« コロッボクルの新聞掲載 | トップページ | ふたつの活動の意味するもの »

2015年12月27日 (日)

大エノキにしめ縄

本日は、コロボックルくらぶの今年最後の活動がありました。

北風の吹く、寒い中、綾瀬の森に集合!
子供大人合わせて、45名の参加がありました。

テーマは、「綾瀬の森をきれいにして、お正月を迎える準備をしよう!」

まずは、早く集まった子で、前回の活動の続き、
シイタケの駒打ちを終わらせました。
0003_original

はじまりの会

Resize_005
綾瀬川を愛する会の幾島代表のお話し

コロボックル表彰です。

Resize_050
10回参加して、第1ステージ、クリアーです!

Resize_052
プレゼントは、子供たちで作った「食べられる植物図鑑」下敷きと、コロボックルワッペン。

今日の活動はしめ縄づくりです。
長いしめ縄をつくって、大エノキに飾ります。

Resize_045
ワラは、下台公園の斜面林水路で、子供たちが栽培したもの。
自分たちの栽培したわらを使って、心を込めて作りましょう。

作り方の説明

Resize_0034_original
ワラを水にぬらし、軽くたたきます。木槌はおじいさんの手づくり。

Resize_0043_original
時計回りにひねって、束どうしを反対周りに編み込みます。

作業開始

Resize_009
ワラを足して、長いしめ縄を作ります。

Resize_069
力を合わせて作ります。

Resize_0060_original
長いしめ縄が出来ました。

Resize_0063_original
お父さんたちが、大エノキに取りつけます。

Resize_083
紙垂づくり。

Resize_096
取り付け

Resize_107

Resize_103
竹と松の取り付け、神さまをお迎えする準備が出来ました。

Resize_111
紙垂は稲妻の形に似ています。
田んぼに雷が落ちると豊作になり、雷が邪気を払うと言うおまじない。

Resize_0085_original
ここでは、川の改修工事で、人間の命を守るために多くの木が切られました。
自分たちが栽培したワラでしめ縄を作り、大エノキに掛けることで、多くの命に感謝して
あらためて、自然と人の絆を取り戻したいと伝えました。

続いて、綾瀬川の大掃除。土手のゴミ拾いです。

Resize_0094_original
出発

Resize_020
子供たちはゴミ拾いも楽しんでしまいます!

Resize_141
けっこう落ちているね~

Resize_0098_original

Resize_149
ゴミ拾いの終点にある、新栄町のビオトープを見学させていただきました。
生態系保護協会・草加支部さんが管理しています。

Resize_027
トンボ池。新栄団地の裏側です。

Resize_159
綾瀬川から水を引いて、湿地を作っています。

Resize_164
森に帰ってきて、綾瀬川を愛する会さんから、
お汁粉をごちそうになりました。

Resize_165
暖かくておいしかったね!

終わりの会

Resize_178
感想を言ってくれました。「しめ縄がおもしろかった」

0126_original
最後にみんなであいさつ「良いお年をお迎えください!」

Resize_128


Resize_132


Resize_187
アオサギ・・・

« コロッボクルの新聞掲載 | トップページ | ふたつの活動の意味するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/62976092

この記事へのトラックバック一覧です: 大エノキにしめ縄:

« コロッボクルの新聞掲載 | トップページ | ふたつの活動の意味するもの »