« クズの蔓のカゴ編み | トップページ | 昔遊び(伝承遊び)の出前授業 »

2014年1月25日 (土)

森の泣き声

安行原自然公園、通称・平岡山に行きました。

そこで、大木の幹に傷がつけてあるのに気づきました。

カブトムシを捕まえるために、幹に傷をつけ、樹液を出させるためです。
しかし、よくよく見ると、他の木にもいたるところ、同じ高さのところに傷がつけてあります。

今まで、大変不思議に思っていたのですが、平岡山の木は、大人の胸ぐらいの高さのところが
大きくコブ状に膨らみ、ひどい所は、えぐれて、中の心材が腐っています。
樹はこの心材の腐れ(木材腐朽菌)で寿命を縮めてしまうのです。
012

よく、クリの木などは、幹の胴枯れ病にかかるので、
ここの木も病気なのか、はたまた、公園にする際の工事の傷なのか、わからずにいました。

原因は、毎年毎年同じ高さのところに、ぐるっと傷をつけられるので、
それを修復するために、樹皮が盛り上がり、コブ状になったのです。
おそらく、10年以上は毎年毎年繰り返していると思います。
台風が来れば、ここから、折れてしまいます。

007
手前が新しい傷。奥がコブ状になった樹。


001
カブトムシの来ない、イヌシデまで傷つけられています。
幹では樹種が分からなかったのでしょう。

平岡山の樹は、樹勢が無く、それは樹が老齢化したためと思っていましたが、
原因は人為的なものでした。
ほどほどに森に関わり遊ぶのは、とても楽しいことですが、
行き過ぎは、森自身の寿命をちぢめてしまい、
近い将来には自分の楽しみさえも無くしてしまいます。

わたしたちは、
つい自分の楽しみや仕事に夢中になってしまい、
森全体のことが見えなくなってしまうことがあります。
そんな時こそ、
森の中で、ただ耳を澄まし、木々の声を感じる必要があるのかもしれません。
私たち人間は、そうした感性を持っていると思うのです。

« クズの蔓のカゴ編み | トップページ | 昔遊び(伝承遊び)の出前授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59008543

この記事へのトラックバック一覧です: 森の泣き声:

« クズの蔓のカゴ編み | トップページ | 昔遊び(伝承遊び)の出前授業 »