« 斜面林の自然を守るポスター発表会 | トップページ | 「いつか日本一の綾瀬川に」埼玉新聞 »

2014年12月20日 (土)

綾瀬の森を元気にしよう!2014

天気は午後から雨予報でしたが、
寒い日ほどたき火が楽しい・・・ということで、本日、綾瀬の森の活動を行いました。

参加者は、コロボックルくらぶを中心に、小学生、幼児さん、おとうさん、お母さん、高校生、大学生、おじいちゃん、おばあちゃんと、
多種多様な94名の参加者でした!

今日の活動は、3つです。

 1.木の剪定枝を使いたき火で焼いも・・・里山体験

 2.ヤナギ林の整備・・・コムラサキ保護プロジェクト

 3.落ち葉のプールをつくり・・・越冬幼虫の体験

遊びの中に、自然体験と自然保護を織り込んでいます!

☆今年もお芋の一部は、「おとうさんのヤキイモタイム」さんに協賛いただきました!

☆コムラサキ保護プロジェクトは埼玉県の「都市(まち)の生物多様性保全活動」に認定されています。

集合あいさつの後、まずは、大エノキの下で落ち葉の下にいるチョウの幼虫を探しました。

Resize_000015294727
いるかな?


Resize_000015294732
ゴマダラチョウの幼虫がいました。寒さをよけて、落ち葉の布団の中にいました。
私たちも落ち葉を集めて、越冬体験しますよ。

次に、たき火の活動です。
Resize_034
火の着け方を教わりました。

Resize_027
小枝の組み方。火のおうち。


Resize_028
マッチの付け方と、火の仕組み。

2チームに分けて、ドラム缶台に火をつけます。
渡されたマッチは、10本のみ、火がつかなかったら焼いもが食べれれないルール!
子供たちは真剣です。

Resize_042
小枝を集めて、火のおうちを作ります。

Resize_000015294747
火のおうち・・・うまくできました!

Resize_046
初めてのマッチ体験

Resize_052
真剣です

Resize_097
火が着きました!


火が着いたら、それぞれ好きな活動に移ります。

<たき火チーム>


Img_7349
たき火の好きな子は、どんどん枝を入れて、おき火をたくさん作ります。

<落ち葉のプールチーム>

Resize_img_7351_2
ブルーシートにたくさんの落ち葉を集めます。

Resize_083
カゴに入れて運びます。

Resize_180
こちらは、落ち葉のお風呂

Resize_img_7372
お風呂、大人気!

Resize_113
落ち葉ってあたたかいね~おふとんなんだね。

Resize_192
落ち葉合戦


<ヤナギ林整備チーム>

Resize_000015294760
ヤナギは、準絶滅危惧種のコムラサキの幼虫の食草であり、成虫の蜜源です。
綾瀬の森の中のヤナギはカブトムシ獲りの人に根元が踏まれて樹勢が落ち、ピンチ!
そこで綾瀬の森のはずれにあるヤナギ林をあらたに守り、コムラサキの生息も守るプロジェクトです!

Resize_124
折れてしまった枝、飛び出した枝をノコギリで剪定します。

Resize_151
お父さんに鎌の使い方を教わって、草刈りです。

Resize_135
竹をナタで割って、

Resize_img_7358_2
ドリルで穴をあけ、名札づくり

Resize_144
アカメヤナギです。


Resize_148
名札付け。保護している木であることを、人に伝え、木を守ります。

Resize_000015294774
ヤナギ林整備チーム、記念撮影。がんばりました~
この続きは、来年2月に行います。

作業が終わって、お芋の投入です。

Resize_165
たくさんのおき火が出来ています。火ばさみを使ってお芋を入れます。

Resize_img_7366


お芋が焼ける前に、終わりの会をしました。

今日の、参加者の紹介です。

Resize_199
本日参加してくれた、越谷総合技術高校の皆さん。
大きな剪定枝を細かく切って、「虫の家」に積み上げてくれました。

Resize_201
綾瀬川を愛する会の皆さん。綾瀬の森の産みの親です。
いつも土手のゴミ拾いをしてくださっています。


子供たちの感想。
Resize_000015294809
小さな子が感想を言ってくれました。

Resize_000015294812
「ノコギリで木を切りました」 記念に柳の枝を持っていくそうです。」

Resize_205
「おちばたのしかった・・・」


最後に、「綾瀬の森」に、みんなでお礼を言いました。
Resize_000015294816
「ありがとうございました!」

いよいよ焼いもを食べて終了です。

Resize_217


Resize_218


かつての人の暮らしは里山と密接にかかわっていました。
山から薪をもらい、あるいは、落ち葉で腐葉土をつくり、その事が森の整備につながり、
森も人も元気になっていました。
今回の活動は、その里山的暮らしを少し体験してみました。
現代人は森とのかかわりが無くなってしまいましたが、
子供たちの自然体験など、新しい森と人の関わりを築き上げていくことが大切だと思います。

« 斜面林の自然を守るポスター発表会 | トップページ | 「いつか日本一の綾瀬川に」埼玉新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/60850377

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬の森を元気にしよう!2014:

« 斜面林の自然を守るポスター発表会 | トップページ | 「いつか日本一の綾瀬川に」埼玉新聞 »