« ナマズ | トップページ | ヒメリュウキンカ(キクザキリュウキンカ) »

2007年2月26日 (月)

花粉症の季節

花粉症の季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

今年は、家族で、「塩番茶の鼻うがい」というのをやっています。番茶の中に塩を入れた、塩番茶を鼻からすするというもので、鼻づまりなどの体質改善になるとのことです。子供たちのために始めたのですが、自分もやってみると、花粉症にも良いような気がします。試してください。。。

« ナマズ | トップページ | ヒメリュウキンカ(キクザキリュウキンカ) »

コメント

>>うさこさん、
体内製塩水=尿療法・・・なるほど!
目にはフィルムケース・・・なるほど!!
「体内製塩水」を検索すると、このブログが出るようになりました(笑)
確かに、疲れ目のとき、目を温めるのは気持ちいいですね。
ありがとうございました。

投稿: ベー助 | 2007年3月 3日 (土) 19時19分

体内製塩水=快医学お得意の尿療法ですよ!
目にはフィルムケースに入れて当てるとよいそうですね。
目にはやったことはありませんが。

野口整体情報では花粉症は目の使いすぎと、体内の水不足だそうで。
お茶ではなく、沸かしていない水を、一日中、ちょびちょびと飲む。
花粉症の人は、秋から、準備して飲んでいるとよいそうです。
目の使いすぎには、やはり目から頬骨にかけて、タオルで温湿布だそうです。
タオルで温湿布したまま寝てしまうと、布団がぬれてしまうので、あたたかければよかろうと、私は勝手にこんにゃく湿布に変更しましたが。

今年はみーんな目に来て~と涙目や赤い目をしています。
日本で取り扱いのない、ホメオパシーの薬を飲んだら、私は劇的によくなりました。あまりに簡単なのですが、個人でネットで注文しなければなりません。
今は漢方薬で治まっています。でも、一回飲まないと、翌日、鼻がつーーーっと。
ほとんどお外での生活のべー助さんにはつらい季節ですね。
どうぞお大事に。

投稿: うさこ | 2007年3月 1日 (木) 14時34分

>うさこさん、
確かに始めのころは、鼻にツーンときて痛かったのですが、随分となれました。今年はくしゃみが出なくなりました。「体内製塩水」というものがあるのですね。ネットで検索しましが分かりませんでした・・・
目には何か良いものはありませんか?塩番茶の蒸しタオルはやっていますが、その他に良いものがあったら紹介してください。パソコンの疲れと花粉が混じってか、かなり疲れています。

投稿: ベー助 | 2007年2月28日 (水) 19時36分

番茶じゃなかったら、体温くらいの塩水(なめてしょっぱいくらい)でもよいそうです。温水の塩水にすると、鼻に刺激が少なくて、プールの水を鼻から吸ったときのようなツーンがありません。わたしは体内製塩水でしてます。温度調節も塩分調節もしないので簡単。

投稿: うさこ | 2007年2月27日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/14058803

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の季節:

« ナマズ | トップページ | ヒメリュウキンカ(キクザキリュウキンカ) »