« 来年度の小人さん | トップページ | ムクロジのお話し »

2015年3月 8日 (日)

自然観察会・アカガエルの卵調査

本日は児童センターあすぱるでの自然観察会。

斜面林に自生したニホンアカガエルの卵調査を行いました。

まずは、アカガエル自生までのいきさつをお話しにした紙芝居。
Resize_002

それから、今までの調査の結果を報告
Resize_019
アカガエルプロジェクトのはじまりは2010年4月でした。
自生に見事に成功し、昨年、一昨年と50卵塊の産卵数となっています。


こちらは生態系ピラミッド
Resize_020
しかし、たくさんのアカガエルが自生しましたが、
もっと自然を豊かにするためには、上位の生き物を呼び込む必要があります。
ひとつの生き物があまりにも多く発生するのは異常なこと、バランスの良い自然に育てるために、
今日の調査終了時に今年の目標を立てることにしました。


Resize_023
屋上ビオトープの池を観察しました。
2年前(2013年)に卵塊を放したものです。
今年は12卵塊ありました!こちらも安定して自生している様子です。


Resize_031
次に校庭のビオトープ。
5個の卵塊がありました。


次に、斜面林の水路に向かいました。
今年から、電動ポンプが設置され、安定して水が流れるようになりました。

Resize_038
流れの最後の池。たくさんの卵がありました。

Resize_041
こちらは上流。ここにもたくさんの卵がありました。

斜面林の水路合計で、75個の卵塊でした。
昨年の1.5倍になりました。


Resize_042
平均的な卵を採取しました。

Resize_049
小分けにして卵の個数をみんなで数えます。

Resize_048


Resize_050


結果が出ました。

Resize_060
1卵塊=約2000個、総数で15万個にもなりました!!
戸塚地区の人口の2倍の数です。

Resize_061
まとめの会。
これから、もっと多くの生き物が生息するために、今年、私たちが出来ることを考えました。

3つの考えにまとめられました。

・稲を植える → 水生生物を増やす
・枯れ木を積み上げる → 土壌生物を増やす
・踏み荒らさい場所を作る → 植物や小さな生き物を守る

さあ、目標が出来ました。
少しずつ実現していきましょう。

« 来年度の小人さん | トップページ | ムクロジのお話し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/61256126

この記事へのトラックバック一覧です: 自然観察会・アカガエルの卵調査:

« 来年度の小人さん | トップページ | ムクロジのお話し »