« 節分 | トップページ | 鬼が来た!! »

2014年2月 4日 (火)

ムクロジ物語

今日は、戸塚綾瀬小学校1年生の生活科の授業で、「ムクロジ物語」のお話をしてきました。

「ムクロジ物語」は綾瀬川の改修工事で伐採されたムクロジの木が、
よみがえり、戸塚綾瀬小学校の校門横に植えられるまでのお話しです。


まずは紙芝居から始まります。
「これは本当にあったお話しです・・・」
004
この紙芝居は鈴木さんが描いたもの。
まだ、再生したムクロジのもらい先が見つからない頃、学校やグループを回って、
「紙芝居+私の木のお話し」をし、もらい先を探しました・・・

012
子供たちにいろいろな質問をしながら、木の不思議を伝えていきます。
ますは葉っぱの笛。

015
ムクロジの実も笛になります! 「エ~」の驚きの声。

そして実を割ってムクロジの種を取りだます。

この種で作ったのが、羽根つきの追い羽根。
手づくりの追い羽根を見せました。

そして数え歌を覚えてもらったら、
020
先生に羽根つきしてもらい、子供たちは数え歌で応援しました!

そして、次は、先ほどの実の皮を使い、石けんの実験。

021
水の入ったビンに皮を入れます。

023
元気よく、シェイクします!

025
さらにストローでぶくぶくします。

027
泡がビンから吹き出ました!

最後のまとめ

深呼吸して。今吸ったのは何? 「空気」
空気は何がつくっている?  「植物」

植物は、遊びにも、生活にも、そして人間の命も守ってくれます。

さらに、続きます。

028
落ち葉が、1枚、2枚と落ちます・・・さて、これはゴミでしょうか?

「ちがうー、虫が食べる」  

029
こんなのがいるよ。カブトムシの幼虫です。


032
見てもらいたいのは、こちら。幼虫のうんち。ほら、土になっているよ。・・・つぶしました。。
これが、また、植物の栄養になります。
自然の中にはいらないものはなくて、すべて、つながって生きているんだね。

はじめうんちと聞いて、しかめっつらをした女の子の表情が、
またうんちと言っても柔らかくなりました。
命のつながりを感じてくれたのでしょう。

さてさて、それでは、この幼虫のうんち。
1匹の幼虫が成虫になるまでのものを、全部つなげるとどのくらいの長さになるでしょう??

034
ロープで表し、先生に引っ張ってもらいました。

036
まだ、まだ・・・


038
まだ、まだ、まだ・・・


041
なんと、その長さ、47メートルです!!

子供たちからは、驚きの歓声があがりました。

自然の力ってスゴイですね。

以上で、授業は終了です。


« 節分 | トップページ | 鬼が来た!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59072223

この記事へのトラックバック一覧です: ムクロジ物語:

« 節分 | トップページ | 鬼が来た!! »