« 満月ロウバイと素心ロウバイの違い | トップページ | サルトリイバラの赤い実 »

2008年1月 7日 (月)

ヒツジグサの種

写真は昨年暮れに撮ったものですが、ヒツジグサ(未草)の種です。これがとても優れていて感心してしまいます。

Aimg_6158

ヒツジグサは日本在来のスイレンで、未の刻(午後2時)ころに咲くので、この名前がつきました。実際には、お昼近く、午前中から咲いているように思います・・・

さてさて、水面で花が咲き、実を結び、やがてその実が割れると、なんとその種が浮かびます。種のまわりにある白い部分が浮き袋の役割をしています。そして浮かんだ種は水面を漂い、3日くらいすると自然に沈みます。種を分散させるための見事な仕組みですね。

« 満月ロウバイと素心ロウバイの違い | トップページ | サルトリイバラの赤い実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/17609229

この記事へのトラックバック一覧です: ヒツジグサの種:

« 満月ロウバイと素心ロウバイの違い | トップページ | サルトリイバラの赤い実 »