーマンスタンプも登場です。

大仏さまのような絵がステキです。
「なんて かいてあるでしょ」
(まよけ)
「ちがーう!」
おかあさん、ありがとう
ってかいてあるのッ」

大仏さまではなくお母さんでした^^
Img_6698
「あのね、これはおはな
これはくさ、これは木なの」

ほんとだ、ほんとだ!

Img_5273
おぉ、こちらも走っています。

「はやぶさ」と「きょうりゅう」です。

するとピーマンは駅かな?

Img_6681
それから、
くるくる針金を作って、
穴に通して、
Img_6731-2
できたぁ~♪

「ねーこれ、ふたつあわせると バッグになるね」

ほんとだね~~~

Img_5265
合間、合間に
ザリガニの面倒を見ている人たちです^^

Img_6734
おおおー、海賊がロープを張っています。

Img_6733
海賊のお部屋をのぞくと
こんな素敵なお部屋になっていました♡

Img_6749
寿司桶に御馳走まで!

(わ~おいしそ~)
「そのね、のってるヒモはね、」
(うん、錦糸卵かな?)
「へび」

うわーーーッ、

やっぱり海賊の娘たちでした^^;


Img_6690
外では、海賊が走り回っていました^^;;


Img_5274
そんなこんなで
たくさん自分の旗を作った人も
一品だけ作った人も
並べると輝ける名旗になったのでした。

めでたし、めでたし、

ところで
お腹すいたね~、
Img_6707
と、お弁当の時間です。

Img_6706
ゆで卵も出来ました。

料理人が剥いてくれています。

Img_6713
が、またもや水の入れすぎで
半熟温泉卵になっていました^^;

ので、
おうち園初の「ゆで卵焼き」です。
なんか美味しそ~、
このまま一呑みにしたいところですが
Img_6722
九つに分けてもらって、

Img_6725
みんなで一口ずつ
いただきました。
 
おいしかった?
と聞いたら
Img_6723
「うん、こ~んな」

だそうです。
想像にお任せします^^

それからまた午後も延々と
我が道をいく人たちです。
Img_6732
これはなに?

「ぶどうみそしるだよ」

ほんとだ~
ぶどう味噌汁にしか見えない~

Img_6741_20200910143801
これは?

「貝のすーぷなんだぁ~」

うーん、確かに確かに^^

Img_6746
何してるのかと思ったら、
じっとニワトリのアサを見る人。

「ここにいる」

うん、そうだね、

ニワトリがそんなに好きなのかなと思いましたが、
もしかしてお砂場で遊びたいけど、
アサのせいで近くに寄れなかったのかな?
ナゾです^^

そうして最後の夏と思われる一日も終わり、
お片付けをして、
本日は絵本を読みますと、
Img_5285
リクエストは「むしたちのさくせん」

虫たちが かくれんぼ作戦や
へんしん作戦や おどかし作戦で
ちいさな身を自ら守り
懸命に生きているお話でした。

読み終わると、
「ガオーーーッ」
Img_6755
突如、べーすけさん鬼が現れました。
皆、とっさに石に変身しました。

「おかしいぞ、おかしいぞ、
これも石か、これも石か、、、」

せーの、せーで、
「わーーーーー!」

子供たちの大声に驚いて鬼は逃げていきました。
へんしん作戦と おどかし作戦大成功でしたね♪

あれ、でも一人なんか足りませんよ、
Img_6758
なんと、カーテンの後ろに
小さな足がふたっつ。

いちばん小さいお友達は、
おおかみと七ひきのこやぎを
知ってか知らずか、
柱時計の下のカーテンの後ろに隠れていました^^^^^^

長い夏にあやかって
長い日記もこれにて

おーしーまいまいまいまいまい・・・・

<おまけ>
Img_6709
おうち園うめぼし 

「おいしいんだ~♡」

よく作ったもんね~^^

Img_6674
川をつくってミミズ釣り^^;

Img_6682
迫力^^
Img_6683
吸い込まれそうです、、

Img_6763
畑ぼうずさんのお土産を見に行くと、

びっくり、

畑の入口が美術館になっていました!

Img_6764

あったー!



Img_5281
神々しいです(涙)

せかいよ、宇宙よ、みずからの創造主たれ、

 

※ヨウシュヤマゴボウはスイセン等と同じく
毒性は強いとのことですが、
触れるだけなら楽しく遊べる草です。
まず かぶれる心配はありません。
もし肌に合わない症状が出たときは、
他の植物同様、すぐに水で洗い流して対処します。

わたしは実を一粒、口に入れてしまったことがありますが、
即、どうにかなってしまうことはなく、
すぐに吐き出してうがいしました。

 

| コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

クルミ染色

オニグルミで緑が染まると教えていただいて、

教わった手順で染めてみました。

Img_6366_20200910124001
まだ鬼胡桃の枝につく青い実を

Img_6367_20200910124001
6房ほど高枝切狭で切って、

Img_6368_20200910124001
植木ネットに入れて、

Img_6369_20200910124001
トンカチで叩きました。


ネットが弱くて敗れてしまいました^^;
Img_6370_20200910124001
このネットごとステンレスのたらいへ入れて
水をそそぎ、
染めたい布をいれ、

強火で沸騰したら弱火にして15分。

全て丸ごとです。
下地染めもなし。
媒染材もなし。

なんと簡単!
これで終了だそうです。

この超ズボラな感じ、
大変感銘を受けました。

しかし、
緑には染まりませんでした。
シルクも 下地染めした綿も茶系でした。
どこでどう間違ったのかは不明ですが、
Img_6417_20200910124001
色褪せたベージュを重ね染めしたら、
何やら奥行のある暗灰色となりました。
鉄媒染でなくても
こんな深みが出るなら

「オニグルミ丸ごと染め」

しかと心に刻まねばなりません^^!

| コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

2020年夏

なんかただ事ではないような気配に上を見ると

Img_20200905_161219
空が天孫降臨していました。

この空を見るために今までがあった、
と思うほど感動しましたが、

この12時間後、30分の土砂降り雷光、

またその12時間後には、超チョー大型台風10号南方に上陸。

さらに雨はどこに降っても短時間局地豪雨。

カリフォルニアは大火事、中国は大洪水。

我が家に来たら一番に沈没するでしょう。
しかしそれとは裏腹に今夏は 
かつてないほど健康的に過ごしました。
夏の軟弱さにかけては揺るぎない自信があるのですが、

出来るだけ早起きして
朝日を浴びてゆらゆらした後、
ゼッタイ(なるだけ)家の中に入らないと決めたのです。
家の中にいると眠くてだるくて
どうしようもなく動けなくなるので
アウトドアキッチンや畑や縁側で
ずっと過ごした一夏でした。
コロナで図書館や喫茶店に逃げ込むことも
ほとんどありませんでした。

大雨や猛暑、竜巻が来たら
ひとたまりもない屋外生活に
まさかこんなに惚れ直す日が来るとは
2020年恐るべしです。

もっとも
エアコンがあれば
夏が来るたび
こんなにフラフラになることもなかったでしょう^^、

ほどほどならば
陽も水も風も土も生き物も身近なネイチャーディスタンス生活は
今更ながらおすすめです。

天孫降臨~御来幸の朝日の恩恵が
細々ながらも途切れない日々にて、、、

 

| コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

コブナグサ染めの方法

植物の先生に
小鮒草は、黄八丈の黄色を染める
伝統染料と聞いて、

黄色を染めて以来、
その目も醒めるような鮮やかな黄色にうたれて
黄色は、もっぱらコブナグサとなりました。

ちなみに、
それ以前はカモジグサで染めていました。
カモジグサの黄色は、
コブナグサにくらべると渋い黄色です。
しかし、
身の回りの野草を次から次に染めて
濃く染まるカモジ黄色を偶然発見した時の喜びと感動は
今も忘れ得ず、
カモジグサを見ると
どこまでも続く草原を
はちかぶり姫のように彷徨っていたものが
命を救われた恩人のような気がしてきます。

 

ちなみにカモジグサとそっくりな
イヌムギは、まったく黄色が染まらず、
両者を同じ草と思っていたので、
何年もその謎が未解決のままでしたが、
これも植物の先生が、
実に出るノギがあるかないかの区別を
何も知らない私に教えてくれて
染色のカギを握る謎が判明したのでした。

こうした鉢かぶり素人の染色でも
コブナグサはそれは鮮やかに染まります。
命の色を煎じて写しとるとして
最も身近で親しみやすい染料です。
というのも勝手にイメージする八丈島固有種ではなく、
田んぼなど湿地があるならば、
すぐそこに、
こぼれ種で命をつないでいます。
柔らかで青々と逞しくはびこりながらも
鮮やかな個性を知られず、
ひっそりと生きている一年草です。
Img_6288
①お盆を過ぎるころ、
ぐんぐん伸びて染めてくれてもいいと
頭を垂れてきたコブナグサを
大鍋に6分目いれて、

②そこへ水をゆらゆらと揺れる8分目ほど注ぎ、

③強火で沸騰したら弱火にして15分。

④染液をこして
ミョウバンを大匙1入れて、
魔法使いの老婆のようにかき混ぜて、
白濁したところへ、

⑤染めたいものを投入。
よく染まるといっても
綿は、たんぱく質をつけないと染まらず、
私は大豆の呉汁染めの下地染めをします。
シルクや羊毛は、
そのままで結構。

⑥そしてまた
強火で沸騰したら弱火にして15分。
液が熱いなら
弱火で15分でも
染め力が強いので
充分染まるでしょう。

⑦一晩おいて
翌朝、すすいで干して
染め上がりです。
Img_6303
絞りをいれたまま干しています。

Img_6305
開きました。

Img_6404
闇夜に開花したり、

Img_2810_20200910120801
屋内から
ふと外を見ると、
黄色いスクリーンとなって
昼の陽射しの影絵となります。

※コブナグサの染め方が
検索で出てこないと聞き、
染色の手順を記してみましたが、
これは同時媒染です。
もっと良い方法があるかもしれません^^;
開発してみてくださいね♪










| コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

刻みニンニク醤油漬け

今年6月に収穫して
三つ編みに干していたニンニクを

せっせと醤油漬けにしても
まだ残っていましたので

更に消費しやすいようにと
刻みにんにくにしました。

思ったとおり子供たちも
料理のときに
よく使ってくれるようになりました。

我が家の定番保存食~殿堂入りです!

Img_6604
小玉なので
3~4玉ハサミで切って、

Img_6606
根っこのヒゲ根を包丁で落とし、
子房に分けて、

Img_6607
さらにお尻を包丁で落とし、
皮をむき、

Img_6609
流れ作業のように
一気に剥ききります。

Img_6611
さらに縦に薄く切り終えたら、
はじめに戻りトントントントン・・・

みじん切りして
Img_6613
出来上がり

ここまで迷いなく一気に行います。
まだボーッとしている午前中はやくがいいでしょう。
何しろモタモタしていると
ニンニクの果汁にヒリヒリクラクラしてきますからね^^

Img_6615
ビンにそっと入れて、

常温だとカビるので

Img_6616
お醤油をヒタヒタに注ぎます。

この2020年の猛暑の常温でも
カビずに台所で活躍してくれました。
ありがとう~ニンニクさん♡

今夏は遅くに購入したナスとピーマン苗が
接ぎ木苗かと思うくらい巨大化して豊作でしたので、
刻みニンニクを炒めてマーボーナスをよく作りました!
Img_6274_20200904133301


熊本の父は、
にんにく大好きで、
にんにくをホワイトリカーに浸けて
晩酌に100㏄ほど毎晩飲んでいました。
4~5ℓの大瓶が6本ほど作ってあり、

「ウワーーーッ」
食卓のテーブルの下に
ぞろぞろ並んでいました。




 

 

| コメント (0)

«アマガエル上陸