« ウコッコちゃん、ありがとう。 | トップページ | 「のらのら2015春号」発売です »

2015年2月 4日 (水)

「春をよぶ鬼のくに」

立春です。
子どもたちは、朝来てすぐ、
昨日なくなったウコッコちゃんに
お線香をあげてくれました。
009_2

まだ雪が残っていて
朝のおはなし会に、
オラフ登場!
039_2

子どもたちは全員「アナと雪の女王」が大好きです^^

この後、オラフの頭が転がり、
「あーあたまが とんでっちゃったよぉ~~~~!」
とベースケが思わず叫ぶと、
ムッツリしていた子も
思わずキキキッと笑いだしました^^。

063_2


さあ、今日は、卒園製作、がんばってますよぉ。
3年間来てくれたお友達もいます。
もう来年、いえ、2か月後には小学生だなんて
信じられませんッ!
織り機に経糸をかけています^^
083_2

お~~~、ちゃんと引くときに力を入れています。
椅子づくりです!
ノコギリは力があれば引けるというものではなくて、
こんな小さな子供でも力の入れ具合で
こんな太枝も切ることが出来るんですね(涙)
088_2


おや、こちらは豆まきの豆をいれる「さんぼう」を
折り紙で作ってくれています。
ムヅカシイ折り方なのに、
この後もどんどん作ってくれました^^

116_2


と思ったら、
小鬼さんが登場!

あー、鬼でも子供だったら、
きっとこんなにかわいいんでしょう♪

すでに、この子鬼に追いかけられて、
泣いた子もいます^^
129_2


なのに、
さらに大鬼も出てきて、
もっと大泣き^^。

けれども大鬼が、
「春を呼ぶ鬼うちわ」を1本づつプレゼントしてくれて、
「♪鬼のパンツ」を一緒に踊ったら、

おメメがキラキラに輝き、
もうどうしようもないくらい楽しいお顔になりました♡

今年、初めてのことですが、
鬼が帰っていった後も
無言でずっと
鬼うちわをあおぎ続けていた子供たちです。
ながい余韻でした^^

144_2


そうして最後は、
「夢の国でんしゃ」に乗って、
鬼の国へいきました。

でも今日は、
こわい鬼をやっつけに行くお話しではなくて、
鬼をたすけに行くお話しでした。

昔あるところに、ちいさな村がありました。
村のひとたちは、「さむいさむい」とないていました。
それを聞いた小人たちは、
ふくろう博士のにところへ相談にいきました。
「春をよぶ鬼が
森のおくに閉じ込められているから、
春がこないのだ。
しかし、その森は、人間が入れない。
どうぶつに へんしんして いきなさい」
とふくろう博士が言いました。
そこで、小人たちは、
それぞれ好きな動物になりました。
(何がいい? と聞くと・・・)
ハムスター
ワシ、
ウサギ、
竜、
ライオン
になりました。
 
(行く手には次々に難関が出てきます。
すべて今、聞いた子供たちの動物に合わせて、
山場をつくり、乗り越えていかなければいけないので、
聞いている子供たちも
私も
話しているベー助まで
汗をかくほど緊張感にあふれています^^)
ハムスタは、小さい穴を通り抜け、
ワシは、針山を飛び越え、
ウサギは、がつがつワニをぴょんぴょんまいて、
竜は、大きな川を泳いでわたり、
ライオンは、恐竜とたたかいました。

(さらに、その都度、その動物になって跳ねたり飛んだりするので
とことん冒険した気分です^^)

そうして鬼をたすけだすと
鬼は、「春をよぶ鬼おうちわ」をくれました。
こびとさんたちが、鬼うちわを
パタパタあおぐと、
村に春がやってきました♡

もちろん、最後は「夢の国でんしゃ」にのって帰ってきましたよ。

おーしーまいまいまいまいまい・・・・


« ウコッコちゃん、ありがとう。 | トップページ | 「のらのら2015春号」発売です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/61089781

この記事へのトラックバック一覧です: 「春をよぶ鬼のくに」:

« ウコッコちゃん、ありがとう。 | トップページ | 「のらのら2015春号」発売です »