« アイ染めの行程 | トップページ | 綾瀬川フィールドワーク »

2013年8月 6日 (火)

環境・福祉教育

「共に生きる」をメインテーマに、環境・福祉教育を2日間連続で企画しました。

昨日は、自然体験で、安行原自然の森の生き物しらべ。

本日は、福祉体験で、めだかふぁみりいさんの施設にてパン作りと施設見学。

1日目、安行原自然の森の生き物しらべのようす↓

313
本日の作業の説明


316
生き物を見つけて、模造紙に、写真や抜け殻を貼り付けます。


317
完成


323
環境による生き物違いを考えます。

約50種、2種の絶滅危惧種が見つかりました。


2日目、福祉体験のようす↓


006
パンづくりの説明


013
ピザパン作り

017
焼きあがりました。

014
施設見学


最後に、なぜ2つの取り組みを組み合わせたのかをお話ししました。

生き物世界では、たくさん種類の生き物がいることが、豊かな自然と言われています。
それは、人間でも同じこと。みんなが一人一人違って個性豊かに生きて、また子供がいたり、お年寄りがいたり、障がいを持つ人がいたりすることで、豊かな世界となると思うのです。

自然と福祉という2つの体験を通して、いろいろな生きものそして人間がいて、
豊かな地域社会のなり、大きなつながりの中で、支え合って生きていると思うのです・・・

« アイ染めの行程 | トップページ | 綾瀬川フィールドワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/57940488

この記事へのトラックバック一覧です: 環境・福祉教育:

« アイ染めの行程 | トップページ | 綾瀬川フィールドワーク »