« 「シュロの葉のアオムシ」のつくりかた | トップページ | <ノビルの味噌あえ> »

2017年3月30日 (木)

<カラスノエンドウのおひたし>

このところ、
一日一食、野草を食することを
心がけています。

そう心がけると、
かろうじて二日に1回ほどは
野の草摘みをして青菜を接種できます^^

で、今日の献立は、
<カラスノエンドウのおひたし>
001

カラスノエンドウは、
フキノトウやセリなど
春のはしりを堪能したあと、

野原や庭に繁茂する野草で、
いくら食べてもクセのない
マメ科の野草です。

これから気温の上昇にともない、
アブラムシも一緒に新芽に繁茂し、
また筋もかたく育っていきますので、
食べるなら
やわらかく虫もいない「今」ですね。

<一日一食やそう食>
        (からすのえんどう)

芽先20cmをつみとり、
熱湯で30秒ほどゆがき、
さっと水に通し、
かつぶし、すりごま、白だしを
かけて食すのが今春スタイルになっています。


« 「シュロの葉のアオムシ」のつくりかた | トップページ | <ノビルの味噌あえ> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/65081605

この記事へのトラックバック一覧です: <カラスノエンドウのおひたし>:

« 「シュロの葉のアオムシ」のつくりかた | トップページ | <ノビルの味噌あえ> »