« 日本のお金の行きつく先は? | トップページ | ブンちゃんの大冒険・・・小旅行編 »

2014年8月23日 (土)

巨樹めぐり④


019

寄りそって生えている木もよいですが、
こうして
広い場所に
一本だけ生えている木も
独特的(←息子辞典の造語)、
ですね~。


空間にただよう
無限のエネルギーを
いつも呼吸しているような
たたずまいです。

見ているこっちまで
のびのびと
開放的になってしまいます♪

しかも
この木は、
みずから
「木登りをしてください」
と言わんばかりの
手のこんだ枝振り。。。
いったい自然樹形なんでしょうか?

ヤマモモは、直幹のイメージでしたが、
場所によって樹型も変わるのでしょうか?
それとも 
誰かが枝を引いたんでしょうか?
あるいは、
地面の下の土の影響でしょうか?
ナゾが尽きません^^

ほら、
024

ほら、
020


ほらね、どこからみても♡
022

「庭にこのまま移植したいなぁ・・・」
植物を見慣れているはずのべー助くんも
思わずつぶやきました^^。

この木は、
さいたま市 大崎公園の芝生広場に生えている
ヤマモモの木です。

子供たちも小さいころ、
よくここへ来て、
この木に抱っこしてもらいました♡

034
ヤマモモ(山桃)の葉です。
雌雄異株で、
雌木には、赤い実がなります。

小さいころ、
桃をイメージして口に含み、
甘酸っぱい硬さにがっかりした記憶がありますが、
それも懐かしいほろ苦い思い出です。
また今一度、食べてみたいです。


『よく働く者は、
早くから仕事に出かけます。
働きたくない者は、
ゆっりとでかけます。
ここでは、
働かない者をわるく言ったり、
追いだすことはありません。
よく働く者が、ほかの者を助けます。』

      「人間が好き アマゾン先住民からの伝言」福音館書店

今日は、この木の下で
ねっころがって
ずっとずっと空をみていたいなぁ
そんな気にさせる木です^^


« 日本のお金の行きつく先は? | トップページ | ブンちゃんの大冒険・・・小旅行編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/60195468

この記事へのトラックバック一覧です: 巨樹めぐり④:

« 日本のお金の行きつく先は? | トップページ | ブンちゃんの大冒険・・・小旅行編 »