« バッタ選手権・第3回安行大会 | トップページ | 次なる直感リクエスト「本当は憲法より大切?日米地位協定ってなに?」 »

2015年9月26日 (土)

「しぐさは語る」

「・・・まずは、顔をみてください」

自然体験の会のはじまりに、
虫の苦手だったお母さんが、
虫の苦手な子供たちへ向けたメッセージ。

たしか
こんなメッセージでした。
「虫とともだちになろう」という熱いメッセージでした♡
その日、わたしは、子どもが虫をつかまえると、
「どんなかお?」といって、
顔ばかり見ていましたね^^

講師が同じ人間でも、、
それ以上に、
主催者の思いや気持ちが
会の全体の方向を決めるのだと
いたく感動した、
心に残るキョーレツなワンシーンでした。

おもしろかったのは、
子どもがミミズをつかまえて虫カゴに入れていたので、
「お顔みえるかな?」「あれ、ミミズって お顔かお尻かわかんないね」
と言って、
子どもと一緒に虫かごをのぞいていたら、
とつぜんヒュイッと
格子の外に
ミミズが顔を出してくれました。
ミミズの顔は、ふだんは中にもぐっていて
ときどきカタツムリの角のように
ヒュイッとピンクのお顔を出すのです^^
「うわー、お顔がみえたッ」
と大喜びしたことは言うまでもありません♪
きゅうに、
ほんとうにミミズと友だちになったような気がしました!

で、そこで、
自分だったら
虫の苦手な子供たちへ
なんというメッセージを送るかなと
思いあぐねていたとき、

ぐうぜん、この本を読みました。
(ちなみに今日は、講座で、ご本人に会いました。
購入した本に、「しぐさは語る」とサインをしてくださいました^^)

001_3
本の冒頭に、

『どんなに外見が変わってしまったとしても、
たったひとつのしぐさのなかに
そのひと固有の「そのひとらしさ」を見つけて、
それが誰であるかを知ることもあります。

子どものしぐさのなかには、
「その子らしさ」が満ちあふれています。』

ちなみに文章のなかの「しぐさ」を○○にして
ベー助に当ててもらったりしましたが^^

「これだッ!」と思いました。
自分にとって
自然界との出会いは、
ずばり「しぐさ」だったのですね。

そのものの「それっぽいしぐさ」を発見したとき、
きゅうに なんとなく
好きになっちゃう^^

じつは幼い頃、
子どもなので目がみえすぎて、
自然界は どことなく怖かった。
皮膚とか刺とか表情とか関節の動きとか、
無機質感とか生々しさ感とかが目の奥の奥にまで、
妙にリアルに迫ってくる!
逆に人間の顔を認知する能力はひくく(今でもそう^^)、
同じ場所で同じ格好で現れてくれないと
区別がつかない^^!

でも大人になって
老眼になってきて、
鈍感にもなって、
ほどよい距離感がうまれると
虫の姿も 人の姿も
あんまり見えなくなってきて、
あるいは程良く見えるようになってきて、
そんなとき、
ふと「生きているしぐさ」に気づいたりすると、
「おー、こいつも生きているんだ!」
と妙に同胞の愛着がうまれてきたものです。

生き物に初めて出会う子供たち、
そしてメデイアが発達した社会ではなおさら、

目の前に生きているものの「生きているしぐさ」を
子どもたちに体感してほしいなあと
願わずにはいられません。

003_2
息をひそめる感が、
周囲に溶け込めば溶け込むほど大きくなるイボバッタ!
本人とバッタとの間にのみ流れる真剣勝負ッ

024_2
全身アート感がはんぱないアケビコノハ。
成虫の蛾は、カンペキな「木の葉」です。
本人はいたって真面目に化けていても
美しすぎて却って目立ってしまう^^!

016_2
つかまえられて、
どんなに絶対絶命のピンチでも
えらそうに見えてしまうカマキリ!
度胸とからだの大きさはカンケーないと身をもって教えてくれる^^


« バッタ選手権・第3回安行大会 | トップページ | 次なる直感リクエスト「本当は憲法より大切?日米地位協定ってなに?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/62357401

この記事へのトラックバック一覧です: 「しぐさは語る」:

« バッタ選手権・第3回安行大会 | トップページ | 次なる直感リクエスト「本当は憲法より大切?日米地位協定ってなに?」 »