« 植樹 | トップページ | ビワ染め(草木染)の手順 »

2013年7月14日 (日)

「社会からのタオの欠如」

「タオの暗号」をよみました。
タオは、道のこと。
老子の説いた道です。
かの孔子も 若き頃、老子に教えを請うたとか。

中国雲南省の南部に、
少数民族が点々と暮らしており、
その奥深い地に
老子の教えを代々守り継ぐ ひとつの村があるという。
実話か そうでないかは この際 問題ではありません^^。


南国の植物に育まれる その村の人々は、
衣食住すべてにおいて自然と調和しているのですが、
なかでも卓越しているのは、
性のあり方。

ふだん、
思春期の子供がふたりいるので、
本のあどけないのに刺激的な表紙や
映像のドキドキとするワンシーンなどを見るたびに、
何か一番たいせつなものの欠如感をかんじて
もやもやとしていました。

なんとか
思春期の子供たちへ 
ひとつの選択肢として、
それらと同等のインパクトをもつような性のあり方、
(自分の未来に、希望と畏敬の念を感じるような性のあり方)
が、どこかにないかな~と
つねづね思っていました^^。

自分のときもそうでしたが、
メディアから切り取られて伝えられてくるものは
部分的な 刺激的な ときにはスキャンダルな性で、
今は、それが よりかわいらしく商業的^^。
そしていつしか
それが当たり前になってしまいました。
この感覚を
「社会からのタオの欠如」と
命名したくなります^^

というのも、
「その社会の人々の性のあり方で
その社会が どんな社会なのかが
すべてわかる」
と村の老人がいうのです。

またユダヤ教の聖典「タルムード」にも
「性行為のあり方で
その人がどういう人かが
すべてわかる」
とあるそう。

この本を偶然、車中で持っていたので、
思わず、
少しですが朗読して、
家族4人で共有しました^^。

じぶんは決まった宗教は持っていませんが、
こうしたアニミズム(万物に神聖を認識する文化)には、
強く心打たれます^^。

« 植樹 | トップページ | ビワ染め(草木染)の手順 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/57791043

この記事へのトラックバック一覧です: 「社会からのタオの欠如」:

« 植樹 | トップページ | ビワ染め(草木染)の手順 »