« 順番的に・・・ | トップページ | エビガライチゴのケーキ »

2012年6月25日 (月)

帰ってきたウコッコちゃん!

020


烏骨鶏のウコッコちゃんが、帰ってきました。

昨日の朝5時ころ、
バタバタバタッと音がしたので、
外に出ると、

居なくなっていた
ウコッコちゃんが居ましたっ。
見慣れた全身まっ白のウコッコちゃんです!
上の方から、舞い降りてきたようす。
屋根の上の生い茂るアケビの蔓の中に
丸4日間、座り込んでいたのです。

それまでコトリとも物音を聞かなかったので、
半分以上、あきらめていたので、、、
とてもうれしいです(涙)。

というのも、
おうち園の子供たちが
コッコちゃんに
ご飯をあげるのが、
大変好きなので、
「せめて、どこに行ったか知らせてほしい」
と、お願いしながら、毎晩寝ていました。
ところが、
ちっとも関係のない夢ばかり見てしまいます^^。
それで、もう無理だなと思っていたところ、
突如、空から降ってきたように現れたので、
ビックリするやら うれしいやら、
叶わぬ願いがかなったようで
奇跡が起こったと思うくらい、
うるうると うれしいです。

今まで飼ってきたニワトリたちの歴史をおもうと、
ドラ猫や散歩や交通事故や消失や迷子や自然死、
今まで いろんなことがあったので、
台風の夜に消えてしまっても
むしろあり得ることだと納得してしまったのですが、

小さな子供たちが、
「ごはん、あげる~♪」
と、かわいがってくれてた様子をおもいだすと、
いたたまれませんでした。
なにせ、
幼い子にとっては、
自分の背丈の3分の1は、あろうかと思われる生き物が、
庭を歩いていて、
その翼をもつ大きな生き物に
「こっ、こっ、こっ」と呼びながらご飯をあげると
「コ、コ、コ、」と、寄って来ていたのですから、
その存在感は、
大人のイメージからは
つかみがたいものがあります。

本当にうれしいコッコちゃん再び事件でした^^。
でも3時間もしないうちに、またすぐ屋根の上に座り込んで、
今日も一日、降りてきませんでした。
たまに、
降りてきたコッコちゃんは、
巨大なウンチを一度にだし、
それから 美味しそうに水を飲みます。

※写真は、5日ぶりに水をゴクゴク飲んでいたウコッコちゃん。

ところで、先だって
大村裕子さん(著作「昨日に聞けば明日がみえる」(ほんの木出版だったはず)
の講座に行きました。
そのときに、
『7~14歳の子供の成長は、心(感情)が大きく育つ時期』
ということで、
「一日に、10個、感動することを見つけてくださいね」
という課題をいただきました^^。
自分のことを感動しいだと思っていましたが、
かるく出たのは、5個まででした。
あとは、頭をひねりながら、一日の出来事をふりかえりつつ思い出しました^^。
もちろん、昨日の、感動したことトップテン1位は、
「帰ってきたウコッコちゃん!」ですッ。

« 順番的に・・・ | トップページ | エビガライチゴのケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/55052459

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたウコッコちゃん!:

« 順番的に・・・ | トップページ | エビガライチゴのケーキ »