« 冬の見沼田んぼ | トップページ | 暖冬ほど大雪 »

2016年1月17日 (日)

タネツケバナ

008
タネツケバナです。
我が家では、
野草つまみ食い世界の女王です。

早春のあたたかさを感じて
ロゼット状の葉をたちあげ、白い可憐な花を開きはじめます。
冬の胃袋をゆりおこす「春の女神」です。

ハーブのロケットを生で食べられる人なら
このタネツケバナをかじって、
「春にがみ」
その和的な奥ゆかしさに感動しない人は
いないでしょう!?

ほんとかどうかは、
舌と食道と胃袋で確かめてみてくださいね^^

暖冬でヒメオドリコソウやホトケノザなど
愛らしいピンクの花が
時おり咲いているのを
見かけますが、

来週から
ぐんと寒くなる予報です。

今週は大学センター試験。
息子は昨日今日、東大会場へ行きました。
どこぞのメデイアにインタビューされたそうです。
来週は、娘が私立高校の受験です。
昨夜、妹が兄に「がんばってね」と つぶやきました。
しずかな夜でした。


« 冬の見沼田んぼ | トップページ | 暖冬ほど大雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/63079021

この記事へのトラックバック一覧です: タネツケバナ:

« 冬の見沼田んぼ | トップページ | 暖冬ほど大雪 »