« 昔遊び(伝承遊び)の出前授業 | トップページ | 「ひとりであること」 »

2014年1月30日 (木)

シンクロニシティ

今日、綾瀬川を愛する会の幾島さん宅のポストへ書類を取りに行ったら、
風で飛んだのか見つからず、声をかけると、幾島さんは電話中でした。

雑誌社から、綾瀬の森の取材依頼の電話だったようで、
そのまま私に代わり、森の昆虫のお話しと綾瀬の森での取材日を決めました。

本当にちょうどで偶然ですね、、と話をすると、
こうした偶然がたびたびあると話していました。

先日も、綾瀬の森近くの公園に、トイレ設置の要望書を出した時、
翌日、岡村市長が決済のハンコウを押してくださり、
その翌日にお亡くなりになったとのことで、
私たちの活動を理解していただいていた市長に感謝していました。

幾島さん曰く、「綾瀬川の活動は神さまに守られているの」
ほんとうにそんな気がしてくる、お話しでした。

シンクロニシティ(共時性)と言う言葉が思い浮かびました・・・

« 昔遊び(伝承遊び)の出前授業 | トップページ | 「ひとりであること」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59039723

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロニシティ:

« 昔遊び(伝承遊び)の出前授業 | トップページ | 「ひとりであること」 »