« ふき味噌と カンゾウきりぎす | トップページ | あと2日 »

2017年2月21日 (火)

生物多様性と身近な自然を守ろう!

小学校4年生の授業で、生物多様性と身近な生き物の大切さをお話ししてきました。

時間が短く、ハイテンポです~

安行の斜面は、今から40万年前、関東平野が海だったころ、大宮大地が打ち寄せる波で削られ、複雑な地形となり出来ました。

それを覆うように植物が生え、植物に寄り添うように動物が暮らし、豊かな楽園となったのです。

その多様な自然が、そこで暮らす人間の文化も作り上げました。

大地のでこぼこは、豊かな暮らしを産みだす宝物だと思うのです。

今のまちづくりは、でこぼこを平らにし、曲がった道を真っ直ぐにし、歴史のある木を切り画一的な公園を作り、のっぺりのまちになっています。

経済も行き詰まり、子供たちも忙しく暮らしています。若者の自殺率は日本が世界で一番高いと聞きました。

もうそろそろ物事の尺度を「幸せ感」にシフトして、まちの中に自然を取り込んだ、そんな暮らしになったらいいなあと思っています。

« ふき味噌と カンゾウきりぎす | トップページ | あと2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/64939890

この記事へのトラックバック一覧です: 生物多様性と身近な自然を守ろう!:

« ふき味噌と カンゾウきりぎす | トップページ | あと2日 »