« 草花えのぐでハガキを描こう! | トップページ | 夏やさいのうえつけ »

2017年5月 7日 (日)

<羊毛から毛糸になるまで>そしてレッグウオーマーへ

001
もはや季節はずれとなりましたが
レッグウオーマーを編み上げました。
毎日寝る前、15分の憩いの時間でした。

いままで娘のお上がりのを履いていましたので
念願のレッグウオーマーですッ

004
毛糸のくつしたの本を借りてきて、
二目ゴム編みなどしています。

001_2
その前段階に、
毛糸玉2個をつくりました。

1個でちょうど片方分でした。
2個で1足分。

003_4
これはその毛糸玉1個分です。
スピンドル(糸つむぎゴマ)で毛糸をつむぎ終えたときの状態です。


編み物が苦手なので
なんど編んでも身に付かず
うまくなりませんが
楽しいひとときでした。

大作はできませんが、
002_2
このくらいの「ちっちゃいカゴ」のふちどり用に

006_3
かぎ針編みなどもいいですね。

そうそう、写真はありませんが、
「あやとりヒモ」づくりなら、
スピンドルで毛糸を2mほど紡いですぐできますから
最適です♪

さあ、ここからは
染めてフエルトっぽくなった<羊毛が毛糸になるまで>を
追っていきます。
006_2
アイ染めしました。
かたまっています。

007
ハンドカーダーで2~3回梳けば、

008
もうこんなにふわふわ。

010
そのふわふわを
棒に巻いて抜き取ると
ローラッグになります。

これは黄八丈で有名なコブナグサ染め。

001_3
そのローラッグを
スピンドルで毛糸に紡いでいきます。

動画がなくてごめんなさい。

とにかくこれも単調な作業で
精神安定剤のような催眠効果があります。
ぼーっとしながら、おしゃべりしながら、音楽をききながら、、
ながら作業が良いですね。

これはヨウシュヤマゴボウ染めかな。

006_2_2
こんなふうにちょっと違う色をいれると楽しいですね。

白は元々のヒツジさんの色。

008_2
つむいだ毛糸をかせとり棒に
巻き取っているところ。


005
そうして5色できました。

002
タオルに包んで
蒸し器でむして(1~2分か 多くても5分くらい)
重石をして、
軒下に干して乾かしているところ。
015


これを毛糸玉にして
さあ、何を作りましょうか♪


« 草花えのぐでハガキを描こう! | トップページ | 夏やさいのうえつけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165505/65269992

この記事へのトラックバック一覧です: <羊毛から毛糸になるまで>そしてレッグウオーマーへ:

« 草花えのぐでハガキを描こう! | トップページ | 夏やさいのうえつけ »