2019年10月16日 (水)

稲刈りと 胡桃ひろい

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_0615
畑ぼうずさんは、胡桃の中にうずもれていました。
なにせ台風の風でゴロゴロ落っこちてきましたからね。

Img_0625_20191019103601
朝のお話し会では
女の子がカラスウリの赤ちゃんを産みました。

ポトンッ

カラスウリのお話をしてとリクエストはしましたが
まさか女の子の赤ちゃんになるとは
想定外でした^^;
Img_0627
全員でやさしく抱っこしてくれました。
カラスウリ赤ちゃんにおっぱいをあげている女の子を抱っこする女の子、、

そうです、本当に赤ちゃんがやって来たのですッ!
しかもふたり♡
台風といっしょにね♪

おっぱいをあげなきゃ、ということになり
稲刈りと くるみ拾いをすることになりました。
Img_0635
まずはオオバコ相撲で力をつけて、

Img_0666
①いねかり

ザックザックザックザック・・・


Img_0688
②根元を結んで

とんとん、ぎゅううううう・・・


Img_0690
なぜかみんなで エイサホイサッ
Img_0691
踊りながら ホイサッサ
Img_0692
行進!? エイヤサノヨイヤサ


Img_0698
③はざかけ ストン

それからさらに皆なで胡桃ひろい
Img_0703
①つぶして ゴリゴリ

Img_0731
②拾って

Img_0743
③洗って シャカシャカ

泡だて器で洗って
網ですくう新技でした^^

Img_0742_20191019103601
④炒る人 ジャッカジャッカジャッカ

Img_0736
鬼のように堅い口が割れましたッ

Img_0750
⑤くるみ割り器で割ります

うんしょ、よいしょ、こらしょ、

というわけでおうち園史初の相当な数をこなしました。

Img_0760
⑥仕分けまでしました。

ひとり1個づつ クルクルクルクル・・・

Img_0798
⑦胡桃パーティー

あんまりよく働いてくれたので
胡桃パーテイが催されました。
ふりかえると突然、
葉っぱと胡桃のお茶会テーブルが出来上がっていたのです。

きゃあ~♡

いただきま~~~す♪

Img_0806
食べ終わったら更に胡桃カップで

かんぱ~~い

コチン

お友達が自分の水筒の水をついでくれました。

Img_0808
くぴくぴくぴ・・・

こくこくこく・・・

胡桃茶でした。
かすかに胡桃の味がしました^^

Img_0811
⑧胡桃屋さん

袋に絵を描いて
その絵がまた素敵なので
またまた売りに歩きたくなりました。

今日は
大きなひとつの塊が
いつしか分かれて
見事な流れ作業になっていました。

Img_0813
そうして帰りのお話し会は
自ら胡桃に変身して
鬼にふまれてゴリゴリされながらも
最後は

わーーーーーっ

と鬼を驚かしたのでした。。。

おーしーまい

<おまけ>
ふとしたひととき

Img_0618
うみの色ケーキ

きれいな色の貝とビーチグラスが
輪になっていました。

Img_0620
柿プテイング~べーすけシェフ

Img_0781
ごはんと水を のんでくれた!

Img_0787
あのね、こうやってのるんだよ

Img_0816
お誕生日会 

照れ屋の天使さんはカエルのパン屋さんになりました^^



Img_0770
元気のいい子たちでしたね~

ほんとうにっ、

コッコッコ・・・








 

 

 



| コメント (0)

2019年10月12日 (土)

台風19号

2019.10.12 PM9時半ごろ
未曾有の大型台風19号が
わが家上空を通過した音を聞きました。


ゴオーッと一瞬の強い風雨でしたので
何事もなかったかと思いましたが、
4日後には59河川 90か所で 川が決壊したと流れました。
Img_2990 
翌々日の綾瀬川。


翌朝、外に出ると
 Img_0593
奥のフサアカシヤの大枝が裂けて
バナナの木をなぎたおし
ミツバチの巣箱の上に乗っかっていました。

このフサカシヤの木の下には羊のハルが眠っています。
やさしい木で 以前大枝が落ちてきたときは
真夜中でした。
今回も巣箱を守るように倒れていました。

台風の前の日は
台風の進路を確認しながら
必ずベー助が家まわりの木を
一日かけて剪定してまわりますが
この木は剪定していなかったのです。

頭が重たい古い木と
斜面に生えている大きな木は、
台風に大変弱いのです。

Img_0594
巣箱は つぶれているように見えますが、
Img_0595
ミツバチたちは元気で
花粉バスケットに花粉をいっぱいためて
帰って来ていました。

でもいつものスズメバチは見かけません。
いつもは敵としていますが心配になってきました。
オオスズメバチは地中に巣を作るので
浸水いや巣ごと水没してしまったのかもしれません。

キイロスズメバチは、高い枝にミラーボールのような
巣を作りますから巣ごと落っこちてしまっかもいsれません。
小さな生き物たちの厳しい世界をおもっていると
Img_0599 
足元を
ピヨコンピヨコンと
後ろ足のとれたバッタが跳んで草の上に止まりました。

昨夜の台風を生き延びたんですね!

そして大枝が倒れた跡には
明るい光が差していました。
もくもくと若い新芽が顔を出すことでしょう。

 

| コメント (0)

2019年10月10日 (木)

西洋ミツバチがオオスズメバチを襲う

毎年、秋分も過ぎれば

虫捕り網で オオスズメバチやキイロスズメバチをつかまえ

ミツバチの巣箱を守るのに大わらわしています。

Img_0018
見にいくとやっぱり
オオスズメバチが飛んでいました。

見えるでしょうか?

しかし、入り口付近のミツバチたちは元気で
心なしか余裕の態です。

そこでいつもなら
見つけ次第に慌てて捕獲体制に入るところ
じっと観察してみることにしました。

1匹たりとも死なせたくないので
これは かなり勇気のいる行為でした。

Img_0083_20191014205901
すると向こうに止まって顔だけ出していたり^^

Img_0084
こっちに止まって体勢を整えていたり^^

自分の巣から遠く出張しているスズメバチは
背中から見ている人間には無防備です。

そうしてふと、
巣箱を乗せている台の下を見て驚きました。

Img_0019
なんとオオスズメバチの死骸が
ゴロゴロ転がっていました。

数えたら29匹でした、、、

にわかには信じられませんでしたが、
とにかく、すごい!

日本ミツバチがオオスズメバチを取り囲んで
その熱で熱死させて巣を守るというのは聞いたことがありましたが、
西洋ミツバチもそんな能力、あったっけ?

この目で見てみないことには信じられない、

と思っていたある時、

そう待たずしてその現場に遭遇しました。

Img_0028
つっと入り口付近に来たスズメバチを
2~3匹の働きバチが瞬時に取り囲み、
巣の下へと皆で もつれこんだのです。

勝負はけっこう早かった!

今まで幾集団もの西洋ミツバチ家族が
引越してきましたが、
自力で巣を守る人たちは初めてです。

ちなみにキイロスズメバチの死骸は
1匹も見当たりませんでした。
オオスズメバチは、着地しているミツバチを捕らえる傾向が強く
一方キイロスズメバチは、飛んでいるミツバチを空中キャッチするので
さすがの最強ミツバチ家族も歯がたたないようです。

どちらもショート動画あり
いつか載せよう!

 

| コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

お山たんけん秋の宝物さがし

今日は小さな畑のおうち園です。

Img_0337_20191010170601
おじいちゃんちの稲も
頭を垂れて稲刈りの時期を待っていました。

Img_0339_20191010170701
今日のお山はこんなお顔です。

お山たんけん宝物さがしの日です。
秋の宝物はみつかるでしょうか。

Img_0344_20191010171701
長い竹を天へ伸ばして
とんぼ釣りをはじめました。

Img_0347
すごい、あっという間につかまりました。
アキアカネです。

青い空に気持ちよさげです。
蜻蛉にはどんな眺めなんでしょう。

♪とんぼのめがねは みずいろめがね
あーおいおそらを とんだから・・・

とちっちゃなお友達が口からこぼれるように歌い始めました。
ちっちゃな水田でも
水があれば、たくさんのトンボが集まってきて
上空を飛びまわります。

Img_0348
みんなでトンボ釣りをしますと、

Img_0354
「あ、とまったッ」

真っ赤なショウジョウトンボでした。
Img_0350
こちらは人間釣り。

竹の棒も横にすれば電車になり
人間が乗って田んぼの周りをぐるぐる回っています^^

Img_0360
さあ、そろそろ前回のコブナグサ染めの袋をはずして
どんな模様になったか開いてみましょう。

小鮒草は田に生えるメジャーな雑草のひとつで
ここも周りはコブナグサだらけです。
そのどこにでもある雑草が
あの有名な八丈島の絹織物の黄色だと教えていただいたときは
本当に驚いたものです。
みょうばん媒染でこんなに明るい黄色に染まります。

Img_0363
もちて、たて、ななめ等など、
自分の白もようが くっきりと残りました。

今年の草木染めは、
この一枚の袋にこだわって
アイのたたき染め、
柿渋染め、
コブナグサ染めと重ねていき、
とうとうこれで完成です、

野山の植物の命をいただき染めた色の
世界にひとつの袋をもって
いよいよ秋のたからさがしの旅がはじまります。

Img_0367
さっそく滅多につかまえられないアオマツムシをつかまえて見せてくれて
びっくりしました!

近年、中国から日本へ渡ってきた帰化種で
一気に広がりました。
桜などの葉の上に居て樹上で暮らすので
リーンリーンというクリスマスの鈴のような音は遠くまで響けども
滅多に姿を見ることはありません。
背中がつるんとしたグリーンのメスです。

「これはいったい、バッタ、コオロギ、なんでしょう???」

ほんとですね

バッタ目は
大きくバッタ上科・コオロギ上科・キリギリス上科と分けますが、
背中が平らなコオロギの仲間です。
大雑把な見分け方は

バッタ~短い触角
コオロギ~平らな背中
キリギリス~長い触角です。
Img_0368
そんな会話を大人がしようとする最中
さっと宝物入れの袋に入れられた
アオマツムシでした^^


Img_0371
なんにも言わないのに、
先週、みんなとお別れしたニャンのお墓に
もうみんな集まってくれていました。

「そらからみまもってね」

お手紙と絵を描いてきて

読んでくれました。
Img_0375
お線香やお花もあげました。
絵もとてもとても素敵な絵でした。
Img_0379
さあ、私たちは前へ進みます。
険しい道もなんのその、
誰も彼も当然の如く倒木の嵐を綱渡り。
Img_0384
後ろのひとも弱音一つ吐かず
うんとこしょどっこいしょ、
Img_2975
おお~上では救助隊が下の人へ
シュロの葉の命綱をおろしていました。
Img_2976
全員の協力体制で登頂成功!
Img_0408
しかし休む間もなく
どんどん先へ
なにせ探険隊ですからね~
Img_0409_20191010170701
するといきなりハチの巣発見!
慎重に生きた蜂などいないか見ましたが大丈夫。
さっそく宝袋へ投入。
Img_0414
うつくしいお山の青い宝石
ヤブミョウガも!
Img_0418
ユリノキの種も!
 
集合果の種を一枚一枚はずすと
中から小人の剣が現れます。
Img_0419
うわーいっぱい入れてる~
Img_0429
蔓でんしゃ「ここもってー」

蔓は体に巻きつけて
その端には宝袋が掛けられるようになっていました^^

Img_0432
同じことをする人たち
年長さんの女の子って
何かこう以心伝心するんでしょうか、、

Img_0435
スダジイを大発見!

しかしまだ早いようで
郭斗帽子は開いていませんでした。
ザンネン。
マテバシイと並んで渋抜きをしなくてもOk
生で食べても美味しいスダジイ、です。

Img_0440
こちらはツチグリっ!

クヌギのどんぐりに似ている姿形をしています。
つつくと煙の胞子が舞い上がります。

Img_0457
こっちにはオニフスベ。

はじける前はこんがり焼けたパンそっくり、
はじけた後はボロボロのスポンジ、

ふにふにふにふに・・・

Img_0513
オシロイバナの種

みんなで種を割って
中のおしろいの白い粉をだすと
顔にぬってお化粧したのは
ベー助さんでした。
Img_0463
長いものが好き?

シュロの葉をずっと持ち、
今、ススキを宝袋に入れたところ

Img_0461
ザクロ これはよその木なので見るだけ

「ザクロだ、まえ、ひろって たべたよね」

ちっちゃいお友達の記憶力は
まるで野生動物のよう^^


Img_0471_20191010170801
オオバコずもう

あちこちで
オオバコが長い花穂を伸ばしています。
ちっちゃい頃、勝つまで続けた
大好きな遊びでした。

なかなか勝負がつかないので
見ている人が歯をくいしばって
力が入っています^^

Img_0479
シラカシや コナラのどんぐり

森の入り口トンネルを抜けたあたりに
たくさん落ちています。
Img_0483
そうしてお昼のゴールに到着しますと
お砂場が前方後円墳になっていました。
その上にみんなで乗っかって言うには、

「にゃんの おはかが あるよ」
「どうしてだろう?」
「だれか にゃんのことしって おはかをつくったんじゃない!」

それくらいニャンとケケのお墓の形に似ていたのですが、
もちろん私達ではありませんから
不思議なことがあるものです。
ナゾの共時性でした。

Img_0489
お昼は明日の運動会のダンスの練習です♪
手前では組体操でしょうか、
逆立ちダンスをしています。

その後は、シーソー、ブランコなど
いつになく思う存分あそび、

Img_0506_20191010170801
クズの蔓の 走りなわとびやら

ほんとに飛べました!

Img_0507
宝袋をひっくりかえして
Img_0510
「あったー!」

小人の剣でまた遊んでいます^^

Img_0536
そうして最後はやっぱり

♪あぶくたったにえたった

とんとんとん 

なんのおと?

Img_2987
「おばけのおと~」

あーもうこの後は
水筒の水が切れて喉がカラカラになりながら

走って走って走って逃げた大人ふたりでした^^;

おーしーまいまいまいまいまい

※子供たちが命の水をくれました。

<おまけ>
Img_0544
帰りもまだギンナン拾い

隣りでは「かいだ~」と貝を拾っていました。
ここは縄文時代の貝塚でした。

「クマのあなはどこ~?」
貝塚の斜面の大きなムロも覚えていてビックリでした。
去年の冗談といっしょに^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

にゃん ありがとう

飼い猫のニャンが昨日 天国へ旅立ちました。
Img_0318
お通夜のあと、
お山へ埋めました。
右隣は先に逝ったケケ(犬)のお墓です。
Img_0317
右奥にヒサカキが自然に生えてきました。
ヒサカキは関東では
神さまの木です。

動物たちが亡くなると
お山の神さまになって
みんなを守ってくれるんだよ、

と、よく言っていますが、

ニャンとケケは 本当にお山の神さまになったようです。
なにせヒサカキが自分でにょきにょき生えてきたんですからね。

ニャンは
10年前に娘が拾ってきて
わたしたちがご飯をあげて
息子が添い寝しながら看取ってくれました。
母屋でなくなり、全員でさよならをすることができました。

昔の猫は、大体2~3年で居なくなっていましたから
最期も どこかへ居なくなってしまうのではないかと
そしたら見つけられないのではないかと心配していましたが、
その逆で最後の二日間はよく傍に歩いて寄ってきてくれました。

またむこうで会えるかな
そう思うと

とても楽しみです

| コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

どんぐり山の隠れ家づくり~浦和ひなどり保育園

本日は、浦和ひなどり保育園年長さんの山っこクラブの活動に参加しました。

園舎はお寺の境内にあり、すぐ横に小さな里山を抱えています。そこが、どんぐり山です。

そのどんぐり山ですが、竹が繁殖し過ぎて暗い森となり、ドングリの小苗や下草が生えなくなり、
生き物も少なくなっています。

今回の活動は、子供たちの力で森の再生を目指します。

Img_0271
お山から降ってきた1枚の葉っぱがフクロウに変身。

子供たちに、どんぐり山の歴史と、竹に覆われたドングリの木の王様の救出を呼びかけます。

Img_0276
どんぐり山で、竹に覆われた、ドングリの木の王様を発見。

Img_0285_20191014124001
竹を切って王様を助けました。

Img_0288
切った竹で、生き物たちの隠れ家を作り、
どんぐり山に生き物を呼び戻します。

Img_0284
幹や枝を運んで、隠れ家を作ります。

Img_0289
麻ひもで結わいたり・・・

Img_0295
立てかけたり・・・

Img_0294
三つの隠れ家が出来ました!

Img_0291
木の王様の元に集まると、

Img_0313
王様に日が当たり、輝いていました。
耳を澄ますと、鳥の鳴き声が聞こえました・・・

Img_0300
葉っぱのフクロウが現れて、子供たちに語り掛けました。
「王様を助けてくれてありがとう。
森の隠れ家は、昼間はお前たち人間が使い、
夜はわしら生き物が使う。
これからも、人と生き物が仲良く暮らせる、
森を作るのだよ・・・」

子供たちはうなずき、葉っぱのフクロウは、
また、葉っぱに戻っていきました。

Img_0312
どんぐりの木の大様の根元に飾られた、葉っぱのフクロウとドングリのお供え。

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

コブナグサで袋を染めよう!

 

    今日は小さな畑のおうち園です。

Img_0170
畑ぼうずさんが色の国の水がめをのぞいて
「きいろがほしい」と言いました。

本日、空は秋晴れ、
青一色のいい天気、
みんなは野あそびに夢中、
朝の会の前からたっぷり遊んでいます。

行先は庭鳥牧場
Img_0104
羽あつめ

Img_0099
それで作るどんぐりケーキ<インディアン風>
Img_0102 
どんぐりはお友達が道すがら拾ってきてくれた
マテバシイや コナラや シラカシ

おいしそうなので今日のおやつにしましょう
マテバシイは渋抜きしなくても食べられます。
しかもちょっと栗に似た味と
もっぱらの評判、おうち園ではね^^
そこで今日は、
前回お山で拾った本物の栗と食べ比べをしてみましょう♪

Img_0109  
よしよしよし

遠くからじーっと見つめていると思ったら
今度は近くでなでなでしていました。
タイミングをはかっていたんでしょうか^^?

Img_0114
お手あげエサ

2か月でほぼ成鶏になってしまったアサヒルは
まじかで見ると結構ド迫力の大きさなのですが
その嘴を恐れるよりも
愛おしい気持ちが強かったのでしょうか^^?
ツワモノです。

この大きさといい成長の早さといい
雑種といえど肉用種の雑種だったのでしょうか。
1カ月くらいから段々そんな気がしてきましたが
もう間違いなくそうに違いありません、、
採卵種は5ヶ月ほどで大人になり卵を産むとありましたが、
肉用種のライフサイクルは2ヶ月で終わってしまうので
どこにも未来が描かれていません。
うーん、、、いったい、、、
たまごは、、、いかに、、、
鶏は卵を産むものだと思い込んでいましたから
昨今の品種改良の勢いについてけず、
初歩的なQ&Aをすっ飛ばしてしまいました^^;;

Img_0091
「しゃくとりむし~」

アサヒルの水桶にちっちゃなちっちゃなシャクトリムシ。
ニワトリには見えるでしょうか?
どんぐりから出てきた芋虫のクヌギシギゾウムシは喜んで食べていました。

もし卵は産まなくても
ラッパのように鳴いたり
草をけちらして虫を食べて除草をしてくれる、
ユーモラスでありがたい姉妹です。

Img_0125
ようやく朝の会がはじまりました。
前回製作の旗をもって
もうかなり盛り上がっています。


Img_0131
それを証拠に初ワザが出ました。
ニワトリの羽でお話しをして
というリクエストに応えたんでしょうか、

三枚の羽をまとめて
「いいかい、みててよ、きっとできると思うから」
と、立ち上がり蜘蛛の糸をとってきて
羽の根元にくるくる巻き始めました。

そうして
Img_0132
「いくよー」
「いいよ~」

くるくるくるくるくる・・・・

なんと見事に一体となった三枚の羽は
開店しながら落ちてきました。
Img_0141
それじゃあ、羽軸に草の実をさしたらどうなるかなぁ、

これはびっくり、
また美しい回転、
スピードを増して高速回転しながら落ちてきました。

などと、延々としょうもないことをやり、
Img_0153  
ようやく季節の草花あそびにたどり着きました。
一年に一度の彼岸花あそびの日でした♪

<彼岸花のネックレス>

真剣につくっています。
年中さん年長さんになると
こんなムヅカシイというかヤヤコシイことが出来るんですね!

それから、どうつながったのか
コブナグサで袋を染めることになりました。
Img_0181
①収穫

引っ張ると簡単に抜けます。
全草、すべてが染料になります。

Img_2952
はこんで
  Img_0188
②切って

 

Img_0195
さいごのさいごまで切ってくれる人^^!

本当に助かりますッ

Img_0206
③煮る

沸騰したら弱火で15分、
濾して染液になります。

その間に
Img_0162
④もようづくり

袋をアサヒモでぐるぐる巻きにします。
巻いたところは染まらず白いままです。

どこを白くする?
「かたほう」
へ?
どうも袋の片面を黄色、片面を白にしたいとのこと^^;

Img_2950-2_20191004170301
その後も
「まんなか」とか
「絵のとこ」とか
「持ち手のとこ」とか
「ななめ」とか
「たて」とか
変な注文が相次ぎました。
「変なお茶会」ならぬ「変な草木染め」です。
別に驚かそうとしているわけではないのに
不思議な人たちです。。。

そんな合間にも遊びは続行中です。
Img_0191
走る人


Img_0199
誘いこみの人

牧場から出てきたアサヒルを
エサで柵のなかへ呼び込んでくれています。
初めてとは思えません少女ハイジのようです^^

Img_0200
今日のおりょうり

どんぐり、豆柿、ムクゲ、紫式部、白式部、鳥の羽などなど


Img_0201
お昼の支度をする人

お天気が良いので
お庭にゴザが流行っています♪

Img_0205
靴箱から覗く人

お友達が作ってくれたお庭食堂の靴箱に
くつを入れたところ。
椅子が靴箱になるとは
今日の今日まで気づきませんでした^^!

Img_0208
いっただっきまーす

Img_0210
お相撲ごっこ

食後の日課^^

Img_0224
ビー玉あそびをする人

畳の溝を道にしていましたが、

これが徐々に進化していきます。
Img_0231
竹の楽器や積み木がどんどんつながり
Img_0239
まるでビー玉衛星の発射台のようになりました。

子どものとき夢見て憧れた坂道が
目の前に現れたようでしたッ!

カランカランカラン・・・・・

そのすぐ上では

Img_0233_20191004153001
ロフトの窓から外を眺める人

クルミの実、見えた?
「みえた!」

Img_0235
下には、いたずら娘もウシシと笑っていました。

Img_0242
彼岸花やかた

そうしてふっと外に出て周りを見ると、
縁側と庭の天井が
彼岸花の行灯で飾られていました。

Img_0249
⑤コブナグサ染め

染液ができあがり、
白い袋をそっと入れます。

Img_0254
アサヒルの白い羽も入れてみました。
染まるかな?

こうして一日の旅も終わろうとしています。
Img_0263
夢の国でんしゃ


ごとーんごとーんごとーん・・・

今晩みんなどんな夢をみるのでしょう

おーしーまいまいまいまいまい

<おまけ>
草花あそびシリーズ~彼岸花~

Img_0163
ゴージャスミサンガ

Img_0158
フアイヤーブレスレット

Img_0150-2
決めてる人たち


おやつシリーズ~焼きぐり焼きどんぐり~
Img_2955
つつんで
Img_2961
網の下はどんぐり(アルミ箔に包んで)
網の上は栗(切れ目を入れています)
Img_2965
つっやつや~

どっちが美味しかった?
「どんぐり~」

Img_0266
あそびの足跡~皆が帰った後、お弁当箱を開けたらこんなでしたッ!

そう「たこやきべんとう」って言ってましたっけ。
先週のたこ焼屋さんの続きですね^^^^

Img_0268
草わらベッド

アサヒルのためにワラをわざわざ持って来てくれて
みなで敷いてくれましたッ!!!!!


そしてそして今日は長いです
Img_0167
さいごのニャン


皆なにミルクやご飯をもらい
かわいがってもらったニャンが
この日の翌日天国へいきました。
10歳でした。


  ありがとう、にゃん、またあおうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年9月30日 (月)

バッタ選手権~第7回安行大会

本日は、安行原自然の森にて、バッタ選手権・第7回安行大会が開催されました。

主催は、安行小学校こどもエコクラブで、14名の子どもたちがエントリーしました。

Img_2932  
安行原自然の森でバッタ捕り

Img_2934  
選手権開始!

Img_2936  
終わりの会で、絵本「とべばった」

Img_2939
入賞者

Img_2940

| コメント (0)

2019年9月28日 (土)

バッタ選手権~第4回草加大会

本日は、草加長栄公園にて、バッタ選手権第4回草加大会を開催しました。

主催は草加自然あそび隊、折しも運動会と重なり、子どものエントリーは4名。
参加は少ないのですが、こうした時ほどいろいろな遊びが出来て楽しくなります。

Img_0063
どんぐりを拾ってどんぐりゴルフ

Img_0051
原っぱめがけて、飛べバッタ!

Img_0053
がんばれ~

Img_0056

Img_0074
入賞者(なんと全員入賞でした・・・)

Img_0066
賞状

Img_0065
子どもが作ってくれた賞品

Img_2928
本日の結果

| コメント (0)

2019年9月25日 (水)

たこ焼き屋さんの旗をつくろう!

  今日は、小さな畑のおうち園です。

Img_9100
畑ぼうずさんが
どんぐりたこ焼き屋さんの開店準備をしています。

Img_9110
ならば私たちもお手伝い。
タコ焼き屋さんの
草の実で色をぬります。

Img_0003
いらっしゃい、らっしゃい、らっしゃい、
どんぐりたこ焼き、こんがり焼けてるよぉ~

Img_9116
わたしたちも たこ焼きかんばんつくろ~

ということになり、
草の実の絵の具さがし。

Img_9118
あったー、
洋種山牛蒡の紫色の実、みっけ!

「わー、あさと ひるも いた!」

ヨウシュヤマゴボウは明治時代にアメリカより
渡ってきた帰化植物です。
成長は速くても増えすぎないので在来植物とのバランスがよく、
色あそびに重宝しています。
毒があるので食用には適しませんが、
触れてかぶれる毒性はまずありません。

Img_9120
お~い、みつかったか~い?

Img_9122
あったよ、

Img_9127
そいじゃあ、たこやきの絵を描こう♪

Img_9128
ぐるぐるぐる・・・・

Img_9131
種がいっぱい出てきて
ちょっと描きづらい。

そうだ、布で絞って濾してみよう。

グシュ~~~~~

Img_9149
竹の棒に通して

Img_2880
できました~

あんまり綺麗なので
このまま町を練り歩きたい気分です。

「にっぽんいちのたこやきや~」

チリンコツンテン チャッポンポン
どろすこどんどん すっとんとん
鳴り物入りの行列に出たくなります。

Img_9158
いや、まだ、そうだ、タコ焼きをつくってない。
だれか、タコきって~、

「うーん、きれないよー」

Img_9165
ニラも切って、

Img_2885
葉っぱのお皿も用意して、


Img_9187



七輪たこ焼き、ジュジュジュ・・・

くるっ、くるっ、くるっ、

なんかとっても上手な人たち。

Img_9178
同時期、
お砂場厨房奥では、

カラスウリの入った「いんどりょうり♪」がつくられ
砂生地のチャパティが威勢よくひっくり返されていました^^

Img_9175
さらに、その横では

「こーひー」や赤ワインなども
同じ心意気で準備されていました。


この垣根のない横並びの混沌さこそ、
こどもレストランの醍醐味なんだ~!
とクラクラする思いでした。

 

Img_9191
盛り付けて、

Img_2889-2
「これください」
「これ~」

はい、どんぐり7個です。
Img_9196
いっただっきまーす♡


Img_9105
たこ焼きさんのどんぐり銀行

朝の道すがら立派などんぐりを拾ってきてくれました。
「これで、たこやき かえるね~」

Img_0012
そうして、帰りのおはなし会は、

「ねーてをつなごうよ~」

と小さなお友達が言うので

みんなでオオダコになりました。

クネクネクネクネ・・・

Img_0014
それからもちろん

たこ焼きになりました。

おーしーまいまいまいまいまい・・・

<おまけ>

Img_9098
今日の食材

ナツメ、豆柿、カラスウリ、お山のクヌギどんぐり

Img_9104
びっくり驚き~たこ焼きプレート

泡たこ、砂たこ、更に葉っぱ青のりトッピング!!

Img_2893
豪華本格オータムパフエ

シロシキブ、ムラサキシキブ、ナツメえとせとら・・・

Img_9144
にゃん なでなで

老体の猫をよしよししてくれています。
ミルクもご飯もあげてくれました。

気ムヅカシかったニャンが
老猫になり小さなお友達にたっぷり
甘えています(涙)

Img_9219
なぜか「おばけやしきごっこ」

Img_9224

おばけだぞ~~~

ひゃーこわいーやめて~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

«バッタ選手権~第8回戸塚大会