« にんじんと きゃべつ | トップページ | 桃の袋かけ »

2015年6月 8日 (月)

青梅酵素の発酵のようす

032
青梅の酵素ジュースが発酵したとき、

シュワーシュワーシュワーシュワーと、
1分ちかく、小さい泡が音をたてて
歌います。

♪はっこうしました、
♪はっこうしました、
♪はっこうしましたよーーーーッ!

みたいな感じ。

今年の青梅酵素は、
この発酵賛歌までに、
4週間かかりました。
2週間の年もあります。

いっぽう、
今年、黄色の梅でつくった黄梅酵素のほうは、
034
はやくから、
泡がたっているのですが、

歌をうたいません。

さて、どうしてでしょう???
聞こえないだけかな?

酵素のパワーや質が違うのかな?

味も
青梅(白加賀)のほうが爽やかさがあり、
黄色く色づいた梅(南高梅)は、ビワの実もたっぷり入れたせいか
まったりとした甘さがあります。

梅ひとつでも、
品種や時期や状態や年により、
発酵の仕方は大きく違うのだと
しみじみわかりました(深)。

« にんじんと きゃべつ | トップページ | 桃の袋かけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/61765306

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅酵素の発酵のようす:

« にんじんと きゃべつ | トップページ | 桃の袋かけ »