« <からし菜のゴマタル> | トップページ | <フキとモヤシの酢の物> »

2017年4月 8日 (土)

<ツクシともやしの すし酢あえ>

011
加熱すると、ほんのり紅くなるツクシ姫ですが、
この紅が生えるのが、
似たものどうしで白色透明のモヤシ殿。

なかなかに円満なコンビネーションです。

竹輪という心強い忠義ものに支えられ、
ゴマ老中もちりばめて。

002_4
ちなみに翌日は、
ツクシをカラスノエンドウに変え、
後見役としました。


ツクシにくらべると
ちょっとクセがあって改革派。

【春雷とともに 移り変わり 野草の饗宴】
                  (野草維新)

野菜や肉魚の格付けを廃し野草維新、
食卓の歴史をぬりかえています^^


« <からし菜のゴマタル> | トップページ | <フキとモヤシの酢の物> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/65111702

この記事へのトラックバック一覧です: <ツクシともやしの すし酢あえ>:

« <からし菜のゴマタル> | トップページ | <フキとモヤシの酢の物> »