« イモ太郎兄さんをさがして・・・ | トップページ | 魚革命~海の守り人 »

2016年12月 9日 (金)

綾瀬の森の枝おろし

本日は、綾瀬の森の冬の作業、高木の枝おろしを行いました。

綾瀬の森も成熟期を迎え、葉が茂った森は暗く、林床の植物が単調になりました。
高木の枝をおろし、森に光を入れ、植物相を豊かにします。

昨年から森の中央部のクヌギ、オニグルミを剪定しています。

007
今回はクヌギの先端部を止めます。

016
垂直に伸びたクヌギは足場が少なく、なかなか枝おろしが難しいですね。
生の枝は重量があり、切り落とした後の跳ね返りに注意が必要です。

017
完了。
これからも自主的に管理できる高さで押さえておくのがポイントです。
業者に頼むようになると、高木の特殊伐採は高額になります。

伐採した枝は、今度のコロボックルくらぶの活動で、
シイタケ菌の駒打ちを行います。

昨年も子供たちと駒打ちしましたが、
安行の斜面林で管理していて、順調に成育しています!


« イモ太郎兄さんをさがして・・・ | トップページ | 魚革命~海の守り人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/64621075

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬の森の枝おろし:

« イモ太郎兄さんをさがして・・・ | トップページ | 魚革命~海の守り人 »