« ブンちゃんの大冒険・・・小旅行編 | トップページ | 綾瀬川の川下り »

2014年8月25日 (月)

ヒンキのまな板

002

今、お風呂のフタとして使っている
ヒバ(ヒノキアスナロ)板は、
水に強いせいか、
まな板としても重宝して、
長く使いましたが、

くすんできて
とうとう畑の看板に変身しました^^。

次に使ったまな板は、
桐(キリ)の集成材で、
キリなので、さすがに軽くて、
使いやすかったのですが、
数か月もしないうちに
集成のつなぎ目から
ポッキリ割れてしまいました。

割れたままでも
使えたのですが、
カビもすぐ生えたので、

新しいまな板を
べーすけくんが
せっせとネットで探して購入してくれました^^。

自分としては、
なんにでも順応できるので、
どんなまな板であろうが
一向に構わないと思っていたのですが、

箱をあけたら
ラッピングの薄紙と帯と本体の調和が、
あまりに美しかったので
(うまく撮れていませんが)
記念写真をとりました♡
四国産のヒノキ(檜)のまな板です^^
     四国加工(株)

まな板ひとつとっても
イチョウにキリにヒバ・ヒノキ
いろんな木が登場するのですね。

001
<ヒノキの球果>
わが家では、ヒノキのサッカーボールの愛称でよび、
お山のお散歩では、子供たちのお馴染みです^^

「ねえ、ヒノキって どんな木?」
『湿気につよくて、家の土台に使われる木だよ』

「ふ~ん、お風呂のフタにしてるヒバもさ、
いつもベチャベチャ水に濡れてるのに、
ぜんぜんカビ生えないよね、
湿気につよいんだね~なんでかね~?」
『うーん、特徴としては、
同じ建築材の杉と比べると、
ひとつは、成長がゆっくりで材の密度がたかいよね、だから重い。
あと、香りがいいね~。
それから、脂分を含んでるよね』

「あー、そっか
油分を含んでて、
水をはじくんだねッ!」
015_2
たしかに
無添加・無塗装とは思えない艶と密度があります。
もちろん香りもいいです♡
でも、木の香りが苦手な娘も
食材を食べられるので
食品には木の香りは移らないようです^^。

ヒバも ヒノキ(檜)も
火葉であり、火の木でもあり、
火おこしや松明に使われたそうです。
たき火をすると、
確かに火葉や火の木だけあり、
パチパチとよく燃えます。
脂分を含んでるんですね~。

抗菌・防虫・防腐効果など。

« ブンちゃんの大冒険・・・小旅行編 | トップページ | 綾瀬川の川下り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/60207674

この記事へのトラックバック一覧です: ヒンキのまな板:

« ブンちゃんの大冒険・・・小旅行編 | トップページ | 綾瀬川の川下り »