« 『我がまち川口・再発見 天気の良い日は川口散歩』 | トップページ | 春にがみ »

2008年3月16日 (日)

2007年度さいごのおうち園もよう

3月12日(水)、2007年度さいごのおうち園が終了しました。この日が来る2~3週間前から緊張していましたが、子供たちもわかっているのか、もうこれ以上は、遊べないというくらい遊んだ一日でした。朝、母さんへの粘土のプレゼント(子供たちが作って七輪で焼いたもの)を包んだら、すぐにお山へ行こうと思いましたが、みんなお砂場レストランで、「おこのみやき」「ちょこたると」「春のお花ランチ」「ココアジュース」をムクロジ・ドングリ・ミモザ・ネコヤナギなどで 次々にとめどなく作るので、「あー、この子たちは、はたけで たっぷりあそびたいんだ~」と、11時半すぎまで、そうやってたっぷりお料理しました。できたご馳走で、みんなお兄ちゃんお姉ちゃんになって、幼稚園に行くんだね「おめでとう」と。そしてミカンをそれぞれ包丁で半分に切って、木につけて、いつもお土産をくれた畑ぼうずさんにも お礼して。並んだ豪華料理をみていたら「これが、この子たちの1年間の遊びの集大成なのかも~」と思えてきました。妙に感慨深い砂料理です^^。
それから、お山へ車で行って、ゴザをしいてお昼ごはん。食べながら子供たち自らが言い出して、「いちねんかん、ありがと~」と なんども何度もお山の大ケヤキを見上げながら叫んでいました。そしてホタルを放流した水路をみたり、つくしをつんだり、タカ類に食べられたハトの羽を見つけたり、アカガエルの卵があったり。そうして急斜面の竹山を「のぼれるよ~」「だいじょーぶ」「このてを にぎって」「やっほ~」と、子供たちだけで、どんどんどんどん登っていきました。

畑でもたっぷり遊びましたが、お山に来たら来たで、また更によく走り回っているので、やっぱり来てよかったな~と。上の神社へ行く途中の竹林の道に、ヒメオドリコソウが咲いていて、「あ、おどらないと、魔法にかかっちゃうよ」とべー助が言うと、4人でくるくるくるくる回っていました^^。シーソー、ブランコ、地球儀、落ち葉などで、また延々と遊び、ずっと体力底なしのような遊び方。ほんとうに大きくなった子供たちです。帰りの車の中では、「おじさん茶」「365ちゃ」「てんちゃ」「うめちゃ」と意味不明なお茶ことばで、これまた子供たちだけで「アハアハアハ」「ウヒヒヒヒヒ」「えへへへへ」「キャハ~ッ」と盛り上がっていました^^。

卒園式は、歌や合奏などの 感動的な子供たちの発表会は何もなく(私たちが出来ないので)、でも何の予行練習もなく、一列に座って元気にお返事して、あ~すごいなすごいな~と。
なにげに遊んでいる後姿と、わずかに残しておいた お砂場料理の足跡、そして汚れた服が 子どもたちの発表会でしたね^^。

本当に、みんな個性の違う子供たちでした(当たり前だけど)。同じ学年の子供たちだけというのは初めてだったし、また自分の子供が居ないおうち園も初めてで、気づいたら今までとは少し違う距離感で 子供たちが畑のなかに居ました。こっちでお人形でおままごとをしているかと思えば、あっちで穴を掘っていたり、こっちで木登りしていたり、そっちでお料理していたり^^。なのに一年がたつときには、いつの間にか四人一緒に布ブランコに乗っていたり、お料理を一緒につくっていたり、手をとりあってお山にのぼっていたり、ぴったりと 一緒にいた子供たちです。それまでは、てんでバラバラに動く子供たちが、 どんなふうにすれば、遊びの時間から お片づけの気分にすんなり入れるのかな?とか、お話しの時間に入れるのかな?とか、保育の基礎的なことがわからなくて、試行錯誤でした。ようやく基礎的な疑問が 心に湧くような余裕が出てきたのかも。それまでは体力もあったし我が子も混じっていたし工夫するより勢いだけで、何とかなってたんですね^^。ふりかえってみると、わたしたちの一番苦手な歌や手遊びに、子供たちが、わたし達を導いていってくれた一年です。自分の子供が居なくても、ずっとずっとおうち園を続けていきたいな~なんておもったりして・・・・・みんな、ほんとうにありがとッ!

« 『我がまち川口・再発見 天気の良い日は川口散歩』 | トップページ | 春にがみ »

コメント

こーだい母さん、コメントありがとうございます。
いつもは閑散としているお山も 子供たちが居ると
生き生きとしてみえるから、ふしぎなんですよぉ。
お山も子供たちがいると 若返るのかな^^。

投稿: べー子 | 2008年4月 3日 (木) 13時42分

卒園式おめでとうございます♪

おうちえんのような
安心して子どもが子どもでいられる場所
べー助父さんベー子母さんのような存在が
本当に貴重でありがたいと感じて
出会えたことが嬉しくとても感謝しています。

今年度もどうぞよろしくお願いします☆
お山で遊ぶ子どもたちをのぞいてみたいなぁ~~

投稿: こーだいの母 | 2008年4月 3日 (木) 00時12分

デグチさん、コメントありがとうございます。
畑ぼうずとお友達になってくださるんですか。
うれしいです^^。
大人も子供も夢中になって遊べる場、
わたしも夢みています・・。

投稿: べー子 | 2008年3月20日 (木) 16時40分

はじめまして。大阪のデグチと申します。
「畑の毎日」楽しみに拝見させていただいております。

畑ぼうずが気になっちゃって(笑)
いつも心温まる素敵な内容で、遠くからですが
次はなにかな?とワクワクしております。
おうち園でも子供たちが生き生きとしているのが
伝わってきてこっちまで嬉しくなってしまいます。

僕も大阪で、大人も子供も夢中になって遊び、
学べる場作りをしていきたいと思っていて、
畑の毎日を見つけたときには「すごいっ!」って
とっても興奮してしまいました。

埼玉にはたね屋さんをしている友達がいるので
その子のところに遊びに行った際には、
一緒に草木屋さんにも訪れてみたいなあと
密かに思っています(いいですか?)

これからもブログ楽しみにしています。
畑ぼうず会ってみたいなあ・・。

投稿: デグチ | 2008年3月18日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/40521213

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度さいごのおうち園もよう:

« 『我がまち川口・再発見 天気の良い日は川口散歩』 | トップページ | 春にがみ »