« 読書感想文 | トップページ | クリスマス・イブ »

2007年12月23日 (日)

中ぐらいの学校・15周年記念

今年の「中ぐらいの学校」のクリスマス会では、思いもよらぬお祝いをしていただきました。「中ぐらいの学校・15周年記念」です。

Aimg_6039

きよとし校長先生からのお手紙です。

Aimg_6084

きよとし校長先生が来るようになってから、15年になりました。その間、私たちにも2人の子供が出来て、今、みんなで遊ぶようになりました。

中ぐらいの学校は、1988年春に始まりましたから、正確には19年目になりました・・・

« 読書感想文 | トップページ | クリスマス・イブ »

コメント

>庄司さん、
コメントありがとうございます。
中ぐらいの学校は、はじめは不登校の子どもたちのために始めた場所でしたが、自分自身が助けられた部分がたくさんありました。若かりし頃、この場所で悩みながら探して、本当によく遊んだなあ~
今は、きよとし校長先生がすべてやってくれ、仲間を大切にしてくれるので、温かのんびりしています。家族に会うような感じです。

航大くんに「べーちゃん」なんていわれたら、うれしいですね。おうち園では、おじいちゃんの気分ですから(笑)
お母さん方も、いろいろな経験をされていて、私たちの方が勉強になると感じています。

年末になって冷え込みますね。
お元気で、良いお年をお迎えください。

投稿: ベー助 | 2007年12月26日 (水) 17時21分

15周年おめでとうございます~
ひとつのことをやり続けるって
それだけのエネルギーと大切にしたい思いが
あってこそ続けられるのでしょうね。
素晴らしいなぁと感じました☆

最近、家でおうち園でのことを話すと
航大が「べーちゃんが、べーちゃんが」
とおしゃべりするようになりました!
今のところおふたりとも「べーちゃん」ですが
本人なりに区別してるみたいです。
航大にとってこの先今の思い出が薄らいでいくとしても
身体と心の奥深くに
刻み込まれてゆく確かな体験をとおしての記憶
そして私の思い出のアルバム(く、くさい?!)に
見えない大事な宝を頂いている思いです。


今年はおうち園に足を運ぶご縁をいただき
本当にありがとうございました。
息子、航大にとっても、母の私にとっても
貴重で豊かな時間と体験をさせていただき
感謝の気持ちでいっぱいです。
Kちゃんママとも話していたのですが
「子どもを通わせたいとかいう以前に
 自分があそこ(おうち園)に来たかったんだよね」
の言葉に共感してました。
子ども以上に母の方もお世話になり
ありがとうございました。


来年の準備クラスも親子ともども
どうぞよろしくお願いいたします☆


長くなりましたが
皆さまどうぞよいお年をお迎えください☆

投稿: 庄司 | 2007年12月24日 (月) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/17451994

この記事へのトラックバック一覧です: 中ぐらいの学校・15周年記念:

« 読書感想文 | トップページ | クリスマス・イブ »