« 家づくり、その後 | トップページ | 柿渋ぬり »

2013年11月29日 (金)

自然たんけん隊 冬の生き物しらべ

本日は、戸塚南小・3年生の総合学習「ぼくら自然たんけん隊」に行ってきました。

前回冬の初めの探検をした子供たちは、冬になると、生き物が少なくなるのを感じました。
そして、今回は生き物さがしの作戦を立ててきています。

子どもたちの作戦を聞くと、冬になると生き物は下へ下へと移動するので、
「土の中や地面に近い所を探す」の声が多く聞かれました。

まずは草花遊び。アオキの実のロケット。
004
「5,4,3,2,1、ドッカーン!」

そして、本日のミッションの発表です。
009
「命のつながりをさがそう!」
「命のつながり」とはの質問に、子供たちからの答えは「子孫を残すこと」・・・

厳しい冬、命をつなぐためには最大の試練です。
子孫を残すために生きている生き物の、形とようすも記録してくることにしました。

さあ、いつものように掛け声で出発です。
010_2
「行くぞー、オッー!」

校門を出ると、さっそく、ジャコウアゲハの蛹を見つけました。
012
校舎の壁にくっついています。殻につつまれた蛹は寒さに強いです。

斜面林の入り口で、探し場所のポイントを伝えました。
016
石の間や裏、木の皮の中、木の根元の落ち葉の中、落ちている竹筒の中など、寒さをよけるところをさがそう。

竹筒の中には、クモが隠れていました。
020

こちらでは、ネズミの巣穴を見つけました。
024

湧水池を探すと、トンボのヤゴがいました。シオカラトンボです。
025
9月に調べた時はいなかったので、その後、トンボが卵を産んで、ヤゴになったことに気づきました。

バッタグループの子が、クビキリギスを捕まえました。
083
成虫越冬です。他に、ツチイナゴもいました。

カマキリグループが、ハラビロカマキリの卵を見つけました。
035
建物に産み付けられていました。ここなら鳥に襲われないのでしょうか。

クモグループが、ジョロウグモの卵のうを見つけました。
041

アリグループが、アリの巣を見つけました。
043
アリは数匹しかいなく、また、ゆっくりと歩き、巣穴から遠くへ行きません。
子どもたちは、しっかり、メモしていました。

アオキの実をたくさん採りました。
048

こちらは図鑑で調べています。
040

トウカエデの幹に、ヨコヅナサシガメが寄り集まっていました。
057

剪定した後の枝が、ヒモで結わかれ、捨てられていました。
058
上からたたくと、カメムシ、ゴミムシ、アリ、たくさんの生きものが落ちてきてビックリ!

石をひっくり返すと、ヤスデがいました。
061

ザリガニチームが、ザリガニの巣穴を見つけました。
063
冬は巣穴に潜り込みます。

紅葉もきれいでした。
065_2

最後は大きな倒木を、みんなで転がしました。
069

すると、たくさんのダンゴムシ。まるで、ダンゴムシ団地!
073
冬のダンゴムシは、丸くなって、じっとしているのに気が付きました。

最後は、まとめの会です。
079

子どもたちから、見つけた生き物と、そのようすが発表されました。
そして、「冬に生き物の動きが悪いのは、寒いからでしょうか?」の質問がありました。

「気温が低く動けないのもありますが、もう一つ理由があります。エサもなくなり、動かないことで体力を浪費しないようにし、春の交尾まで命をつなごうとしています。」

生きものの必死に生きる姿が伝わったのか、子どもたちからは、命のつながりの感想が次々と出てきました。

隊長の私からからのまとめは、
今日見れたクビキリギスなどの成虫は、成虫で越冬すること。
越冬には、卵や幼虫、さなぎ、成虫といろいろな形があることで、何かあっても種の仲間のどれかが生き延びれる、仲間で命をつなぐ工夫があること。
そして、途中で拾ったスズメバチの死体を見てもらい、働きハチのように、自分は直接卵は産まなくても、子どもを育てたり巣をつくったりすることで、命をつないぐ役割を担っているものもいることを伝えました。

082

次は、春の観察です。
はたして、生きものはいのちをつなげたのか。
そして、生き物は、自分も含め、自然界の大きな命のつながりの中に存在することを感じる、
1年の総まとめです!!

« 家づくり、その後 | トップページ | 柿渋ぬり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/58665321

この記事へのトラックバック一覧です: 自然たんけん隊 冬の生き物しらべ:

« 家づくり、その後 | トップページ | 柿渋ぬり »