« 「ひとを ころしあうのは いやです」 | トップページ | 必見! 山本太郎ッ »

2015年7月29日 (水)

赤ジソの緑色

夏は、草木染めをします。

今年は、初挑戦の
赤ジソの葉の 木綿染めです。
去年は、シルクの布を染めて感動の緑体験をしました^^

綿もいちおう、
緑色系になる予定です。

さあ、いかに?

001_2
①両腕に一抱えほどの赤ジソを採ってきて、
葉を刻んで、お鍋にいれました。

水をひたひた入れて、
強火で沸騰したら、
弱火にして15~20分くつくつします。


002
②時間がきたら火をとめて、
染液をこします。

赤ジソから 赤い色が抜けました。
この染材(葉)は、お庭の土に還します。

005
③染液を 元のナベに戻して、
ミョウバンを大匙1杯いれてかきまぜました。

そこへ呉汁染め(タンパク質をつけて、染まりやすくしておいた布)
しておいた布を入れました。

また火にかけます。
強火にして
沸騰する前あたりで弱火にして15~20分くつくつして、
火を止めます。

翌朝まで、そのままにしておきます。
001_3

翌朝、ちょっと色が薄いなと思ったら、
もう一度、強火にして沸騰したら
(できれば、布が傷むから沸騰しない方がよいらしい。
けれども、家事仕事の合間にやるので、
温度設定も時間も 限りなく曖昧で毎回まちまち。
しかし、毎年、似たような色に染まり、
何度も染め直すと捨てようと思っていた服まで蘇る。
そのため、
温度設定も染め時間も、結構いい加減でもよいことが
体験上、繰り返されるハメになる^^)、
弱火にして15~20分くつくつして、
火を止めます。

また翌朝まで、そのままにしておくと、
色がまた少し濃くなります。
006
④さて、そうして、
鍋から取り出した布は、
よく水洗いをして、
脱水して、
干します。

はっきりした緑ではなく、
微妙な はかなげな緑でした^^

<おまけ>
004
黄色系は、毎年いつもコブナグサで染めるのに、
今年は、クワの葉でチャレンジです。
コブナグサに負けない黄色です^^

« 「ひとを ころしあうのは いやです」 | トップページ | 必見! 山本太郎ッ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/61980233

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ジソの緑色:

« 「ひとを ころしあうのは いやです」 | トップページ | 必見! 山本太郎ッ »