« われら自然たんけんたい・夏編 | トップページ | いのちの色、草木染めを体験しよう!  »

2014年7月15日 (火)

出前遠足「草花あそび」と  『もりのお姫さま』のお話

今日は、
幼稚園からお招きを受けて、
草加公園をお散歩しました。

「草花あそび」をしながら公園をお散歩する企画です、
ということは、これは、
園児向け自然観察会ですね^^
幼稚園に呼ばれたのは初めてで
ちょっとドキドキでしたが、
終わってみると
夢のような企画でしたッ

ちいさな子供たちは、
セミの幼虫が出てきた穴や
ダンゴムシの倒木マンションや
匂いのする葉っぱ(カツラや クスノキ)など
ひとつひとつに新鮮な出会いをしてくれます。

モグラの穴を見つけた場所で、
子どもがふと言いました、
「(いきものが)たくさんだねっ」

整備され下草も生えていない木立の一角でしたが、
そんな感想がもれることに
生き物の存在を届ける側の自分のほうが、
ぐらッと揺り動かされる思いがしました♡


002
『むかし、あるところに お花の好きなやさしい女の子がいました。
女の子は、いきものが大好きでしたので、
森の王子さまから、パーティの招待状がとどきました。

けれども、森には おそろしい魔女が すんでいましたッ!

女の子は、こわくてこわくてたまりません。
どうしようと ふるえていると、
そのとき森のおくから、ちいさな声がきこえてきました。

「だいじょうぶ、森のお花が あなたを守ってくれますよ」
それは、もりの神さまからの声でした』

そんな べー助くんの ライブな即興巣話で、
「草花あそび」遠足は はじまります^^

その後、お話の中には、
広場に咲いている
カタバミやサクラの葉や シロツメクサの花が
次々に登場します♪

『女の子が 森のなかへと入っていくと、
「このさきへ いきたいなら、金貨をさしだせ」
と おそろしい魔女があらわれました。

でも、だいじょうぶ。
そのとき、
「ハートのはっぱを さがしなさい」
と もりの神さまの声がきこえました。

女の子は、ハートの葉っぱ(カタバミ)をさがして、
持っていた10円玉をこすりました(べーすけくん、かたばみを探してきて、せっせと磨く)。
すると、10円玉はピカピカにかがやき、
そのまぶしさに魔女は目がくらみ、逃げていきました。

またどんどん森のなかへ入っていくと、
こんどは、
「おまえを食べてしまうぞ」と 
オオカミがとびだしました。

でも、だいじょうぶ。
「まるい葉っぱをさがしなさい」
と、あの声がきこえました。
女の子は、
丸いはっぱ(クズ、サクラもOK)をパンッと鳴らして、
オオカミを驚かせました。
オオカミは鉄砲の音だと思って、
びっくりして逃げていきました。

女の子は、ほっとしました。
ところが、気がついてみると、
いつのまにか着ている服がボロボロになっています。
これでは、とてもパーティには行けません。
女の子は かなしくて しくしく泣き出しました。

・・・・でも、だいじょうぶ。
ほら、あの声がきこえてきました。
「そこに生えている白い花で かざりなさい」

女の子は、足元にはえていたシロツメクサの花をつんで
くるくるっと指にまいて
指輪にしました。
すると、あら不思議、女の子はきらきらと輝くお姫さまになりました。

お姫さまは、もりのパーティへ出かけていきました♪』

さて、お話をきいた後、
子供たちは、
そこに生えていたシロツメクサを摘んで、
それぞれ指輪をつくり、
公園散歩に出発しましたッ!

016
『シロツメクサの指輪』
子供の手は、ふんわりやわらかくて、
本当にお姫さまのよう♪

015
『トチの葉のお面』
葉っぱは、「いちまい もらいますよ」と、やさしくいただくように気をつけていますが、
さらに公園にも許可をとっていただきました。

020
『葉っぱのぞうり』
このゾウリを作ってもらった男の子は、
ずっと これをたいせつに 持って歩きました^^。

028
『ミズキの葉の ぶらぶら』
これを手にした女の子は、
「あ、ココが ねばねばしてる!
それで、くっついてる!」
と、ミズキの葉の特性をみずから発見しましたッ。

ふとした子供の一言には、
その子特有の着眼点があり、
その子の性格の方向性をさし示しているかのようで、
とても神秘的に感じる一瞬です!

030


022


024
『たからばこ』
ただの虫かごも 子供たちの手にかかると、
宝箱ですね^^
ふだんは ただ朽ちていく草木も
宝物になっています^^

趣味や勉強の対象物として採取したものではないので、
かえって、その無心な採集が、
純粋な手に触れられて、
「たからもの」に見えるんでしょうか・・・
1405398348475
『トンボしょうねん』(福音館書店)
ベースケくんの大好きな本を読みながら、
お散歩ゴール地点で、
しずかなひとときをむかえます。

038
それから、
みんな「とんぼ」になって、両手をひろげて、
向こうの大ケヤキまで飛びました^^。
帰りは、
「ちょうちょ」になって、
戻ってきました。

047_2
『お姫さまは、ぶじ、もりのパーティへ行くことができました。
そのあと、王子さまとお姫さまは、
森で結婚式をあげました。

結婚式では、馬車にのったそうですよ。
そのしょうこに、馬のいななきが聞こえてきました。

ひひ~~~~ん、ブルブルブルブブル・・・・』

ベースケくんが、
葉っぱ笛で 馬のいななきをあげました。
思わず、子供たち、
「もーいっかい、やってッ♪」
動画にとりたいほど、かんぺきに
堂々とした馬のいななきでした♡

おーしーまいまいまいまいまい・・・・・

« われら自然たんけんたい・夏編 | トップページ | いのちの色、草木染めを体験しよう!  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/59989211

この記事へのトラックバック一覧です: 出前遠足「草花あそび」と  『もりのお姫さま』のお話:

« われら自然たんけんたい・夏編 | トップページ | いのちの色、草木染めを体験しよう!  »