« フキ味噌 | トップページ | おひなさま »

2014年3月 1日 (土)

アカガエルのたまごしらべ

今日は児童センターあすぱるでの自然観察会を行いました。

ちょうど2日前の夜に降った暖かな雨で、斜面林でもアカガエルが産卵し、
本日の活動内容は、アカガエルのたまごしらべにしました。

毎年繰り返す調査は、生き物変化や斜面林の大切さを伝えるうえで、
とても大切な活動です。
冷たい小雨が降る日でしたが、生き物好きの子供たちが集まりました。

鈴木さんのアカガエルの紙芝居を見て、子供たちで作ったアカガエルの歌をうたいました。
003

学校ビオトープ、斜面林の水路へ出発!
卵塊の数を数えました。

012
学校ビオトープでは卵塊が1個ありました!

020
交尾中のアカガルもいました。雌のお腹は真っ赤でした!

026
斜面林の水路。斜面林では、合計34個ありました。

昨年は、3月16日の調査で、50個ありましたから、
これから、さらに産卵数も増えるでしょう。

そして今回、初めて、1個の卵塊のタマゴの数をみんなでかぞえてみました。
図鑑には、500~3000個とありますが、本当なのでしょうか?

032
この卵塊、何個の卵の塊だと思いますか?

036
卵塊を小分けにして、みんなで数えました。

子供も大人も、何度も繰り返し数が積み重なっていくと、熱中してきました。

059
その数、なんと、2,965個!!

今日見つけた卵の個数をみんなで計算しました。
ひとかたまり平均2000個として、2000個 × 35塊 = 70,000個 !!

戸塚地区の人口が6万人という事なので、それを上回ってしまいました。

数をかぞえさせてもらった卵は、屋上のビオトープに放しました。

057
屋上ビオトープの放流は、2年目です。
来春は、ここでも、産卵の可能性があります。

寒い中でのアカガエルの産卵は、生き物の力強さを感じます。
子供たちが熱中して観察している姿を見ると、
何か、共振しあっているものを感じます。
小さなアカガエルですが、大切なことを伝えてくれます・・・


« フキ味噌 | トップページ | おひなさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59220841

この記事へのトラックバック一覧です: アカガエルのたまごしらべ:

« フキ味噌 | トップページ | おひなさま »