« ララちゃん、よろしく! | トップページ | 自家製ヌカ床づくり »

2008年5月15日 (木)

竹の皮ひろい

5月8日ころ、竹の皮を拾いました。竹林は孟宗竹です。旧暦の5月5日は、今年6月8日なので、それまでにゆっくり拾おうと思っていたら、「もう拾えました~」と教えてもらったので、竹山に行ってみたら、早すぎず遅すぎず最高のタイミングで拾えました、ヤッタ~! まだ地面に落っこちる前の、節にちょこんと皮がのっかっているだけの 綺麗で手間いらずの 竹の皮でしたッ! 

最近、感銘を受けたことに「塩おむすび」弁当。小さなお友達が持ってきたお弁当で、はだかのおにぎり。妙に「これこそお弁当の基本だぁ」と ユラユラしてしまいました^^。それ以降、お弁当をつくるときは、「おにぎり」を基本にして、おかずは気がむいたら添えています。料理に熱中できない性格のところ 更に手抜きになっただけのような気もしますが、それをカバーしてくれているのが、ここで登場!竹の皮ッ。それまでは、彩りや美味しさや栄養を考えておかずを入れようと思い、汁物OK,乱暴に扱っても壊れないステンレスのお弁当箱を愛用していましたが、おにぎりだけでも竹の皮に包むと、べー助父さんも「これうまい」と言ってくれるし、私などは見ただけで、幸せな気分になれるし、「おむすびと 竹の皮」には、何か食の原点にかえれるような不思議な力があるのやも♪

ここ埼玉県川口市では、新暦5月5日をすぎ、さくらんぼも色付き、雨天候でカビやすくなる前に 拾うのがベストでしょうか? 試してみてくださいね。拾ったら、乾いているのを確かめて紙などにくるんで保存していますが、2~3年たっても全く平気です。何が悪かったかカビるものもありますが、大丈夫なものは、長~く保存できそうです。使うときは、おにぎりを握り始める前に 大き目のボールに水(速さや消毒が目当てなら熱湯)を入れて浸して柔らかくします。おにぎりを包む直前でよいので、水からあげて布で拭いて、おにぎりを包みます。布で拭くと皮の毛がついてきますが、それほど気になりません、気になる時は最初に包丁でこさぎ落とすのかな? 包み方は知らないので、曲がりやすそうな順番で折り曲げながら包んでいます。包むヒモは、皮の端をピーッと裂いたものです。使用後は、水洗いして、選択バサミにはさんで、干します。じょじょに縦に割れ目がはいってきますが、何度でも使えます。小さくなって包みづらくなったら、梅干を包んでニュルニュル出しながら食べると、子供のおやつですね^^。ようかんとか団子とか もっともっといろんなもの包んで食べてみたいですね~。

« ララちゃん、よろしく! | トップページ | 自家製ヌカ床づくり »

コメント

おせんべいさん、コメントありがとうございます。今年は、以前おせんべいさんのコメントを読まれた方が「もう竹の皮、拾えましたよ」と教えてくださったので、さっそく拾いにいきましたら、とても良い時期に拾えまして、今年はそれ以来、「竹の皮のおむすび」大のお気に入りです!
ほんとに、おいしーですねッ。

投稿: べー子 | 2008年6月15日 (日) 20時06分

私のうちは、竹の皮屋でした。
子供の頃には、大きな倉庫に竹の皮が、うず高く積まれていました。
それが、昭和40年ごろから農家の方々が副業で拾われていたのが、拾い手が少なくなり、
また、(竹の皮)が汚いと言う風評が立ち・・・一挙に廃れてしまいました。
父の寂しそうな姿を忘れる事ができません。
その後、竹、笹などの毒消しなどの作用が、復権しました。
でも、(竹の皮屋)は既に死滅してしまい間に合いませんでした。
「真夏の炎天下に置いてあっても、きちんと竹の皮に包まれている梅干入りのお結びは、腐らないんだ。」と常づね言っていた父の言葉が耳について離れません。
自然の力を膚で感じて生きていた昔の人々の暮らしを大切にしたいものです。

投稿: おせんべい | 2008年6月13日 (金) 13時16分

はぶとさん、こんにちは。早速拾われたんですね。新聞紙ではさんで重石をされたとのこと~楽しみです。カビずに、平らに乾燥するでしょうか? ぜひ結果を教えてください。おむすびを包むときの紐は、何も工夫していません。包む直前に、皮の端を5mm程度の幅で 指でピーッと裂いているだけです。一度 裂いたヒモを 何度も使っています。

投稿: べー子 | 2008年5月20日 (火) 08時12分

お返事ありがとうございます。今日は天気も良く早速竹の皮を拾ってきました。竹の子状態から3-5mの高さに位に成長して、竹の節から剥がれ落ちそうな竹の皮は確かにかなり乾燥が進んでいるのですね。こうした皮を集めて、新聞紙に挟んで重しを乗せて更に乾燥させることにしました。おむすびを包むときの紐とか何か工夫されてますか?

投稿: はぷと | 2008年5月18日 (日) 15時52分

コメントありがとうございます! 乾燥の方法は、詳しく知りません。今回は拾った時点で よく乾いていたので、縁側に1~2日、日陰干しをしただけです。押し花のように何かにはさんで、平らにしなかったので、くるくるしています。それを10~20数枚づつ、くるくる丸めて、包装紙(新聞紙など)につつんで 筒状に保存しました。

投稿: べー子 | 2008年5月17日 (土) 18時26分

竹の皮で包んだおにぎり懐かしいですね。私も作ってみようかなあと思いました。拾った竹の皮は新聞紙か何かで乾燥させるのですか?

投稿: はぷと | 2008年5月16日 (金) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/41219409

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の皮ひろい:

« ララちゃん、よろしく! | トップページ | 自家製ヌカ床づくり »