« ビロウドスズメの幼虫 | トップページ | ウマノスズクサの花 »

2006年8月 8日 (火)

ルリタテハの幼虫

川口市の金ヶ崎の森に子どもたちと自然観察に行きました。金ヶ崎の森は、見沼代用水の東縁に面した斜面林で、市民の方々が整備した森です。クヌギやカシ類が多く、樹液がブーンと匂い、カブトの森を思わせます。虫たちも多く、タマムシやオサムシの死骸もありました。

写真は、ルリタテハの幼虫。食べている丸い葉っぱは、サルトリイバラです。

Img_0861

子どもの自由研究で観察するため持ち帰りました。するとわずか2日で蛹になってしました。よーく見てください、背中の目玉マークがきらっと光ります。これを見たとき、農家が畑につるす鳥除けのキラキラ目玉を思い出しました。きっと、このキラキラ、外敵から身を守るためなのでしょうね・・・

Img_0934

« ビロウドスズメの幼虫 | トップページ | ウマノスズクサの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/11340625

この記事へのトラックバック一覧です: ルリタテハの幼虫:

« ビロウドスズメの幼虫 | トップページ | ウマノスズクサの花 »