« 元荒川へ | トップページ | 「フキの葉と 筍の 唐辛子炒め」 »

2014年4月21日 (月)

よもぎご飯

以前は、
それほど美味しいと思わなかったものが、
突然、おいしく感じるときって
大人になってからでも あるのでしょうか?

たとえば、
小さいころは食べなかった
ノビルの酢味噌あえ、なんて、
今は、そんなに滅多にすすんで食べなくとも
食べれば美味しい^^。

051
(子供が、玄米や胚芽米はNoGoodとなり、銀しゃりです^^)
この、よもぎご飯も 数年前までは
確かに、「おいし~~♡」なんて
おもわなかったのに、


よもぎ団子を作った余りをのせてみたら、
「脱帽、負けました、完敗です、、、」
というくらい
体にぴたっと来ました。

ゆでて、刻んで、すりつぶしたヨモギを
あったかご飯にのっけて、
お塩をふりかけただけ。

写真では上品に少な目ですが、
ヨモギのかたまりを
ボンっと
混ぜこまずに真ん中において、
くずしながら食べていくのが、
なんとも美味しい。。。。。
前は、ぼそぼそとして味気なかったヨモギの筋っぽさが、
しっとりとした苦みをともなって、、、

決して野菜や肉からは得られない力強い歯ごたえ、
しかも余分な脂分のない歯ごたえが、
「ヨモギでしょう、あなたヨモギでしょう、あんたじゃなきゃこの歯ごたえは出せない」
と、うなってしまう感じ^^

『あーうまかった』
女房は けたけた笑って、
かみを きちんと もとどおりに ゆったそうだ。
という「くわずにょうぼう」(福音館)赤羽末吉画の
名文が思わず、口をついて出てきます。
もっとも、にょうぼう(おにばば)は、
「よもぎが はえたところにくると
どくがあって おっかねえ
と まわりみちしていく」んですが^^


 
若い頃、中国で食べた「よもぎラーメン」は、
最後まで 食べることができず
吐きそうになりましたが、
もしかしたら、
今なら
食べられるかも・・・^^


« 元荒川へ | トップページ | 「フキの葉と 筍の 唐辛子炒め」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59508078

この記事へのトラックバック一覧です: よもぎご飯:

« 元荒川へ | トップページ | 「フキの葉と 筍の 唐辛子炒め」 »