« 森羅万象の色 | トップページ | ♪いもやのおっちゃん »

2015年11月17日 (火)

われら自然探険隊・「自然を守る」とはなに?

本日は戸塚南小学校3年生のわれら自然探険隊の授業に行きました。

1、2学期の自然しらべの体験を踏まえ、
これから、自然を守る気持ちを発信していきます。

「自然を守る」とはを考える室内授業。

まずは、空き地があったらみんなは何を作りたいかを考えました。

Resize_016
スポーツ施設や、スーパーなどいろいろな意見が出ました。

多数決を取ると、
Resize_021

今回は、自然地として利用する人が多かったですが、
通常は、自然のままというのは少ない結果が出るのをお話ししました。

一番少ないのは、空き地のままになります。
まさしく、都市部では草地と言う空間が少なくなっています。

そして、子供たちからの質問を受けました。

Resize_010

・斜面林の自然を守っている人にはどういう人がいますか?

・自然を守る他の活動にはどんなのがありますか?

・斜面林はどうやってできたの?

・斜面林で珍しい生きものはいますか?

・自然を守っている人は、お金はもらっているの?

などなど

たくさんの質問が出ました。

Resize_013
最後は私が自然活動を始めるきっかけになった、ムクロジのお話し。

綾瀬川で切られた木が、守られ、戸塚綾瀬小学校の校門に植えられていて、
その木の子供が、南小のジャングルジムの横に植えられているムクロジです。

そのきっかけになったのが、当時まだ元気だったムクロジ木にかけらていた
戸塚北小学校3年の子供たちの自然を守ろうという看板。

豊かな木ときれいな土手、子供たちの優しい気持ち、
ここの風景がとても好きでした。

はじめの話にもどって、
空き地にも生き物がいます。

子供たちが、アリ、バッタ、カマキリ、チョウ・・・とあげてくれました。

この生き物たちは、手を挙げることが出来ないけれど、
みんながその生き物の気持ちになって、
自然を守る気持ちを発信してください。

Resize_018_2


先生が、本日の授業のポイントをまとめてくださいました!

みんな、生き物の気持ちになった発信楽しみにしています。

« 森羅万象の色 | トップページ | ♪いもやのおっちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/62695779

この記事へのトラックバック一覧です: われら自然探険隊・「自然を守る」とはなに?:

« 森羅万象の色 | トップページ | ♪いもやのおっちゃん »