« 巨峰種の天然酵母パンのサンドウイッチ | トップページ | 共謀罪(テロ等準備罪)ってなんだろう? »

2017年4月 6日 (木)

<フキとフキの葉の油いため>

001

背丈20㎝ほどの
やわらかくみずみずしい若フキです。
そのため、
とつぜん、
思いつき、

今回初、
茎と葉まるごと炒めッ!

醤油と赤とうがらしとゴマで味付けしました。

以前は、
野草好きの自分にも
フキの葉のにがみはムリッ!
という印象が強かったのですが、

なぜか今年は急展開。

かなり好きな味になりました。
たまりません。
毎日は食べたくないですが、
1週間に一度くらいは感激でしょう。

【とつぜん好きになりました】
          (フキの葉)

毎年、
フキの葉の天ぷらが好きな子は、
意外に多いです。
肉厚でふんわりとした食感です。


« 巨峰種の天然酵母パンのサンドウイッチ | トップページ | 共謀罪(テロ等準備罪)ってなんだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/65107084

この記事へのトラックバック一覧です: <フキとフキの葉の油いため>:

« 巨峰種の天然酵母パンのサンドウイッチ | トップページ | 共謀罪(テロ等準備罪)ってなんだろう? »