« ブンちゃんの大冒険「はじめての家出」編 | トップページ | タラヨウの葉のバースデーカード »

2013年7月18日 (木)

あんまり映画は見ないけど、

DVD「トンマッコルへようこそ」を見ました。

トンマッコルは、銃も手榴弾も知らない平和の村です。
そこへ 朝鮮戦争(1950勃発~1953休戦協定)の
敵味方の兵士たちが迷い込みます。

敵同士の兵士たちが、
命をかけたギリギリの
緊張状態を保ちながらも、
いつしか助け合い、村を守るというお話しです。

この映画、
激しい戦闘シーンから始まるのですが、
そのため、
トンマッコルという奇蹟の村との対比が

戦争の愚かしさを 見事にくっきりと描き出します。

自分ちの中高生の子供たちと
戦争のこと、軍隊のこと、憲法9条のこと、
今、とても大切なことなのに、
なかなか話し合うことは出来ませんが、

この映画を見るならば、
わたしが下手に語るよりも
まだ柔らかな感性をもっている子供たちに
戦争の真実を物語ってくれるような気がします。

戦闘ものは、それ自体の美化から
どうしても抜け切れない感はありますが、
今夜は、天からの贈り物のように、
家族で観ることができました。
よかったです^^。

次回は、
「笑いの大学」をもう一度見る予定。
前回は、娘と3人でみましたから、
今度は、全員で見たいです^^!
「おかーさんが、借りてきた映画のなかでは、
いちばんおもしろかった!」そうです。
余談ですが、
「お国のために」のくだりでは、
どういうオチになるか、
当ててしまったアンちゃん^^。

これは、とてつもなく可笑しかったのに、
「トンマッコルへようこそ」とは正反対の、
お笑いという対照的な世界で、
戦争の愚かしさという同じテーマを
みごとに描ききっています。

夏に、
ぜひおススメの2作品でしょうか!


« ブンちゃんの大冒険「はじめての家出」編 | トップページ | タラヨウの葉のバースデーカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/57818660

この記事へのトラックバック一覧です: あんまり映画は見ないけど、:

« ブンちゃんの大冒険「はじめての家出」編 | トップページ | タラヨウの葉のバースデーカード »