« 早春の夜の森探検 | トップページ | 遊びごころ想い寄せるひととき »

2016年3月15日 (火)

織り機で 「えんぴつケース」づくり

004
染めた羊毛を
つむいで、
織り機でおって、

005_2
どんどん織って、

008
上まで到達。


009
でもさらに、
ぎゅうぎゅうに詰めて、
織り込んで、

011
完成です。
(これで職り機からはずし上下の糸のたるみを調節します)

「で、これで
なにを つくったら いいですか?」
と聞かれて、

子供が肩からかけて
郵便ごっことかする
ポシェットにするのはどうですか、

と、いつも答えていますが、
子供が大きくなった今、
ウチでは もう使わない。

なので
えんぴつケースにしました。
破れたお財布の外側にはりつけたり、など、
季節感や見栄えを気にしなければ
いかようにでも
使えるのですが、
いざ、
見本になるように作ろうとすると
けっこう悩みます、、
013
中くらいの学校で仕上げているところ。
フアスナーの縫い目が
思いっきり、表に出てしまいました(ハハハ^^)

028

完成。
横幅がなかったので、
かなりごっついスリムさです。

« 早春の夜の森探検 | トップページ | 遊びごころ想い寄せるひととき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/63389442

この記事へのトラックバック一覧です: 織り機で 「えんぴつケース」づくり:

« 早春の夜の森探検 | トップページ | 遊びごころ想い寄せるひととき »