« 環境カウンセラー | トップページ | 衆議院議員選挙 »

2012年12月 2日 (日)

森を元気にする

今日は、綾瀬の森にて「子ども生き物しらべ隊」の活動を行いました。

今回は「森を元気にする」と銘打って、森の管理活動です。

①木を切り、虫の家をつくる。

②古い虫の家の、生き物を調べる

③枯れ枝を集め、イモを焼いて食べる

火起こしや、杭打ち、大木切りなど、子供たちだけでは、
難しい作業を、お父さん・お母さんが活躍してくれました。

子供大人合わせて86名のたくさんの方の参加があり、
食べたイモは、20kgでした!
イモの半分は、「おとうさんのヤキイモタイム 」さんから、いただきました。
ごちそうさまでした。

021
みんなでクワノキを切っています。

023_2
剪定枝を積み上げ「虫の家」を作ります。

015
枯れ枝を集め、たき火をします。

018
火が燃え上がりました。

029_3
おき火になったところでいもをいれましたが・・・
あまりの人数でイモで覆い尽くされました。

031
お父さん・お母さんがもう一度火をつけてくれました。

036
古い「虫の家」には、カブトムシの幼虫が住んでいました!

045_2
焼き芋を食べながら、今日の振り返りをしています。

子供から、「木を切るのは、自然破壊ではないの?」という質問がありました。
素朴な、いい質問ですね。

今里山では、人の手が入らないことによる、荒廃が進んでいます。
人里近くの自然は、面積も小さく、放っておけば、強い植物が繁茂して単一になり、
逆に、生き物の生息数が少なくなります。
木が大きく育てば、林床は暗くなります。
今回は、繁殖力の強いクワの木を切り、数を減らしました。

枯れ枝を燃やし、焼いもを食べて、人間も元気になりました。
里山的暮らしのような、自然とのつながりを感じられたら、うれしいです。


« 環境カウンセラー | トップページ | 衆議院議員選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/56238794

この記事へのトラックバック一覧です: 森を元気にする:

« 環境カウンセラー | トップページ | 衆議院議員選挙 »