« ロゼット体験 | トップページ | 「親なるもの家出を一度はしておくべき」 »

2015年1月19日 (月)

「われら自然たんけんたい」新聞掲載

1月17日付け埼玉新聞に、
戸塚南小3年生の総合学習での取り組みが掲載されました。

Ccf20150119_00001_2

後日談ですが、
新聞の取材を子供たちは心待ちにしていました。
「埼玉県中に私たちの気持ちが伝わる!」

ところが、授業当日記者さんは別の取材で遅れ、
授業の最後の最後、まとめの会が終わりバンザイで締めた後に登場した記者さん。
なんというタイミングか、子供たちは、まるでヒーローが登場したようなお迎えでした。

記者の方は、いつもは気さくで良くしゃべる方なのですが、
何か神妙で無口です。どうしたのかな?と思っていましたが、
実は感動していたのです・・・
返信のメールが届きましたので、紹介させていただきます。

「メールありがとうございます。
あの日、先生や子どもたちが
日陰で足踏みしたり
万歳をしながら待っていてくれた
そして、私の姿を見て、
子どもたちが「埼玉新聞が来た」と歓声を上げた、
というお話を本社のデスクたちに報告しました。
胸の奥が熱くなるお話として
ぼくらの励みになる話として
デスクたちと共有したかったからです。」

子供たちはこのポスターで人の気持ちが変わるかな・・・
と心配していたようですが、
子供たちの素直な気持ちが、人の心を動かすのですね。

子供たちの発表に感動し、
子供たちの感想文に感動し、
記者さんのメールでまた感動してしまいました。

1
2


« ロゼット体験 | トップページ | 「親なるもの家出を一度はしておくべき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/61004345

この記事へのトラックバック一覧です: 「われら自然たんけんたい」新聞掲載:

« ロゼット体験 | トップページ | 「親なるもの家出を一度はしておくべき」 »