« セミの死骸 | トップページ | 高麗川アブラハヤ »

2015年8月12日 (水)

アブラゼミのオスとメス

アブラゼミのオス(左)とメス(右)です。

004_2
よく見ると、
腹膜(ふくまく)や生殖器のあたりのつくりが、
微妙に違います。

ならばと、
幼虫の抜け殻も見てみると、
008_2

ダブルクリックして
拡大してみてくださいね。

抜け殻もつくりが微妙に違いました^^
でも成虫のオスで目立っている腹膜(ふくまく)は、
幼虫のときには、見えないのですね。

人間は思春期からではなくて、
幼児のときから
男の子と女の子の体のラインが違うのだと
いつぞや驚きましたが、

セミの幼虫(ぬけがら)も、
オスは、引き締まった感があり、
メスのお腹のラインは丸みを帯びてふくよかなのですね。

『手のなかで、
セミも人も
ちいさなときから似ていると、
胸がいとしく、
くるしくなり、、、、、』一句

008_2_2


« セミの死骸 | トップページ | 高麗川アブラハヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/62100488

この記事へのトラックバック一覧です: アブラゼミのオスとメス:

« セミの死骸 | トップページ | 高麗川アブラハヤ »