« 綾瀬の森の枝おろし | トップページ | シイタケの榾木づくり »

2016年12月10日 (土)

魚革命~海の守り人

034
このところ、
学校帰りなど
娘が魚を買ってきてアジをさばいて
食卓に出してくれます。
学校の調理課題なんでしょう。


001
切り身とか 味付け品の 調理済み加工済みばかりを購入していたので、
その さばいたばかりの刺身の美味しさは
久しぶりすぎて衝撃的でした。

016
この日は、

017
「つみれ汁」でした。

と偶然、

「おいしい魚」はどこに?
という記事が出ていました。

・少量多品種の魚介類を丸ごと使いこなせる技能を持つ
売り手も買い手もいなくなったという内容で、
(わたしのこと^^)

・もとは、安くなければ売れないため、
大量に魚があがるところから
大量に買い付けて買いたたく構造が定着していくと。

・いっそう魚を扱えなくなり魚ばなれが定着し、
コスト高の加工品調理済みが増えていく。
でも魚はさばきたて焼きたてがおいしい。
真っ先にしわ寄せがいくのは漁業者。


・結果、海を守る人もおいしい魚も消えていく・・・
そんな話でした。

「日本の漁業者は~
豊かな海の守人でもある。
過度な加工品依存が~
いのちの母なる海を遠ざけてしまう」
      (生活と自治 2016.11)

そんなに魚好きでないのですが、
娘のお刺身があまりにおいしかったため
涙々と衝撃をうけていた我が家の

「うみんちゅ、守り人、魚革命」
       (いのちをごちそうさまでした)


« 綾瀬の森の枝おろし | トップページ | シイタケの榾木づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/64605829

この記事へのトラックバック一覧です: 魚革命~海の守り人:

« 綾瀬の森の枝おろし | トップページ | シイタケの榾木づくり »