« 門松づくり | トップページ | ゆく年くる年 »

2013年12月29日 (日)

小さなしめ飾りづくりとお餅つき

今日は、安行小学校エコクラブの活動に行ってきました。

参加した子供は30人くらい、親御さんが30名くらいのにぎやかな会になりました。

今回は、私とベー子二人で教えたので、写真が撮れませんでした・・・

まずは、子どもたちが作ったイネから、脱穀・籾すりをしました。

脱穀は、イネからお米をはずすこと。
籾すりは、お米から籾殻をはずすこと。

そして、自分の作業したわらを使い、しめ飾りづくりにチャレンジしました。

出来上がった作品を紹介します。

011


015


016


018
ジュロの小さな葉がツルに見えます!


その後、みんなで、お餅つきをしました。

学校用に、鏡餅も作りました。

先日のあすぱるで作った門松も持参して、
これで、門松、しめ飾り、鏡餅と、お正月の神さまをお迎えする準備が整いました・・・


一連の作業を通じて、日本人である私たちの心の中にある、
お米文化のつながりを感じてくれたかなあ。

最後のまとめで、鏡餅は神さまが宿るところと説明すると、子どもから「それ食べちゃうじゃん」の声。

鏡割りをして食べることで神さまの魂をとり入れる、と考えたとお話しました。

確かに、鏡餅はたくさんのお米からできていて、その小さな一粒一粒は生きていています。
私たちは食べることで、小さなたくさんの命を引き継いでいるのですね。
一粒の小さなお米、そこにも神さまが宿っていると思えてきます。

安行小学校エコクラブのページに、活動が掲載されました。

こちらから → 活動紹介

« 門松づくり | トップページ | ゆく年くる年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/58843167

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなしめ飾りづくりとお餅つき:

« 門松づくり | トップページ | ゆく年くる年 »