2019年12月16日 (月)

もうすぐお正月だよ、かがみもちづくり

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_2530_20191216131101
はやいもので今年最後の日です。
新しい年を迎える準備をしようと
畑ぼうずさんが張り切っています。

「もちを おくれよぉ~」

手に粉をはたいて モチ待ちです!

その前に
お庭のレモンの木を見て
何やら閃きました。
Img_2550
<葉っぱの ぬいもの>
サザンカの葉をつなげています。
よく見ると
通しただけでなく
器用に並み縫いしています^^

サクッ、スイ~~~~ッ、
サクッ、スイ~~~~ッ、

縫い心地抜群です。

Img_2551
できた~♡
お針は<レモンの枝のトゲの針>でした。

若い木には長いトゲが生えています。
危ないからといって切ってしまうには
惜しいほどの立派なトゲです。
周りの木々が落葉してトゲが目立つのですね。
Img_2639
いつのまにか
<さざんか蕾のネックレス>をつくり
2個目も制作中でした♪
Img_2538_20191216131101
<さざんかめがね>
仮面舞踏会のマスクかと思ったら
針に糸を通せない老眼のベー子をみて作った
心づくしの老眼鏡でした^^、、、タハハ

Img_2561
朝の会では、

♪とーんとーんとんてんとん

とお餅つきの練習です。
もちつき大王が
みんなの腕前を見ているところ。

だいじょうぶかな、
もちつき大王に
はさまれないでね。

「もちつき編」

Img_3853
①水を切る

もち米6号。
一晩水に浸しておきました。

Img_3869
②セイロにもち米を入れる

蒸し布、水にぬらして~
いいよ~
そーっとね、

Img_3860
③お釜に水を入れる

とぽとぽとぽ・・・

Img_3864
④火をつける

みんなの育てたワラを
焚き付けにしようか、

ワラをまるめて、、

Img_3866
シュッ、シュツ、

「ね~このマッチでつけてみて~」

あれ、つかないな~
よく見ると
<だましマッチ>でした^^;
ソヨゴの赤い実で出来ています。
本物よりホンモノっぽい!

Img_3873
⑤のせる

うんしょ、、

Img_3875
⑥炊く

火吹き竹デ

ぷふ~~~

もふ~~~

Img_3880
ぼふッ!

魔術師のようです

Img_3884
燃えカスも火ばさみで拾って
きれいに燃やしてくれる人たち。

くんくん いい匂いもしてきた・・・

Img_2644
⑦炊けたかな

まあだかな?

皆でちょっとお味見、
おいしいね~♡
でももうちょっとだね、
(ほんのほんのわずかな芯)

くんくんくん
ふんふんふん

たけたかな?
まあだかな?
ちょっとお味見
もう炊けた!
おいしいね~~~~♡
おこわだね~
(サイコーに美味しい瞬間!)

 

そんなこんなの最中に
同時進行でよく出来るものだと
本人たちも不思議にですが

「みそ汁、からみ納豆、きなこ編」
Img_2568_20191216131101
①大根ぬいて
Img_2594
②切って

ね~おミソつけてたべたら
おいしいんじゃない?

んじゃ~にんじんきるよ、

料理研究家のような人や


Img_2627
③からみ納豆をつくって

フワフワ♡

大根おろしをそ~っと触って
つぶやく人や

トントントン
シャッシャッシャッ

ねばねばの刻み納豆を
いったいどこで熟達したのか、
二刀流の技でおろしの上に乗せる人。

Img_2610
④からすうり納豆

同じころ、
お砂場厨房でも
熱心に何やら作っていました。

なあにこれ?
「からみなっとうだよ」

食べられるか食べられないかを
はるかに凌駕して
この後、
次々に名品の数々がタクシーに乗せて
テーブルに運ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

小さなクリスマス会

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_2343

畑ぼうずさんもりんごろうそくの中に
集まっています。

Img_2358
1年に一度だけの落ち着いた静かな日です。

すぐに飾りつけをして

アサヒルにご挨拶に行くと、

Img_2359
なんと皆が来るちょっと前に卵を産んでくれました。

それも超ビッグな77g。

「あったかい♡」

アヒルの卵のようです。

小さい方は43g。33g増しです^^

昨日うんだ卵は

「つめた~い」

Img_2362
ソーラークッカに仕込んで
屋根の上に設置。

あれ、ゆれてる?
地震だね。
屋根から卵がおっこちないようにしないとね。

Img_2367
朝のお話し会。

シャンシャンシャンシャンシャン・・・
サンタさんが通り過ぎてしまったので
山茶花の花笛を鳴らして
呼び戻そうとしているところです。

すごく上手に鳴らして
ブレーメンの音楽隊になっていました♪

そのせいでしょうか、
空から
積み木がふってきました。
Img_2370
木の紹介です。

キリ・・・あれ、穴が開いてる、軽くて下駄や箪笥になる木だね~
クヌギ・・・カブトムシが好きな木だね~シイタケも食べたね~
ユーカリ・・コアラが好きな木だね~
ニッケイ・・いい匂いがするよ
エノキ・・・国蝶オオムラサキの木だ
シラカバ・・白い高原の木だね~
ナツツバキ・沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす

これがいい、
あたし、これ
どうやってきめようか、
じゃんけん?
くじびき?

決める前からうまく治まっていましたが、

そうだッ、と言って

Img_2374
それぞれの木にヒモをつけるベー助さん、

Img_2379

グルグル回して
ヒモを1本づつ選んで引っ張ってもらいました。

駄菓子屋のヒモ飴をイメージしたようです^^;

キャンディではなく木が釣れました。

釣った後、また交換こをして
子供たち同士でまるく治めていましたけどね^^!

Img_2391
この前つくったキャンドルを立てて

木の実を飾っていきます。

いつもはコロンコロンと転がって
製作は大変ムヅカシイ印象でしたが、
皆、ストンストンと決めていき、
サクサクと仕上がりました。
Img_2401 
できた~

Img_2406
できたよ、

次々に完成しますが、
奥に年長さんのお姉さんたちは

もうちょっと~♡

と創作天国です。
Img_2424
完成しました。

ちっちゃい手作りリースも作りました。

Img_2417_20191205123001
おなかすいたね~

ご飯たべようか、

おやっ!

なんとテーブルリースも飾られて
本日のセンターピース、
みかんろうそくに火がともりました。

これ、さいごどうなるんだろーね~
みかんが、あったかくなるんじゃない、、
おいしくなるかもね♡

なんだかとても気分が盛り上がってきました^^

Img_2416
ふとお砂場レストランを見ると
Xmas仕様の美味しそうなお料理も
出来上がっています。

うわ、これはなに?
たべていい?

スプーンで食べようとすると

「だめだよ、それはサンタさんのごはんだよ」

そうか~
サンタさんの夜食だったんだぁ~!!!!!!

Img_2438
あ、そうだ、茹で卵も出来てるかもね、

「あついよ~」

ほんとだ、熱くて触れません、

Img_2447_20191205123001
そこでザルに受けとって
水で浸けてムキムキして

Img_2455
半分に切りますと、
さっきのでっかい卵には

おお~~~~~♪

ふたつ黄身が入っていました。

生き物の世界は不思議なこと驚くこと、おもしろいことの連続です。

Img_2467
午後は葉っぱカルタもしましたね、

メヒシバをさがしているところ、、

これかな?

Img_2482
最後は、サクラでしたッ!

2回目は取れない子にも譲って
盛り上げてくれたベテランさんです^^!

Img_2488
そうして
こちらはおやつの焼きりんご。

やけたかな?
そろそろかなぁ・・・

おやつも七輪へしっかり仕込みましたから、

Img_2505
さあ、クリスマス会がはじまりますよ。

打ち合わせをして外からハミングしながら入場。
それぞれ自分のロウソクに火をともしますと
お話がはじまります。

おうち園初の影絵のおはなし
<小人のサンタクロース>

長編でした。
なので最初のほうは要約、

小さな畑にちいさなおうちがあって
7にんのこびとがあそんでいました。

すると
シャンシャンシャンシャンシャン・・・

通り過ぎてしまったサンタさんの代わりに
小人たちがサンタに変身して
世界中のこどもたちに
プレゼントを配るお話しでした。

はっぱの国に伝わる魔法のことば「はっぱっぱ~」をとなえると

クルミの葉が ソリになり
        (くるみ食べたね~)
フキの葉が  プレゼントのふくろになり
       (ポップコーンいれたね~)
コッコちゃんが トナカイになり
ブルーアイスが トナカイの角になり
        (リースをつくったね)
モミジの葉が  夜空をてらすお星さまになり
        

リンリンリンリンリンリン空をとんでいくと
小さなおうちがあり、
それぞれのおうちで
葉っぱはプレゼントに変身します。

Img_2507
カジイチゴの葉が ウサギのお人形になり
         (黄色い実をたべたね)
サンショウの葉が のこぎりになり
  (いい匂いのはっぱでハガキつくったね)
ツルニチニチソウが 指輪になり
   (畑の入り口の紫いろのお花だね)

そうして
世界中の子供たちにプレゼントを配り終えると
空が明るくなってきて夜空に輝く星も見えなくなりました(モミジおちる)。

さらに太陽が昇ってくると
トナカイが「コッ、コッ、コッ、」
だめ、コッコちゃん、鳴いたらニワトリにもどっちゃう!

コッ、コッ、コッ、ウ~~~ン
コッ、コッ、コッ、ウ~~~ン(だめ、こっこちゃん)
コッケコッコ~~~~~~(ゲラゲラゲラ)

すると頭についた葉っぱがおちて
ひゅ~~~~~ん、

お空から ソリも小人たちもみーんな 落っこちてしまいました。
さあ、たいへん、どうなったでしょう・・・・・

でも大丈夫、
パタパタパタ、
パタパタパタ
こっこちゃんには羽があったのです。

パタパタパタと飛んで
小人さんたちをあたたかいお布団の中へ
はこんでくれたそうですよ。

♪おおきなゆめのまくら たのしいゆめがみれますように
♪ちいさなゆめのまくら やさしいゆめがみれますように

おーしーまい

かと思ったら
コッコッコッコッコッ・・・
とこっこちゃんが出てきて

「みんなのぷれぜんとは
わたしがちゃあんと とっておきましたよ~
おふとんで ねていてくださいね」

コッケコッコ~~~~~~~~~

おーしーまいまいまいまい

そうしてみんなが寝ていると
あたまの上に本物のプレゼントがありました。

Img_2511
火を消して 
こちらの世界へ戻りました。

<おまけ>

Img_2413
ふわふわ

Img_2519
あっつあつ~

アップルパイみたいな味でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

竹細工の季節

11月立冬を過ぎ、

1月小寒の寒の入りあたりまで

竹の伐りごろです。

虫が入りづらく脂がのっています。

Img_2328

弓矢に矢筒、

ほら笛に、

パチンコの玉入れ、

Img_2329

パチンコはいつの間にやら生えて伸びたネグンドカエデの剪定枝

球はマテバシイのどんぐり

Img_2332

矢はススキやオギ~茎と穂の先端部分

竹が軽く水洗いするだけで汚れは落ちますが、

火で温めると油脂分が抜けて艶がでます。

竹は、この油脂分で自らを守っていたんですね。

健やかに生きるために潤い成分を分泌してお肌を守る、

種をこえて他人事とは思えません^^;

| コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

フジの種のおはじき

Img_3771-2
、<藤の種のおはじき>

この年になって

そうそうオハジキなどしませんが、

オハジキすると

子供の頃の

ざざざーっとオハジキが床に広がるかんじ、

指でちょいっとハジくかんじ、

爪をたてて触れないようにそーっと引くかんじ、

で体中がゾクゾクするほど引き締まります。

Img_3774

パーーーンッ

何かが最近、部屋の中でものすごい音をたてているとオモッタラ、

公園の藤棚で拾ったフジの種のサヤだった、

ということが昔ありました。

その散らばった種をみて、

薄っぺらくて丸くて、片面は平らである、

その形にあの頃のオハジキが蘇りました。

軽めですが、

ちゃんと出来るのです。

筒は竹筒ダイミョウチク、

栓はワイン好きの方にいただいたコルク。

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月30日 (土)

見沼田んぼの自然観察~初冬

見沼田んぼの親と子の自然環境調査。

本日は土壌動物の観察を行いました。

P_20191130_100322_vhdr_on

| コメント (0)

2019年11月29日 (金)

うかたま2019冬号

Img_2336
うかたま(農文協)2019冬号 出ました。

今回の「庭にほしい木」は

【竹】です。

根茎で増えるので

囲いをしないと竹や笹は

逃げ出して大変なことになってしまいますが、

にしても竹は竹、

 

竹の、

山にあるときの厳かな静謐さと

里におりて来た時のひょうきんな存在感は

その有用性とともに類を見ず、

日用品や楽器やカゴメ編みのザルなど

「匡の里」へ行ったり、父に教わったり、

本「竹で作る楽器」など見て

20年ほど前からいろいろ作った記憶が蘇り、

深夜カンカン鳴らして竹をわり

長屋の住宅で怒鳴られつつ一心不乱に作っていたころの

愛おしい空気がゆらゆらしてきます。

これもすべて「たけ」の魅力ゆえです。

 

 

さて

今回のハッとページは、

巻頭の読者写真投稿ページです。

「ここのクリーニング屋、

おばあちゃんが行ってたとこだよ」

「この大判焼は あそこの甘太郎焼きだ、

団子も売ってあった」

とベースケさん。

読者投稿とか、それを知ってた感が

雑誌のペラペラめくる親近感を

思う存分に発揮して

「おお~~~~~きんじょじゃん」

とうなってしまいました!

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月27日 (水)

ろうそくづくり

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_2185
むくろじ小人さんが
きれいなハチの巣を抱えてきて
タコ糸を芯にして
ろうそくを作ろうとしています。

もうすぐクリスマスですからね。

朝のお話し会では
サンタさんが村の上空を
通り過ぎていきました。

くらいから見えなかったんだね。

ということで私たちも
<ろうそくづくり>

Img_2202_20191128161901
①タコ糸の3本撚りをひっぱって
ろうそくの芯づくり

息ぴったり!

3人で息をぴったり合わせて同じ力で引かないと
からまってしまいます。

タコ糸はハンモック制作の残り糸です。

Img_3671
②ハチの巣をいれる

ポトン・・・

Img_2212_20191128161901
③溶けたミツロウの中に芯をたらす

氷上わかさぎ釣りのようです。

Img_2214
④芯完成

ミツロウのついた芯をピンと張ればまっすぐロウソクです。

わたしはくるくるろうそくにする~

Img_2219
⑤順番につける

すこしふとくなった♪

Img_2225
⑥くりかえし

好きな動物は?

ひょう ちーたー しまうま とんぼ・・・

寒い日で固まるのも速かったせいか
おしゃべりのせいか
それとも働き者なのか

今年は特にあっという間に出来ました。

Img_2231
⑦干す

今度、このロウソクで
キャンドルスタンドかリースを作れるかな♪

Img_2235
そうして
できたてほやほやのロウソクを点けて

ウトウトウト・・・眠りますと

空から
Img_2254
ミカンが降ってきて

「火花ろうそく」

皮をプシュー
火に汁をとばすと

パチパチッ、パチッ
パチパチッ、パチッ

Img_3703
「たこみかんマスク」

タコに吸い付かれました^^

Img_2260
「あぶりだし」

みかんの汁のあぶりだし、
懐かしいですね~

Img_3735
せっかくなのでロウソクであぶりだし

コンロの方が全体に火が回るので
きれいにあぶりだせます。

Img_3742
「あめの ふってるところ」


他にも
ぞう、りぼん、いろいろありました、
またやりたいな~

Img_2198_20191128161901
おともだちのうちに
あかちゃんがうまれたので
皆でお絵かきハンカチプレゼント♡

大変寒い日でしたので
今日はみんなで輪になって
一日すごした気がします。

Img_3727
おやつはムカゴ

これも皆で輪になって座って
フライパンをゆらゆらしていましたね。

カリカリして
塩味がとても美味しいムカゴおやつでした。

おーしーまい

<おまけ>
粘土が焼けました「ザ・ねんど展」
Img_2145
Img_2150
Img_2154
Img_2155
Img_2162
Img_2169
Img_2158

Img_2273
赤芽柏の葉っぱバスケット
山茶花にんぎょう


Img_2274
オリジナルバスケット

Img_3754
花かご

帰り支度をして
たいせつに大切に抱えていました^^!

Img_2263
蛸布団

Img_2261_20191128162001
みかん風呂用♪

いただいた籠いっぱいの蜜柑を
ぜんぶ食べつくしましたッ

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月23日 (土)

<さざんか嬢ちゃん>

11月の扉を過ぎると

桜や欅の紅葉のカルタを30種

毎年つくりますが、

その残り

銀杏のひとひらをひろって

三枚あつめて着物をつくり

山茶花のつぼみを挿しましたら

Img_2112

さざんか嬢ちゃんになりました。

花びらを包む苞がお顔のようです。

まるで「あたらしい草花あそび」(山と渓谷社)

みたいです(喜)

Img_2113
あっちを向いたり

Img_2114
こっちを向いたり、

Img_2120
横を向いたり♡

 <さざんか嬢ちゃんの唄>

さざんか嬢ちゃん
豆柿神輿
のいばら飴玉ふたぁつかかえて
だれを待つやら月あかり

さざんか嬢ちゃん
待ちくたびれて
あっちを向いたりこっちを向いたり
神輿もたれて下を向く

さざんか嬢ちゃん
いちょうの羽織
さざんかもんぺの山袴(やまばかま)
どこへ行くやら豆柿神輿

は~
さざんか さざんか さざんか嬢ちゃん
さざんか さざんか さざんか嬢ちゃん

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月20日 (水)

簡易かまどで焚き火ご飯

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_1984
本日はたき火ご飯な~り~

おっとその前に
Img_3577
粘土が乾いたので焼きましょう。

レンガ窯の上に
炭をならべて

レンガの並べ方は底に空気の道をつくり
熱が全体に回るよう工夫されています。
こうすることで全体的に赤いレンガ色が
出るようになりました。
また黒光りした粘土も重厚です。

Img_3582
粘土を置いて

そーっとそーーーっと、

Img_3585
焚き付けの古ヨシズをのせて火を点けます。
新聞紙は不要です。

そうして朝の会です。
どんなお話しだったかな、
とにかくお米の出てくるお話しで
稲穂のお米をそのまま食べようとするおじいさんの為に
お米を脱穀して籾摺りして炊いて
柔らかくして食べさせてあげよう、

ということになりました。

ちなみに
皆で一粒づつ籾をはずして玄米を食べてみますと
「おせんべいみたい」
「かむとあまい」
と好評な声もちらほら。

<かまどご飯編>

Img_1931
①脱穀

昨年までは手でもぎとったり、
湯呑みやグラスでしごいたりしましたが、
今回は竹や割りばしのハサミをつくり
間に稲穂を差し込み、引っ張ってみました。

少々コツはありますが、
「もっとやるぅ」

プチプチプチ・・・とお米がはずれる感触が気持ちいい!

Img_1961
②籾摺り

それをすり鉢とボールでスリスリして
もみ殻をはずします。

Img_1967
③口で唐箕(とうみ)

もみ殻を吹き飛ばします。

ふーふーの ふーっ、
ふーふーの ふーっ、

Img_1924
④繰り返し

終ると次の稲穂をもってきて
次々に作業してくれるので
なんと手植えした全ての稲穂をはずし終えました。
たたみ1畳分のコンテナ田んぼでした。

Img_1935
みんなでどんどん

Img_1989
⑤籾摺り機も登場!

道具はやはり速いです。
籾摺りをしながら
もみ殻も取り除いてくれます。

Img_1990
そのもみ殻を大切に集めて
お砂場レストランでお料理をつくるのかと思いきや
Img_3606
⑥循環

「はたけに まいてくる」
と土に撒いていました。
ちっちゃなあったかい気持ちが
命になって巡っていくのだと思いました・・・

Img_1951
最後のさいごの稲穂は
アサヒルにあげている人も居ましたね^^

これは卵になるんでしょう♪

ウメーッ、コケーッ、

Img_1997
⑦計量

お米をすりきり1杯、
入れられるかな、

もうちょっと、もうちょっと、

Img_1996
ざざーーーー、

これは見沼の自然栽培米4号
Img_2000
最後に私たちの玄米1合

丁寧に丁寧に ざざざざざーッ

一粒もこぼしませんでした^^

Img_3612
⑧米を研ぐ

まずは、さーっと洗うように水を流して

Img_2027
⑨カマド炊き

オイル缶でつくった簡易かまど。

「つよびにしないでね」

とだけお願いすると
ほとんど子供たちだけで炊いてくれました、
およそ20分、

Img_3618
⑩いただきまーす!

わ~~~、

と歓声があがりました(感涙)。


皆で輪になって
真ん中に置いて
それからフタを開けてね、
というベースケ師匠の指示が入りました^^

~本日のメニュー~
・かまどご飯
・お味噌汁
・ソーラーゆで卵
・七輪椎茸

どれも自家栽培もので、
正真正銘の走り回る御馳走でした。

この先、
何が起こるかわからない世の中なので
お蔵入りするのはもったいないと、
そのようすを一挙公開。

<しいたけ編>
Img_1898
①もいで

「とれないよー」

下にそっとひっぱるといいよ、

クヌギの原木です。

Img_3617
②七輪焼き

焼いている人はシイタケが苦手で食べられない人です^^;

Img_2034
③切って お塩をふって 

もぐもぐもぐ・・・

「わ~おいしい~」
子供たちも食べましたが
大人が大喜びです^^

<ソーラーゆで卵編>

Img_1917
①黒缶に卵をいれて水をそそぐ

水は卵が浸るくらい

卵は鶏小屋から
2個持ってきてくれました。

「あったよ~~~」

Img_1959
②透明ペットボトルをかぶせて

温室状態にします。

Img_1919
③セット完了

おととしのおうち園母さんにいただいた
ソーラークッカーセットです。
市販のアルミコンロシートで作る優れものです。

これをカンカンと陽の当たる屋根の上に置いて
1時間半ほど・・・

Img_2046
④茹で上がり

水できゅっと冷やして ムキムキムキ

Img_2051
⑤いただきます

「わー、きいろいッ!」

ここでも目が丸くなる歓声があがりました。
アサヒルありがと~
火を全く使わずに茹で上がるなんて
スゴイとしか言いようがありません。

<味噌汁編>

Img_3601
①抜いて
Img_2011
②洗って
Img_2016
③切る

一連の作業が
特に相談もなく
繰り広げられるのは
七不思議のひとつです。

Img_2041
④お味噌汁屋さん

次々にお代わりのお客さんが訪れて
ついには空っぽになった大鍋です。
向こうでは
「さつまいもちょうだい」
と住み込みのお手伝いさんが
もくもくと食べています^^^^

大根は食べない人も多いのに
なぜ空っぽになったのか
誰が食べたのか
これも七不思議です。

Img_2063
そうしてお掃除もしっかりやって

お待ちかねの自作絵本

Img_2066
~しかけ絵本~「森が風が」

の始まりです。
なんとちいさいお友達が
創ってきてくれました。

川がうまれて森がうまれて風がふく
詩のような歌のような美しい響きの絵本でした。

Img_2075
ということで

他のおともだちにも今まで描いてくれた絵の
お話しをしてもらいました。

なんだかゆたかな時間でした。
またやろうね♡

Img_2082
帰りのお話し会

皆でお米になりますと
ぽこん、ぽこんと こめつぶになって ころがって
Img_2085
空を見上げますと

青一色の小春日和り

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
Img_1854
本日のお砂場レストラン食材

ナンキンハゼの紅葉チップが美味し素


「あのね、コーンとカリンをくっつけてー
それで いろをつけるってのはどう?」
Img_2028_20191122135501
どこかに名コックが居ます。
Img_1875
ほおのきキツネも居ます

この後、お面をとった顔がさらにおもしろかった^^
天性の顔芸で二重に笑わせてくれます!

Img_1887
竹を割ったら

タケトラカミキリの幼虫

Img_2092
小人さんたちも
マッチに火をつけて
かまどご飯を炊いていました。

ソヨゴの実で
マッチ棒を作っているお友達が居ましたが
ここにありました^^!

Img_2097
粘土も焼けましたッ

Img_2071
しかけ絵本「森が風が」


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年11月15日 (金)

だっきゅう大会

今日は久々の中くらいの学校。

廃屋のベー助さんの部屋から卓球セットが見つかったので

Img_1832
「だっきゅう大会」

かつては「○○大会」と聞くだけで

興奮することしきりだった校長先生は見てるだけ。

歳月を感じます^^;

Img_1837
しか「テーブルバレー」ということで

参加可能となりました。

Img_1845
最後は審判をつとめ、

ルールはそっちのけの大接戦の大盛り上がり♪

テーブルの上には校長先生の最近のお気に入り,

年齢と栄養を考えた

紅茶系ではなく野菜ジュースが光っています.




 

 

| コメント (0)

«あきまつり お店屋さんごっこ