« 同調圧力 | トップページ | 綾瀬川ニューボランティアセミナー »

2012年5月17日 (木)

青梅の手作り酵素ジュースづくり

001


003


朝、青梅とりをしました。
122個 1400gありました。
洗って、縦に包丁で1本、切れ目を入れます。


そして、季節の花や実もつみました。
サクランボ10個くらい
タンポポ花 2個
キンカン 2個
ヘビイチゴ実 10個くらい
ワイルドストロベリー 2個
ノイバラ花 片手いっぱい40個くらい
全部で40gありました。
基本的にケシ科とキンポウゲ科は避けています。

それから、
白砂糖でそれらをカメに交互に漬け込みました。
白砂糖(の方がエキスが よく出るとのこと)は、1540g(材料の1.1倍)をいれます。
カメ全体に、紙でふたをして、紐でしばり、漬け込み完了!

4~5日で、砂糖がとけたら
毎朝一番に 素手でかきまぜ、
常在菌に活躍してもらいます^^。
最初の日から、
およそ11日たったころ、
ザルやガーゼでこして、
保存ビンにいれます。

酵素が生きているので
フタをゆるめにしめて、
1週間ほど常温に置きます。
それから
冷蔵庫・冷暗所にて保存。
我が家では、1年間で飲み切り、新しいのを作ります。

夏に薄めてジュースにして飲んだり、
水に4倍くらいに薄めて寒天やゼリーにして食べます。
青梅を中心にして、
野草は入れず
花や実のみにしています。
さっぱりして爽やかな美味しさで
気に入ってますッ♪

« 同調圧力 | トップページ | 綾瀬川ニューボランティアセミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/54735289

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅の手作り酵素ジュースづくり:

« 同調圧力 | トップページ | 綾瀬川ニューボランティアセミナー »