2021年5月 1日 (土)

水鉢セット

Img_20210412_125507
左から アサザ、ミソハギ、ショウブ

 

作業棟の下には日々、
いろんなポット植物が並んでいるのですが、
ある日の三兄妹。

水鉢セットみたいで
あんまりかわいかったので
記念写真。

ところで
水鉢に、
オタマジャクシとか
メダカとかが泳いでいると
心の水鉢も満たされますが、「


その中に土をいれて
沈水植物(フサモ、カナダモ類)や
浮遊植物(ウキクサ類)を浮かべれば、
もう一切のエサを入れることなく
ひとつの小さな生態系が確立します、

さらにそこにある時
ショウブやアサザやヒツジグサやミソハギなんかも
ポットごと置いてみたら
水鉢の水性領域を超えて
生態系サークルが空へ飛び出してきたようで

Img_20210503_154325
急に陸生生物の自分ともつながったような次元超え。

まいった、、

そんな次元超え水鉢セットなのでした。



●ミソハギ…ミソハギ科 
 お盆の頃、ラベンダー色の花をラベンダー状に咲かせる。
 別名、精霊花。おじいさんち(埼玉県)は切ったナスに水をあげるとき、
 このミソハギの花穂を使ってピチャピチャかける。
  祭事のお供え物を清めるとされ、禊を行う萩に似た花の意。
 生薬名、千屈菜(せんくつさい)、
   お茶や外用。下痢止め、止血など。
  1060668_img-2


●ショウブ…ショウブ科
 「ハナショウブとショウブは違うからねー」と
  5月になると母が庭で呟いていた。
    生薬名、菖蒲根(しょうぶこん)
  ショウブ湯の冷え性肩こり、不眠症、
  アロマリラックス効果は言わずもがな。 
●アサザ…ミツガシワ科
  準絶滅危惧種。
  浅い水辺の浮葉性植物。
  葉も花もキュート。
  夏~秋に咲く花は、
     五芒星のお星さまが
  黄色いフリルのドレスを着ているよう。
     まず見たことない独特のかわいらしさ。
  006-2

※植物生活境界は曖昧であり便宜上の区分とのこと

・陸生植物

 乾生植物
 中生植物
 湿生植物(湿地、水田、湿地周辺、畔周辺)

・水生植物(抽水、浮葉、浮遊、沈水)

| コメント (0)

2021年4月30日 (金)

フェルトシートづくり

Img_20210406_113329

Img_20210406_113451

Img_20210406_113908

Img_20210406_114034

Img_20210406_114649

Img_20210406_114710

Img_20210406_114854

Img_20210406_115330

Img_20210406_115342

Img_20210410_200227
完成!

 

無声映画っぽい。

| コメント (0)

2021年4月29日 (木)

独り活きるウド

ウド(独活)
Img_20210427_140431
2週間前はよちよち歩きの赤ちゃん程の背丈でしたのに、

今日は小学生中高学年くらいに伸びていました。

冬に地上部は枯れますが、

今年は年々育つ株も威風堂々と見え、

下から立ち上がる茎の本数も増えました。

仲良し家族のように固まっていますが

1本の草姿はまっすぐ堂々と末広がりで

たとえ独りになっても活き活きと生きていけそうな安定感です。

Img_20210413_173439568
新芽や若葉の天ぷらは

(展開した葉は刻んでかき揚げにしてもよく、

太い茎の皮をむいた部分も美味しい)

Img_20210413_173801026
香りや歯ごたえが唯一無二すぎて

「こんなにウマいものはない」

と口に入れた瞬間に家人が唸っていましたが、





Img_20210417_110459
若葉を干して番茶ブレンドにして飲めば

パリパリと気持ちよく乾燥して

さりげなく美味しく、



立ち上がった2本のうちの1本を残して
Img_20210427_140521
もう1本の茎をいただき、

Img_20210427_140719
皮をむいて生食すれば

筍のようなエグミも 

イタドリ系の酸っぱさも

セロリほどの筋もなく

でいてシャキシャキとした歯ごたえで、



 

Img_1828
夏ころに咲く散形花序の白い花も涼しく

この頃の茎葉を干してお風呂にいれると

鎮痛、補温、つまり肩こり腰痛冷え性に良しとされ、

素晴らしきウド。

 



では

ウドを「ウドの大木」といってしまった人間のほうが

ウドの大木なんではないか、

と思いますが、
Img_20210427_140407
ちょうど青々としたウドの足元に

昨年のウドが枯れ倒れていました。

大人の背丈ほどあり、

見れば茎の中味は見事に全身が中空のウロで、

スポンジ状のワタもなく空っぽで、

ウドの語源とされる「ウドロ、ウトロ(宇登呂)」でした、

昔はウツロ(空ろ)をウドロって言ってたんでしょうか。

大木として使おうとしたら

「なあんだ、中身がウドロじゃないか!」

って言ったかどうかは知りませんが、

確かに木として使いたいなら役に立たなかったことでしょう。

でもウドは木ではなく草(多年草)なので

ウドとしては

「そんなこと言われたってワタシ草だしっ」

って思ってるかも^^

(他の語源説もある)

 

しかし実はウドちゃん、

見た目とは裏腹にアクやエグ味はなく

なのに個性的は風味をもち、



天ぷらにも
生食サラダでも
お茶にも
お風呂にも
薬用でも
しかも漢字が独り活きるって!



山菜ウドパワーは果てしなく広がるのでした。

 

※ウド…セリ目ウコギ科タラノキ属
生息地 日本各地の山野に自生
生薬名 根茎を干して 和独活(わどっかつ)
効能 煎じて飲んで、
   頭痛、神経痛、とにかく鎮痛、
   風邪、めまい、
  
発汗や血液循環を促してくれるのですね

半日陰のお庭の隅っこに居て
しょぼんだときに励ましてくれそうです。

| コメント (0)

2021年4月28日 (水)

お山たんけん

Img_7292
チリンチリ~ン

お山のふもとに着きました。
Img_1733
お山の麓には田んぼがあって

中をのぞきますと、

なんとなんと

なんと!
Img_1734-2
最後のヒキガエルグループが上陸する寸前でしたッ!


まるで皆が来るのを待っていたかのようです。

006_20210430110301
アズマヒキガエルです。

 

しばらく水回りで過ごして

体も渇いてきて陸仕様になり、

そのうちお山にも登っていくことでしょう。

とすると、

また数年後どこかで会えるかもしれませんね。

一方、
Img_1724
オタマジャクシもいるね~

こちらはアカガエルです。

後ろ足も前足もはえてるオタマジャクシもいます。

「トカゲガエルだっ」

ほんとトカゲに似ていました。

すばらしいネーミング力です^^

Img_1730
ほら、



よく見つけたね~

こちらは

ちっちゃいちっちゃいカマキリさんでした。

卵から孵化したばっかりのカマキリさんです。

Img_1736_20210430105101
「ねーみて♡」

わ~~~、タンポポの綿毛が飛んだ跡ですね。

太陽の子みたい。

 

Img_1741
「あ~~~~~」

なんか大発見したもよう^^;

子供たちと一緒にいると

テントウムシやらカメムシやらキノコやら

いろんな生き物を次から次に見つけてくれます。

Img_5470_20210430105501
たくさん居たのはクビキリギス。

ジーーーーーーーーーー

さっきも鳴いていましたね。

緑色も褐色タイプも居ますが、

どちらも朱色のお口です。

「あかい口紅みたいね~」

「オレンジ色のマスクにも見えるね~」

このまま原っぱで延々と遊べそうですが、

朝の会をして

お山たんけんに出発です。
Img_7303_20210430115701
ヤツデの葉っぱがありました。

「よろしく~ブンブンブンブンブン」

握手をしました。

足元にはヤブミョウガの青い宝石(実)を発見。

そして上を見ると、

Img_7304
お山の神さま、大けやき。

「どうぞよろしくおねがいします」

ご挨拶をして

お山に入らせていただきます。


Img_7311
伸びた筍と背比べ

どっちが大きい?

「たけのこが ちょっと おおきい」

タケノコの先端が

緑のとんがり帽子になっていました。





それからお山に登ります。

でも、

Img_1779
どうやって

上にのぼろうか、、、

 

奥の人たちは助け合っています。

すると、
Img_1782
すごい力持ちの人たちが来て

助けてくれました^^

ビュ~~ン、、、

 

Img_7316
ふ~がんばったな

うん、

登頂成功!

 

と思ったら今度は、
Img_1805
「何してるの?」

くるくる回りながら下山していました。

「3かいてんしたよぉ♪」

いや、4回転はしていました^^^^

 

そうして

皆で歌ったり叫んだりコダマしながら

森の入口トンネルを抜けると

「ふ~~~ずいぶんあるいたね~」

初めてのお友だちが言いました。



たしかにゴールを知らないと

道って長く感じますよね、

よく歩きました、

もうすぐ着きますよ。

ところが、

さて着いたと思ったら

またすぐに遊びはじめた隊員たちでした。
Img_1830
「ほら」

カラスノエンドウのお豆を

ちいさな爪をつかって

自分でむいたり、



Img_1848
「やきそば」

桜の枝のお箸で

桜の花がら焼きそばをつかんだり。

 

おいしそ~~~そういえばお腹すいたねー

お弁当をたべようよ



あんまりにも美味しくて、

あっという間に食べ終わり、

皆でいっしょに夏みかんデザート。
Img_1867
口にはまりました。

「クビキリギスみたいだねー!」

くちべにだよ、

マスクだよ、

ねずこだよ、


いろんな説が飛びかいます。

それを見て

Img_1866
ごそごそ、ごそごそ、

何やら探して、

出てきたものは・・・


Img_1870
夏みかんマスクでした~~~^^

やっぱりクビキリギスかな。

 

そうして食べ終わってからも

ブランコ、シーソー、宇宙船、

皆なでかけっこ
Img_1884
走って、

Img_1887_20210430122901
走って

走ったにもかかわらず、

またたんけんに出かけました。

Img_1911
ここはどこ?

おやつの道だよ。

あった!

クサイチゴのいばらの森に着きました。
Img_1931_20210430105501
どこ?



ちょっと早かった、

クサイチゴが見つかりません。

でも諦めずに真剣に探しています。


Img_1915
あ、


Img_1926_20210430105501
あった♡

ちょうど1個づつありました。

お口の中にいれると

ぷちぷちぷち・・・

森の妖精のおやつのような味がしました。

そして森にお礼をいって帰ります。


Img_1957
ただいま~~~


Img_7329
く~す~く~す~

Img_1963
夢の国でんしゃに乗って

みんなも筍になりました。

 

お~し~まいまいまいまいまい





<おまけ>
Img_1968
古屋の縁側 

おみやげさくらんぼ



今年の夏には取り壊す予定ですが、

どうなるかなぁ。


<ひとこと注意>
オオムラサキツツジの花かざりと花らっぱで遊びましたが、
オレンジ色のレンゲツツジや
黄色のキレンゲは毒なので
それは舐めないでね。

涼しい所が好きで、この辺りには生えていませんが、
知らない場所や 区別がつかない場合は、
なんでも口に入れないようにしましょう。

知らないものを口に入れるときは 
聞いたり調べたりしてくださいね。






 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2021年4月27日 (火)

タンポポ笛をつくろう

昨年、Youtube に出した

たんぽぽ笛のつくり方、鳴らし方です。

 



| コメント (0)

2021年4月26日 (月)

抜きつ抜かれつ

暖地桜桃が一気に色付きました。

昨年より1週間はやいです。
Img_20210422_074957
3月6日に満開に咲いていましたがもう

実を紅くして青い空にぷるぷる光っています。

蕾がふくらみ初めたなと思ってから

ほんの5日で満開となり、

さっと散り、

2か月足らずの7週間ほどで真っ赤に色付くスピード感、

とにかくはやいッ


つやっとつやっ、つるんつるん、

とした実や樹皮で 

青い空を背景に赤い体育帽をかぶった小柄な女の子が

一瞬で駆け抜けていくような速さです。


いっぽう、

一歩先に咲き始めた安行桜は

長くゆっくり花を咲かせて、

そのサクランボは
Img_20210426_125515
まだ青く硬く

若葉の陰でひっそりかくれんぼ。

 

その隣のクワの実はどうかな?

と見ますと、
Img_20210426_124900
こんな感じ、

あと1週間、GWには色付くかな。


じゃあ、昨年の12月に花を咲かせていたビワの実は

どうかな?

と見ますと、
Img_20210426_130735
お~かなり膨らんでいます、

枇杷っていったら6月っていうイメージですからね、

いい感じじゃないでしょうか!



そうだ

春一番に咲いて春を告げるウメはどうかな?
Img_20210426_130444
こちらもまだ青く硬く若葉の中でかくれんぼ。

梅の実もずばり6月、

を晴れ舞台としますが、、

 

毎年毎年、

こうして冬や春先や春に咲いた木々の花たちは、

抜きつ抜かれつしながら

その実をその実の熟する時へむかって

若葉の中でかくれんぼしながら


スタンバっているのですね‼




<おまけ>
Img_20210426_132241
オニグルミの赤い雌花


赤い花の下の長い緑の実になる部分が

葉陰にほんの少しだけ

膨らんでいるのが見えました。

Img_20210423_083854
では、朝のお散歩これにておしまい、

いただきま~す♡

すっぱッ

Img_20210426_125009
一番お寝坊さんのネムノキ。

「まだねむいよ、おかあさん」

小さな羽状複葉の葉は閉じたままに

ようやく伸びはじめ。







| コメント (0)

2021年4月23日 (金)

藤の花茶

おじいさんちのでっかいシラカシに

Img_8587
絡みついて昇る紫龍のようなフジの花。

 

こぼれるように咲いているので

花瓶に挿して愛でたら

翌日、翌々日には

Img_20210424_102352_20210504163101
美しいドライになっていました。

 

 

この数日前、

「フジの花は飲めるかしら」

とフジの盆栽を育てていらっしゃる方から聞かれて

お花のシロップ漬けは有名だと話して、

でも過食はよくないと書いてあったので

お勧めするのはよしましたが、

 

 

よしたにもかかわらず、

自分は我慢できず、

いつものように

朝の番茶にブレンドにして飲んでしまいました。



お花の一房をざーっと急須にいれて

一口いただきますと、

これは花びらの持つ特性なんでしょうか、

お花系は

やっぱり口当たりまろやかで柔らかく、

なくなるまで全て飲んでしまいました。

 

だって美しいのですよ、紫青が、、

| コメント (0)

2021年4月21日 (水)

お花はがきと お花かんてん

今日は小さな畑のおうち園です。
Img_1592_20210422162301
畑ぼうずさんはお花ゼリーを作っています。


Img_1552
これみたい♪

と温度計を眺めています。

何度だろうね~
目盛りを読むと26度。
しっかり夏日でした。

Img_7204
日射しまでいつもと違います。

お庭の地面が丸ごと明るく照り輝いています。

さっそく
Img_7202
日陰でせっせとお料理。

「ねぎらーめん」

ネギ役は、前回は手裏剣になったヤブカンゾウです。



Img_1549
冷たいお飲みものや

オリジナルパフェが次々と出来上がります。

Img_1541
ねーこれ、さわってみて、

ふわふわするでしょ、


ほんとだ、ほんとだ

「花水木もみじパフェ」

Img_1562_20210422162201
さあ、朝のお話会です。

春のお花たちが集まってきて言いました。
「みんなで おてがみを つくりましょう」
それを聞いた ちっちゃな小人さんたちは
「わたしたちもつくろう」
とお花つみに野原へ出かけたそうですよ。

確かこんなお話しでした。
ショートバージョンでした。
暑くて皆がバテてしまいそうだったので
短くしたのですね^^

でもその前に、
(とまた何か始まりました)
秘密をおしえてあげます。
これをこーやってこーすると、
(タンポポの茎をストローにする)
ぶくぶくぶくぶく・・・・

ええ~
きゃははははははは
ゲラゲラゲラ

ベースケさんのバブル芸に
急に元気になった子供たちでした。

Img_1566
わたしもやる~

ぶくぶく

Img_1576
でないよ、でないよ、

なにか混乱しています^^?

Img_1582
う~~~ん

懸命です。


吹くんだよ、
ぜったい吸っちゃだめだからね、
口を酸っぱくして言い続けた甲斐あってか

Img_1585
ぼこぼこぼこ・・・

できたぁ~~~


長いストローや ちっちゃいお口の人も
みごと泡だらけになりました^^。

そこで
きれいなお花が見つかりますように
ふ~~~
ロウソクの火を消して出発です。


Img_1602
あった、

黄色い小さなカタバミのお花です。

Img_1613
みつけた、

椅子の下にかくれんぼしていたのは、
のっぽのオニタビラコの黄色いお花。



Img_1606
こんなに見つけたよ、

うわ、いつの間に!

生垣のモッコウバラにも気づいたのですね。
黄色は香りが薄く、
白はほんのり甘い香りがします。
香りで気づいたのかしら。

Img_1599_20210422172101
ふ~~~~

ね、もういっかいとばしたら
よろこぶかな、だってあかちゃんなんでしょ、
たんぽぽになるんでしょ。

うん、
ありがと~ありがと~~って言ってる、
喜んでるね!

Img_1600-2
ぷ~~~~~~

どこからかいい音が聞こえてきます。
顔をあげると笛吹き名人が歩いていました^^^^

Img_1611
すると目の前でも

ぷ~~~~~~~~~

楽しい愉快な音色です^^!


あっという間に
ねっこぼっこならぬ
のはらぼっこになった人たちでした♪

さあ、
母屋に戻って
お花はがきを作りましょう。

Img_1627
草木で作りたいところですが
土台は紙パックにします。

一晩お湯に浸したパックをむいて、

(防水ビニールをはがすわけですが、
なかなかはがれず苦労していたら
小さな人たちが小さな指を器用に動かして
どんどんむいてくれました。
さらに水が気持ちよくてモミモミしていたので
余計にはがれやすくなっていました。
知らなかった裏技発見でした!)


(奥には忍者ごっこして体を鍛えている人たちが見えます^^)




Img_1635
ちいさくちぎって、



Img_1644
ミキサーにいれて

Img_1639
すいっちおん、

ゴ~~~~~~~

目がまわるぅ

Img_1646_20210422162301
どぼどぼどぼ・・・

 

Img_7281_20210422162301
たてよこうえ、

とリズミカルに梳きまして

Img_7239-2
摘んできたお花をのせて、

 

Img_1706
ぽんっと無造作に乗っけても素敵で

(奥に磁石のかたちを研究をしている人もいます^^)

 

Img_7246_20210422162301
ぎゅ~~~~

それをサンドイッチして水をしぼって

Img_7229_20210422162301
ぺたん、



Img_7248
とガラスに貼り付けます。

あっ、

なにが起こったのでしょうか
Img_7252
いろんなお顔で

はっ、

紙漉きをしていました。

Img_1679_20210422175901
そうしてお弁当の時間です。

本日はお天気も良く
全員お花ハガキを作ったうえに
他にもいろんな
いろんなことをして遊んでいましたね。

6歳のお誕生日会もありました。
いつの間にか大きく優しく頼もしく
しっかり者になっていましたね。
おめでと~おめでと~~

おーしーまいまいまいまいまい


<おまけ>
Img_1653_20210422162301
ハランの舟

「〇〇くんにあげたいんだ~」

Img_1664
この川に流すのかな?

「川づくり大好き」



Img_7211
♪たんぽぽ たんぽぽ

むーこうやーまへ とーんでけ~

Img_1687
お花かんてん

Img_7264
お花をのせて

Img_7265
かたまれ~~~~


Img_7288
フタは ユキノシタ


昨日 切ったばっかりの竹で
ちょっと竹の味が独特だけど、
いい思い出になりますように♡















 

 

| コメント (0)

2021年4月19日 (月)

勝手にファンタジー

近所の本屋さんで見つけました。
1618791116161
高い所に1冊だけあったので
平積みにして写真を撮りました。
(下中央)
「庭にほしい木と草の本」


ほんとは
レジに並んで買いたかったのですが
これを買ってしまったら
もう再入荷するとは思えないので
図書館のように置いてもらって
いろんな人に見てもらい、
あわよくば御縁のある人のもとへと
手を合わせました。

この本で一番伝えたかったこと
というか勝手にファンタジーを
以前書きかけて途中でした。

たとえば
地球天国を創るのが夢だけど
果たしてどうすればいいのか
皆目見当がつかない、
何を専攻すればよいのか、
○○を専攻したけれど何か違っていた、
なんてことはよくある話で、
そんな時、
身近にあったのは子育てと
日々の料理と植物と虫だけだった、、、
ぜんぶ小さい時から苦手なことばっかり。
みたいな人だったらピッタリ!
あるいは
コロナ禍で田舎暮らしを目指すとか
都会だけど街中の自然を楽しみたいとか、
そんな人に開いてもらえたら尚うれし。
載ってる樹種がまさに
そんな草木ばっかしですからね。



でその前提となる勝手にファンタジーは、
生まれる前は宇宙にあまねく
霊的エネルギーだった私たちが
ひとつの肉体に降り立ち、
地球にふれて、
地球とまじわって、
地球とひとつになっていく。
やがて来たる宇宙文明の前に
人間として地球としっかり
つながっておく、
という根も葉もないストーリーの
地球の暮らし初級本で
いずれ地球とひとつになる暮らし
中級編とかになって
となると上級編は
フリーエネルギー革命が起きちゃって
もう想像を絶する暮らしに
なってるかもですね~




~世界よ、宇宙よ、みずからの創造主たれ~




| コメント (0)

2021年4月17日 (土)

ハランのよもぎ団子

手にぶら下げて帰れる

お持ち帰り用よもぎ団子は出来まいか、、、


クマザサは香も味も無難だけど

そのまま持って帰れないし、

ハランはどうかな、

と挑戦してみました。

Img_20210413_135700
まずハランを収穫して洗って


Img_20210413_145649
一番長い竹の皮を水に浸けて柔らかくして

裂いてヒモを作って、

だんご粉で作ったヨモギ団子を丸めて乗せて

竹の皮のヒモは中に仕込んで、




Img_20210413_140626
下から折り上げて


Img_20210413_140724
左から畳んで 右も畳んで



Img_20210413_140808
ヒモも巻きあげて


Img_20210413_140903
上から顔を出していたヒモの端と結ぶ



Img_20210413_140909
ヒモの長さが足りず、

巻きが弱いのですが

なんとか結べました。


Img_20210413_141512
蒸し器に入れると

長すぎて入らない^^;


Img_20210413_141610
せっかくの持ち手の茎ですが、

短く切って折り曲げて

やっと入りましたので


Img_20210413_141906_20210418151601
余ったお団子も

そのまま入れちゃって、






Img_20210413_143126
蒸し器で10分蒸しました。




Img_20210413_144039
下はきな粉かけ。


上は包んでいなかった団子を乗せてお皿替わりに。

 

ヨモギやハランの葉っぱ臭さが多少あるので
苦手な人は食べられないかも。
でも光沢があり繊維も丈夫で厚みのある葉なので
開いたときに敗れる心配な脆さはなく、

Img_20210413_212340_20210418151601
こんな感じで
葉の葉脈の筋が縦に入って模様になるのが
とても嬉しい。

 

<おまけ>
ヒモを中に入れこまず、
Img_20210413_141406
普通にぐるぐる巻いた
Img_20210413_141422
後ろ側、

この巻き方でも充分
事は足りる

 

これは
Img_20210413_141251
お砂糖をふりかけて
巻いて蒸してみたもの。

蒸しあがったときに
ぽたぽた溶けた砂糖が
落ちてくるので
テイクアウトには向かない。

教訓・・・糖分は団子生地の中に入れる。
または蒸してから
お好みのきな粉やお砂糖をかけて食べる。


っていうのは、
試作でも本番でも
お砂糖を入れ忘れちゃいましたからね^^!

※ハラン  葉蘭 キジカクシ科
お弁当や折詰や刺身のプラスチックリーフは
ハランの葉がモデル。
料亭やお寿司屋さんで細工飾りや仕切りに使われるハラン。
抗菌作用、防臭、防食中毒作用など。
根茎は煎じて民間療法で利尿、強心、肺結核、喘息など。
実も黒焼きを煎じて肺病など。
花は春、地際に紫の花。
005
つぼみ


006


Img_5614_20210418160301
草姿

科名だけど、
確かに雉(キジ)を隠せそう。

Img_4201-2
ハランの舟


 

| コメント (0)

«竹の看板づくり