« 草花えのぐの お絵かき | トップページ | 見沼田んぼ、親と子の自然環境調査 »

2015年5月 8日 (金)

ひまし油の目薬

老眼移行期でしょうか?

いくら睡眠をとっても目が疲労している。
何かに焦点を合わせると目がクラクラする。
乾いているのか目をあけているだけでショボショボする。

はやくメガネ屋さんか眼科に行ったほうがいいですね^^

しかし、
今日、ささやかなる秘薬を見つけました。
あまりにうれしいので写真をとりました^^
011_2

花粉症のときの 塩番茶うがい(目・鼻・のど)と同じく、
これも民間療法でしょうか。
かなり、
効きます♪

ひまし油を 目に入れるのです。
青いビンのフタがスポイト状になっていて、
1滴もこぼさずに
点眼することができます。
点眼するときの緊張感と
みごと入ったときの達成感が、

筋肉の緊張と弛緩をもたらし、
からだ全体への
整体効果もあります^^

日本産のひまし油もあるのでしょうか?
これは、
「テンプルビューテイフル」でネット購入したものです。
ここの店長さんのメルマガは、
いろんな不思議系のお話しも満載で
楽しい♪
長いので、
読んだり読まなかったりですけどね^^

<ひまし油>ヨーロッパで古くから
キリストの御手と呼ばれている癒しのオイル

○ひまし油(ひましあぶら、ひましゆ、蓖麻子油)は、
トウダイグサ科のトウゴマ(ヒマ)の種子(ヒマシ)から採取する植物油の一種。

« 草花えのぐの お絵かき | トップページ | 見沼田んぼ、親と子の自然環境調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/61558021

この記事へのトラックバック一覧です: ひまし油の目薬:

« 草花えのぐの お絵かき | トップページ | 見沼田んぼ、親と子の自然環境調査 »