« 室内漆喰作業 | トップページ | バッタ選手権の新聞記事 »

2013年11月 5日 (火)

大地に素足をおろす瞬間  

001


今年は、
手のひらサイズの
坊ちゃんかぼちゃが
節ごとに実をつけて、
二株しか植えていないのに、10個以上。
おまけに、こぼれ種で生えてきた
野良かぼちゃも 2個なって、
かぼちゃの当たり年でした^^。

それから、
ブタのお尻みたいな
まん丸い大きなさつまいもも出来ました。
うちの場合、やせた芋しか採れない年だってありますから、
今年は、さつまいもも当たり年でした^^。

それから、
背の高い針葉樹に
ただ巻き付いて伸びている巨峰(ぶどう)の房も、
今までのうちでは一等、鈴なりに身をつけ、
20房以上ぶら下がっています。
今年は初めて、西洋ヤマブドウも桃も鈴なりになりましたから、
ブドウも桃も当たり年でした^^。
酸っぱくて硬かったりしますが、
それも美味しい^^。
002


我が家のなんとなく家庭菜園では、
秋まき野菜が
ほとんど低迷状態で、
伸びが芳しくなく、
たいへん落ち込んでいましたが、

こうして出来たものを並べてみたり思いかえしたりすると、
「あー、そういえば、
今年はこれも初めてこんなに生った、
これもそうだった、、、」
なんて全てが豊作だったような気になってくるから
不思議です。


まったく上達のない家庭菜園でも
それなりに その年の奇蹟はおこるし、
なんといっても
毎朝、土の上を裸足で歩くのは、
どくどくどくどくふつふつふつふつ・・・
と♪
ちょっと言葉にできないような高揚感です!

その高揚感の影響か、
毎朝、地面に素足をおろす瞬間の心境は、
「失礼します・今から行きます」。
素足になるときに、
心も露出してしまうんでしょうか。
大地を偉大なる存在として感じてしまい、
否が応でも
気もちが頭を下げてしまうのです。


日々の暮らしも
こんな調子でいきたいものです^^。
まったく成長のないような硬化していくばかりの毎日でも
それなりに 奇蹟はあるだろうし、
なんといっても、
毎朝、人間やって息してるだけで
はふはふはふはふはふ・・・・
と笑えてきちゃう♪
みたいな^^。

大地に巣足をおろす瞬間のように、
たとえば、
体に 心がはいる瞬間を
毎朝、起きしなに感じたりすれば、
そーいう息してるだけで、
とてつもない高揚感に包まれることも
あり得るかも^^。

« 室内漆喰作業 | トップページ | バッタ選手権の新聞記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/58521113

この記事へのトラックバック一覧です: 大地に素足をおろす瞬間  :

« 室内漆喰作業 | トップページ | バッタ選手権の新聞記事 »