« 遊漁承認証 | トップページ | 元荒川へ »

2014年4月19日 (土)

オタマジャクシ救出作戦

4月に入り晴天が続き、記録的な乾燥となっています。
この時期は、本来なら、なたね梅雨といって、雨の日が続くのですが・・・

戸塚南小学校、戸塚南小あすぱるエコクラブの取り組みで再生したアカガエル。
そのオタマジャクシが暮らす戸塚下台公園の水路の水が干上がりそうでピンチになりました!

そこで、仲間たちに声をかけて、「オタマジャクシ救出作戦」を行いました!

001
水が少なくなった池

005
取り残されたオタマジャクシ

上流に掘った井戸の手押しのポンプで下流まで水を流すのは、1日かけても無理な量でした。

そこで、小学校から雨水の水をもらい、長いホースを使い水路まで水を引きました。

008
届きました!

014
順調に水が溜まっていきます。ひと安心。

次に長い水路の途中に取り残されたオタマジャクシを救出します!

019
網ですくって、バケツに移します。

034
バケツで運んで、


035
水の溜まった池に放します。

049
水の中には、シオカラトンボのヤゴもいました。

041
池の水も溜まって、元気に泳いでいます。
黒いのがヒキガエル、色の薄いのがアカガエルのオタマジャクシです。

036
作業を終えてみんなで池をのぞいていると、

043
大きな雌のヒキガエルがいました!
「子どもたちの命を救ってくれてありがとう!」
そういってくれたかのように、
ヒキガエルは斜面の木々の中に帰って行きました。

これからも、みんなで力を合わせて、
命のつながりを守っていきましょう!


« 遊漁承認証 | トップページ | 元荒川へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59496857

この記事へのトラックバック一覧です: オタマジャクシ救出作戦:

« 遊漁承認証 | トップページ | 元荒川へ »