« ニワトコの杖 | トップページ | かぼちゃの種 »

2013年11月11日 (月)

授業研究

今日は、戸塚南小学校3年生の「ぼくら自然探険隊」の授業に行ってきました。

通常は野外での自然観察が中心で呼ばれますが、
今回は学校の研究授業という事で、
教室内で生きものの考察を行いました。

事前の授業で観察した生きものの写真を、
発見した場所で振り分け、秋から冬への季節の変化の中で、
上から下へと移動するのを発見しました。

生きものにとって、冬越しは、最大の試練。
そのために、土の中や土に近い部分に移動します。

「それでは、なぜ、生きものは、そこまで一生懸命生きるのでしょう」の問いかけに、

「いのちを守るため」
「子孫を残すため」
「自分がお母さんから産まれて大切な命だったように、生き物もお母さんから産まれて大切にのちだから」

みんなで、いのちの流れは、輪であったのを感じました・・・

« ニワトコの杖 | トップページ | かぼちゃの種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/58557593

この記事へのトラックバック一覧です: 授業研究:

« ニワトコの杖 | トップページ | かぼちゃの種 »