« ペーパークラフトで種の模型づくり | トップページ | 小さなしめ飾りづくりとお餅つき »

2013年12月27日 (金)

門松づくり

今日は、あすぱるにの手作りの会にて、子供たちと一緒に、
門松づくりを教わりました。

033_4
ベー助とベー子の作品です。。

帰ってきてから、日曜日に安行小エコクラブで教える、
小さなしめ飾りを作ってみました。
023_2

門松は、門に飾り、歳神様を待つ(松)目印となり、

しめ飾りは、玄関に飾り、禍を締め出し清らかな場所とし、

鏡餅は、神棚や床の間に飾り、神さまの宿る場所となります。

昔、厳しい自然の中での暮らしは、自然を大切にし、自然と寄り添い、
そして自然の中に神さまを感じていました。

熊本のひいおじいちゃんは、山に入るときに、「あん」と言って、
手を合わせていたそうです。
言葉は「あ」ではじまって、「ん」で終わり、
すべての感謝を「あん」で表したのではないかと、おじいちゃんが言っていました。

ここ数年、人間の文明の力を超える、大きな自然災害があり、
現代の私たちも、もう一度自然の中に、
忘れ去られてしまった神さまを感じる
新たな知恵が必要になっているように思えます。

「もののけ姫」もそんなテーマだったのでしょうか。

« ペーパークラフトで種の模型づくり | トップページ | 小さなしめ飾りづくりとお餅つき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/58830552

この記事へのトラックバック一覧です: 門松づくり:

« ペーパークラフトで種の模型づくり | トップページ | 小さなしめ飾りづくりとお餅つき »