« お山の子どもたち in地球のツボ | トップページ | どんぐりゴマ選手権・第3回安行大会 »

2015年10月29日 (木)

柿採り~竹ばさみ

013_2
父が、田舎のおじいちゃんちで
柿を採ってくれました。

その頃わたしは20代で、
柿が好きではなかったのですが、
それはうれしそうに
「うれしいだろ」
と言わんばかりに
得意げに採ってくれるのです。

背の高い高い柿の木で、
見上げるばかり。

下枝もないような柿の木に
どうやってだったか、
父はするすると上り、

今みたいな高枝切りバサミではなく、
竹の棒の先に
切り込みを入れたものを
枝切りにして
柿の実をとるのです。

「あー、父はこんなことも できるのか!」
と、衝撃を受けました。
竹の棒いっぽんのみで、
猿しか取れないような 
枝先の手の届きようもない柿を
目の前で、
次々に採っていくので、

とつじょ、
「柿とってくれても、ちっともうれしくないな」が
「わたしもやってみたいっ!」に変わり、
「竹の棒一本で なんでもできるんだっ!」に
変わったのです。


少年の嬉々とした表情とともに、
その後、
この柿採り~竹ばさみは、
わたしの脳裏に心に焼きつくことになります^^
(その時、父は60歳くらいだった、はず・・)


そうして、
確か、こんなんだったかしら?
と思い出しながら作ったのが
上の写真。

200
早速
こどもたちにも使ってもらいました。

052
枝をはさんで
くるりとっ回すと
柿が採れるはず^^

枝がシャキっとしていないで
フニフニしていると
そもそも枝を挟めない^^

が、
107
なんとか収穫して
しょい籠で背負って
お山を後にしたのでした♪

これまた
「変容は思いがけないところから」(竹の棒いっぽん)


<ベー助談>
「これは、かなり工夫された道具だな~と思ったよ」

柿の枝は、ポキンと折れる特徴をもってる。
普通は、しなっちゃって折れない。
柿のトクチョーを よくとらえた道具だね。
柿は、枝を折って収穫することで、木の剪定を兼ねている。
枝を折って採ると、良くないようだが、
(皮や枝がさけずポキンと折れるので)
決して悪いことではない。
そうして これがスゴイのは、
採った実が下に落ちないってこと。

木の実採りも、いつも便利な高枝きりで切ってしまうけど、
昔の道具を使ってみると、
あーそうだった、柿の枝の感触はこうだったっ!
と、あらためて、柿の枝は折れやすいと、
木の特徴まで指先に伝わってきたよ。
柿は折れやすいから木登りはしない、なんて言ってたしね。

« お山の子どもたち in地球のツボ | トップページ | どんぐりゴマ選手権・第3回安行大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/62602371

この記事へのトラックバック一覧です: 柿採り~竹ばさみ:

« お山の子どもたち in地球のツボ | トップページ | どんぐりゴマ選手権・第3回安行大会 »