« 「ノビルの みりん味噌和え」 | トップページ | 「サンショウの佃煮」 »

2016年4月 3日 (日)

「イワガラミの籠」

子供たちの受験中、
「終わったら、温泉いこーね」
「どっか食べにいこーね」
を合言葉に
むしろ親が励まし合っていましたが、

ようやく先達て那須へ行きました。
久しぶりの遠出です。
体力と金銭面から
もちろん日帰り^^。

携帯やカラオケやゲーム、何とかランド、都内ショッピング、
子供たちは、かなり人工的な遊びに浸りきって遊んでいるので、
もう楽しんでくれるかどうか、

???でしたが、
001
箒川(ほうきがわって読むのかな)の大岩をみて
一直線にのぼりに行った娘と

川の魚をつかまえに行った息子。

川から上がる時には
ただただ「たのしかった」を連発していました。

この川沿いには
混浴の無料の露天風呂などあり、
おじいさんがユデダコのように
延々と入っていました^^

005_4
私は蔓をみつけて
カゴ編み。

006
みんなが遊んでいる間に
川の音を聞きながら完成です。

031
途中のバス停に
「足湯」まちあい席が
何気にあります。

「足浴」はもちろん、
おしぼりを眼にのせて「眼浴」♡
しんそこ生き返りましたッ!

014
さらに車で移動しながら
2個目をつくりはじめました。

というのも
川沿いにの石垣に
ヘクソカズラやクズやスイカズラなど
お馴染みの蔓の他に、、
ツルアジサイの仲間の
イワガラミでしょうか?
山のように岩にからんでいて
それをたくさんいただけたからです。
023
帰りの高速で仕上がりました。

そこはタイムスリップしたような光景のサービスエリアでした。
028
流れるお囃子の音も
売店のガーゼな手ぬぐいも
和紙のお面も
どれもこれも江戸情緒たっぷり、
さらに夜だったので、
まやかし感に満ちていて
キツネにばかされたよう・・・
「羽生」でした。


« 「ノビルの みりん味噌和え」 | トップページ | 「サンショウの佃煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/63434646

この記事へのトラックバック一覧です: 「イワガラミの籠」:

« 「ノビルの みりん味噌和え」 | トップページ | 「サンショウの佃煮」 »